Saxony Solo
T楽器さんの依頼。

4番と5番のC音の音程が違うので、トレモロ音が発生する。その他調整希望とのこと。

「ド」ダブりの問題です。二つのC音はいくら調律しておいても吹いている間にどちらかが狂ってきますから、常にどちらか一方だけを吹くように心がけなければなりません。当教室では音階練習の段階で、普通は5番を吹くように指導しています。

とは言ってもハーモニカが狂っているのは確かなので調律しました。他にも多少の狂いの出ているリードがたくさんありましたのでそれらも微調律しました。同時に、吸い詰まるリードの上ヶ身も調整しました。
[PR]
by chromclass | 2015-03-05 13:51 | 修理、改造 | Comments(0)
<< 赤坂の夜は更けて Chrometta 14 >>