280
K. M.さんの依頼。

買ってから一度も上ヶ見構成をしたことがないとのこと。

まず、スライドの動きが悪いことに気が付きました。マウスピースを分解してスライドのゆがみを直しているうちにボタンが取れ、歪みを直した後でボタンを2液混合式接着剤で接合し一日放置しました。

マウスピースを組み立てて、上見調整作業に入りました。外側のリードの調整は簡単に済みましたが、内側の調整にはリード・プレートを外す必要があります。この280はプラスチック・ボディなのですが、リード・プレートを留めるのにボルトでもなく、釘でもなく、鋲止めになった、もっとも分解しにくいタイプなのです。かなり苦労して鋲を外し、上見調整と全体的な調律を施しました。リード・プレートを取り付けるのがまた厄介でしたが、何とか修理を終えました。
[PR]
by chromclass | 2014-01-14 00:45 | 修理、改造 | Comments(0)
<< 280 NHC新年会 >>