Velvet Voice
T楽器からの依頼。

高音部の音程が下がっているとのこと。また、リードプレートを止めるナットの頭がつぶれ、リードプレートを外せないとのこと。

まずスライドがきつくて動きませんでした。なぜ?と驚きましたが、単にネジを強く締めすぎていただけでした。マウスピースを分解して水で洗浄しました。

次につぶれたナットについては、圧力をかけながら慎重に回転させてなんとかリードプレートを外すことができました。ナットのマイナスの溝を少し深くして、次には簡単に回転するようにしました。

調律作業に入りました。高音部に限らず、あちこちの音程が少しずつ狂っていましたので、それらを調律しました。吸い詰まる音がいくつかありましたので、上ヶ身を調整しました。
[PR]
by chromclass | 2014-12-07 22:19 | 修理、改造 | Comments(0)
<< Harmonica Class... 長野レッスン >>