2017年 05月 11日 ( 1 )
時には母のない子のように
新しい方の音出し、特に1番、2番のD音、F音の出し方を指導。C調の音階も練習して練習曲をいくつかこなした後、G調の音階練習に取り組んでもらいました。また少し先に参加した方にはF調の音階練習と練習曲に取り組んでもらいました。

その間に前からの人達は「時には母のない子のように」の練習です。単独での練習はもったいないので、2人ずつ組んで二重奏に取り組んでもらいました。1stのオブリガートを担当する人は、休符をうまく数えなければなりませんが、これが中々の難物。軌道に乗り始めた組には自主練習に任せ、リズムが取れない人のサポートをしました。以前に説明したリズム攻略法のことは覚えているようでしたが、実践が伴っていません。何度も練習してようやく少しわかってきたようです。しかしその間、時間がどんどん進み、時間グレトなってしまいました、

[PR]
by chromclass | 2017-05-11 00:06 | 柏教室 | Comments(0)