琵琶湖周航の歌、くちなしの花
初めてのハーモニカ

「琵琶湖周航の歌」をカラオケ伴奏で練習しました。伴奏とずれる現象が見られたため、伴奏に含まれるリズムやオブリガートをよく聞き分けながら自分のメロディを吹くことの重要性を説き、それを踏まえて練習すると少し改良されました。

次に「くちなしの花」のカラオケ用楽譜を配り、音をなぞっているうちに、時間となりました。

一方、初心者の方達は、「遠くへ行きたい」のイントロ部分に挑戦し続け、半音の吹き方に初めて遭遇したので、苦労しています。家で練習してきたんだけど、音符に振り仮名を振ったもので練習したので、音符だけの譜面を見ると読めなくて混乱してしまいました。振り仮名を止めないといつまでも楽譜が読めないので、今後への戒めとなりました。初心者二人にタブレットを渡し、初歩的な操作法を説明しました。

クロマチック・ハーモニカ

「くちなしの花」のカラオケ用楽譜を渡し、全員でカラオケ伴奏で練習したの地、ソロ回しの練習に入りました。3周ほどした後で、演奏に表情付けをする練習に入りました。ビブラート、グリッサンド、音のフェイク、装飾音、リズムのフェイクなど色々試みてもらいました。そしてソロ回しの中でそれぞれの好みで表情付けを試みてもらいました。まだまだうまくいきませんが、棒吹きとの違いはよく認識されたようでした。ハッと気づくと時間が来てしまっていました。

帰りは吉川温泉に寄ってきました。お目模様で空いていて、気持ちよく温泉と薬湯に浸かってきました。



[PR]
by chromclass | 2017-12-04 23:19 | 草加教室 | Comments(0)
<< ボランティア演奏2連チャン 270 Deluxe >>