Super 64X
H. K.さんの依頼。

3番G音が出にくいとのこと。

G音に限らず上ヶ見」身不足で音が詰まりやすい傾向がありましたので、全体的な上ヶ身調整を行いました。音程については、A=443より高カメのリードが多く、全音調律でA=443にしました。その過程で、時々バルブが剥がれ落ちましたので、都度接着剤で付け直しました。オリジナルの接着剤が経年変化で劣化したのですね。スライドの動きがシャキッとした感じがないので、舞うyすぴーすを分解して水で洗浄しました。
[PR]
by chromclass | 2014-10-09 19:03 | 修理、改造 | Comments(0)
<< CX12 時には母のない子のように >>