Saxony Orchestra
S. K.さんの依頼。

低音域で出にくい音があるとのこと。

確かに2つあるC音の一つが出にくいです。分解して上ヶ身を眺めてみると、改良の余地があります。どちらのC音も同じような出やすさに調整して、他のリードも調べました。ところどころ調整の余地があり、それらを改良すると共に調律状態も調べて微調律していきました。微調律といえどもステンレス・リードであるために硬くて削りにくく、いつもより慎重な調律作業となりました。

結果的にはどの音もバランスよくフェイクできて、とても気持ちよく鳴るハーモニカになりました。
[PR]
by chromclass | 2014-11-01 16:04 | 修理、改造 | Comments(0)
<< The Adler Trio ... Leghorn >>