Saxony
T楽器さんからの依頼。

バルブが多数剥がれているのと全体調整とのこと。

バルブが7舞う剥がれていました。他にも調律中にポロポロと剥がれます。それらを貼り替え足り、貼り直したりしました。なぜこんなに剥がれるのかを考察してみました。このハーモニカはリードとリード・プレートがステンレス製になっていますが、リードを取り付けるリベットは鉄製のようで、そこに錆が出ています。錆が接着面を押し上げて剥がしてしまうようです。これは残念なスペックですね。

かなり吹き詰まる硬いハーモニカですので上ヶ身調整をして柔らかいハーモニカになりました。

調律作業に入りましたが、ステンレス・リードはブラス・リードより固いので、いつもより手間がかかりました。
[PR]
by chromclass | 2014-04-25 09:46 | 修理、改造 | Comments(0)
<< Super 64X ボランティア演奏 >>