mu-01PG
K. T.さんの依頼。

特殊チューニンゴで4音を1音半下げてほしいとのこと。できれば根元を削らずに、リードの先にハンダを付けて重くして音程を下げてほしい。全体のチューニングはA=443HZでと。



a0009196_1014229.jpg
根本を削ると多少音色が劣化してしまうのを避けたいとのことです。早速取り掛かりました。リードの先端にハンダを乗せると最初は球状に盛り上がっていますが、それに鑢掛けしていくと、希望の音程に近づいていきます。出来上がりは写真のようになりました。左から3番目のリードの色が黄色ではなく白くなっているのがハンダの色です。

全音調律でA=443Hzにしました。バルブの接着剤が乾燥するタイプでなくて、時間が経っても湿ったままで粘り気があるものでした。ちょっと触るとずれてしまうので、最後に何枚かのバルブを普通の接着剤で貼り直しました。

新型ハーモニカ、音色は柔らかいです。クロス配列なのにショート・ストロークということで、マウスピースを分解した後再組み立てがちょっと面倒でしたが、落ち着いて取り組めば何とかなります。中々面白い機構でした。
[PR]
by chromclass | 2015-10-12 10:25 | 修理、改造 | Comments(0)
<< 世界は二人のために 第2回稲門交流パーティin流山 >>