カテゴリ:修理、改造( 983 )
Special 48
T. K.さんの依頼。

9番穴Cのリード交換とのこと。

実際には8番C音のリードが折れていました。リード交換をし、他のリードも調べて微調律を施しました。

[PR]
by chromclass | 2017-04-28 01:28 | 修理、改造 | Comments(0)
Super 64X
N. M.さんからの依頼。

1番レの音が出づらい。(私が下手なせいかも」しれません)とのこと。

1番D音のリードはすでにかなりの上げ身が付けられていました。吹き方(吸い方)の問題です。多分、腹式呼吸ではなくて、口で一生懸命吸っているのではないでしょうか。

全体的に上げ身の調整と部分的なリードの微調律を行いました。

[PR]
by chromclass | 2017-04-27 20:32 | 修理、改造 | Comments(0)
Sirius S-64
N. M.さんの依頼。

音が全体的にずれている様に感じますとのこと。

SUZUKIのクロマチック・ハーモニカはA=442Hzで調律して出荷されているので、H0hnerのクロマチック・ハーモニカと比べると、音がずれているように感じられます、

A=443Hzで全調律しました。SUZUKIのリードはHohnerより硬いので、中々大変です。



[PR]
by chromclass | 2017-04-27 15:42 | 修理、改造 | Comments(0)
270
N. M.さんの依頼。

9番のドの音が狂っているとのこと。

調べると、リードが折れる寸前の状態でした。リード交換をし、他のリードも調べて上げ身調整と微調律を行いました。

[PR]
by chromclass | 2017-04-25 16:04 | 修理、改造 | Comments(0)
Hard Bopper
Y. K.さんのさんの依頼。

調律をお願いとのこと。

かなり中音域に音程の狂いが認められました。上げ身も調整しながら、微調律を施して行きました。

[PR]
by chromclass | 2017-04-25 00:48 | 修理、改造 | Comments(0)
mu-01
K. T.さんの依頼。

新品ハーモニカをA=443Hzに全音調律すると共に、4か所にハンダ付けで音程を下げる特殊チューニングを施してほしいとのこと。

まず4か所のリードの先にハンダを乗せ、音程を下げました。それらを含めて、A=443Hzに全音調律しました。



[PR]
by chromclass | 2017-04-17 02:00 | 修理、改造 | Comments(0)
mu-01
K. T.さんの依頼。

A=441Hzに全音調律とのこと。

特殊チューニングされているハーモニカです。A=441Hzで全音調律しました。




[PR]
by chromclass | 2017-04-17 01:52 | 修理、改造 | Comments(0)
Chrometta 8
R. W.さんの依頼。

A=443Hzでの完全調律。
7番G音で息漏れがする。
その他気になることの調整とのこと。

リードプレートが太めの釘留めになっている時代のもので、一番扱いが厄介な品でした。苦労して外して、全音調律を行いました。

7番G音の息漏れは、内側のバルブが7番、8番に貼り付けられていないのが原因でした。バルブ4枚を新たに貼り付けて息漏れが解消しました。バルブがないと、10ホールのような状態になり、A音が変な響きになっていたようでしたが、それも解消しました。



[PR]
by chromclass | 2017-04-13 09:41 | 修理、改造 | Comments(0)
270 Deluxe
T. S.さんの依頼

2年ほど前に頂いたものですが全体的に息漏れするような気がする。放置していたので谷も確認をとのこと。

調べてみましたが特に息漏れする要因は見当たりません。上げ身が少なめなので、思い切った水槽感が出ないのかもしれません。上げ身調整するとよく鳴るようになりました。各リードを調べて、必要なものに微調律を施しました。

[PR]
by chromclass | 2017-04-10 12:49 | 修理、改造 | Comments(0)
スライド・バス
a0009196_00433197.jpgBrendan Powerさん考案のスライド式バス・ハーモニカの組み立てが終わった。初めてなので戸惑ったところが多かった。
マウスピースを留めていたネジが無くなったので、どの穴がどの音なのかわかりづらくなりました。何らかのマークを付けないと使用に耐えないでしょう。

[PR]
by chromclass | 2017-04-10 00:46 | 修理、改造 | Comments(0)