Velvet Voice
T. K.さんの依頼。

7番G音が音程が下がっているとのこと。

以前に修理したG音のリードが狂ったので、直接の修理はあきらめ、リード・プレートの交換で対処することにしました。

単純に交換しただけでは空気漏れ感があったため、よく観察すると、リード・プレートとマウスピースが接触する面で、リード・プレートがボディよりちょっとだけ高いために隙間ができていることが分かりました。そこでリード・プレートがマウスピースに接触する面に鑢がけをし。ボディと水平ななるようにしました。結果は良好で、息漏れ感はなくなりました。

新品のリード・プレートといえども音程があっているとは限りません。各リードを調べて微調律を施しました。

[PR]
by chromclass | 2017-07-27 19:35 | 修理、改造 | Comments(0)
<< 時には母のない子のように、Ol... Old Friend >>