Super 64
N. K.さんの依頼。

3番G音と6番F音がビリついているとのこと。

観察すると、バルブの貼り替えがうまく行かなかったようです。バルブを接着剤で貼るときに、接着剤が乾くまでにバルブが少しだけずれて仕舞うことが良くありますが、その現象が出たものと思われます。指摘の音以外にもずれているバルブが散見されました。それらを正しい位置に貼り直してやると、ビりつきが出なくなりました。

最低音のC音の鳴りが良くないので調べたところ、リードが少し傾いて取り付けられており、振動するときにリードが壁に擦れそうになるくらい近づいていくことが分かりました。リードをほんのちょっと回転させることで鳴りが良くなりました。

書くリードの音程を調べて、微調律しました。
[PR]
by chromclass | 2015-11-20 03:35 | 修理、改造 | Comments(0)
<< Super 64 G 池上線 >>