270 Deluxe
T. K.さんの依頼。

別売りのリード・プレートを購入し自分で交換したものです。
①1番穴から5番穴まで音が出しづらい。特に2番穴のF、5番穴のC#が出しづらい。
②全体の調律。

とのこと。

a0009196_01475622.jpg
①の原因は、木製ボディが湾曲してしまってマウスピースとの間に隙間ができてしまうことでした。リード・プレートの留め方に遊びがあり、たまたま1番穴から5番穴の場所に隙間が来てしまったのでした。このため息漏れがして音が出づらかったのでした。







a0009196_01541116.jpg

そこで、木製ボディに鑢がけをして隙間ができないようにしました。すると、リード・プレートを取り付けたときに木製ボディの高さが十分でないことから、リード・プレートが木製ボディからはみ出して、マウスピースとの間に隙間ができてしまうのでした。







a0009196_02180719.jpg
今度はリード・プレートの方に鑢がけをしてようやくリード・プレートと木製ボディが水平に並ぶようになり、マウスピースを隙間なく取り付けることができるようになりました。音出しはどの位置でも大丈夫です。

しかし、この対処法が最善であったかと反省しなければなりません。今度また新しくリード・プレートを買って交換しようとした場合に、またリード・プレートを鑢がけしなければいけなくなったのです。今思えば、最善の方法は湾曲した木製ボディを捨てて、新しい木製ボディに交換することだったと思われます。

②の全体の調律作業に入り、各リードを調べて微調律しました。新しいリード・プレートのはずなのに、結構音程が狂っていて、驚きました。

[PR]
by chromclass | 2017-02-24 02:30 | 修理、改造 | Comments(0)
<< Hering Special 48 見上げてごらん夜の星を >>