ブルーシャトー
無茶苦茶風が強い日でした。

新しく入られた方には音出し練習に専念してもらいました。

他の人には「ブルーシャトー」に取り組んでもらいました。まず2ndパートの前奏にトリルの部分があり、スライド操作の練習です。全然やったことがない人にとっては、きれいにトリルするのは意外と難しいようで、均等な音、トリル中も忘れてはならない足踏みでのカウント、ハーモニカの持ち方などに課題が生じました。次に、2ndパートのアドリブ的なフレーズに取り組んでもらいました。スライド操作を伴う装飾音、ハーモニカを横滑りさせる装飾音など、気が付きにくい技法など解説して、練習してもらいました。オリジナルはフルートなのですが、たまたまクロマチック・ハーモニカでこなせるいい例題になっています。その次の課題は2拍3連符です。なぜこれが難しいかを解説して、その攻略法を示しました。まだ慣れなくて皆さんお困りですが、だんだん要領が分かってきたと思われます。ただし、先生のカウントに合わせるとうまくいくけど、自分で吹くとうまくいかないとか、声ではやれるけどハーモニカを持った途端にできなくなるとかまだまだ課題はあるようです。全員斉奏の後、アドリブ・フレーズをソロで担当する練習に入ろうとしましたが、ちょうど時間となりました。

帰りも強い風。吉川温泉に入って帰りました。今回は20回ごとの無料入党県が使えました。北小金駅に着くと、満開の桜が今日ムウにもめげずしっかり花びらを付けていました。

[PR]
by chromclass | 2017-04-07 00:20 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
<< Chrometta 14 暗い港のブルース、霧の摩周湖 >>