Chrometta 10
R. W.さんの依頼。

①全音A=443での調律
②上げ身の調整
③スライドレバー調整 

とのこと。

古い楽器で太い釘留めになっているので、①と②の作業はすべてリード・プレートを外さないまま実施しました。何十年も前のことでしょうが、こんな設計をした人を恨みたくなります。

③については、スライド・レバーを外さないで、マウスピースに水を通す方法で洗浄しました。それでもスライドに付着していた汚れが取れたので、レバーの動きがとてもよくなりました。
[PR]
by chromclass | 2014-12-26 00:39 | 修理、改造 | Comments(0)
<< 古い木製ボディの280 闘牛士のマンボ >>