Saxony Solo
T楽器さんからの依頼。

買い上げ4,5年経っているので、オーバーホールをお願いとのこと。

a0009196_20424368.jpg
一見して多数のバルブが取れてしまっています。そしてリードプレートを外したところ、さらに多数のバルブがありません。スライドを押さない側のバルブは全く付いていません。

ということでまずバルブ貼りをしました。作業中にもくっついているバルブがどんどん剥がれていきます。Seydel社の接着剤は経年変化に弱いのです。これは自分の所有器でも同じ現象として発生します。結局、ほとんど貼り替え、貼り直しをすることになりました。

その後はお定まりの部分調律といくつか上ヶ身調整をしました。
[PR]
by chromclass | 2015-12-06 20:43 | 修理、改造 | Comments(0)
<< きよしこの夜、おめでとうクリスマス ハンド・ビブラート >>