ハンド・カバー奏法、Greensleeves
初めてのハーモニカ

曲の練習よりは音色アップに取り組もうということで、ハンド・カバー奏法を練習しました。拍数と連動しなくて「ちりめんビブラート」になってしまっているのを、もっと遅くもっと遅く、耳を働かせて、などと取り組んで、ようやく1拍4回程度のゆっくりのビブラートになってきました。

クロマチック・ハーモニカ

まず低音域を楽に出せるように訓練し、速吹き練習、トリルの練習と進みスライド操作に習熟する必要性を感じました。そこで「Greensleeves」で替え穴と装飾音の練習を始めました。最初は戸惑いが大きく、タブレットに入れてある音源をよく聞いて、次回に継続練習することにしました。

帰りに吉川温泉に入っている間に雨が降ってきて、帰りは雨の帰宅となりました。
[PR]
by chromclass | 2015-03-16 23:40 | 草加教室 | Comments(0)
<< SCX-56 Super 64 >>