Velvet Voice
T楽器さんからの依頼。

全体チェックをお願いします。4番吹き、レバーを押したときの9番も見てください。
とのこと。

分解してすぐ気付くのは、バルブがすべてHohner社のものに貼り替えられていることです。4番C音、9番C#音他何枚かの音にビビリ音が出る原因は、バルブ貼り替えのときに接着剤が過剰に使われていることが原因でした。バルブとリードプレートの間に接着剤分の隙間ができて、ビビリ音に繋がったのです。バルブを貼り直して問題は解消しました。

9番C#音の問題はそれに加えて、リードの上げ身がかなり上がっていることでした。上げ身を下げて解決しました。

全体の点検に入り、必要なものに微調律、上げ身調整を施しました。

[PR]
by chromclass | 2017-06-28 13:29 | 修理、改造 | Comments(0)
<< 暗い港のブルース パステル画とスケッチ教室展 >>