Hering Special 48
T. K.さんの依頼。

①スライドレバーのメッキが剥がれガチガチになっているので、スライドレバーを交換願いたい。
②マウスピースが反り返っており、ネジを締めるとスライドレバーが動かない。
③9番穴のDリードの交換。
④9番穴のCの音が下がっている。
⑤全体の調律。

とのこと。

①については、ハーモニカを落としてスライドレバーが折れ曲がりご自分で直したことがあって、きれいに直せていなかったのではないかと推察されます。スライドレバーのガチガチになっている部分にきれいに鑢がけをすると、うまく直せました。新品のスライドレバーは必要ありませんでした。

②については、マウスピースの反りは人為的に付けてあるものであり、それが原因ではありません。①の対処をしたことによって、スライドレバーがスムーズに動くようになりました。

③については、かなり音程が狂っていましたが、調律によって直りました。

④についても調律で対処できました。

⑤については各リードを調べて、微調律を施しました。


[PR]
by chromclass | 2017-02-24 02:48 | 修理、改造 | Comments(0)
<< Velvet Voice 270 Deluxe >>