カテゴリ:工房クロム( 69 )
新商品発売
a0009196_22231381.jpg
ブラックに加えて、ライト・ブラウンのケースも出来ました。


a0009196_16582996.jpg
どちらも3,500円です。
[PR]
by chromclass | 2012-04-20 22:25 | 工房クロム | Comments(0)
新商品発売
16穴クロマチック・ハーモニカ用レザー・ケース

a0009196_16582996.jpg
同じ教室で間違えないように、名前タグが付いています。


a0009196_16575240.jpg
裏はベルトに装着できるようになっています。


a0009196_1711995.jpg
大きさに余裕があるので、どの機種の16穴クロマチック・ハーモニカも収めることができます。


価格は、3,500円です。
[PR]
by chromclass | 2012-04-10 17:02 | 工房クロム | Comments(0)
14穴モデル登場
a0009196_2302628.jpg
当教室の取扱商品として、中国Swan社製14穴クロマチック・ハーモニカを追加しました。この写真は夜の撮影であるために、一見、金色のモデルに見えますが、クロム・メッキの銀色です。他のモデル同様、ストレート配列であるために、スライド操作のストロークが短くて済みます。低音のG音まで出るので、バイオリン曲を演奏するのに便利です。


a0009196_2374763.jpg

ちょっと残念なのは、カバーに穴番号の刻印がないことです。玄人好みとも言えますが、合奏なんかで休みが続く後に音を出す時には、困るかもしれません。もっとも、穴番号が刻印してあっても、C音の位置をエナメルでマークする人が多いですから、まあ、工夫次第とも言えます。

定価は、10,000円に設定しました。14穴モデルとしては、当然国内最安値となります。他のモデル同様、調整済ですので、A=443の調律で鳴りは抜群です。金色モデルはまだ扱っていませんが、扱えば12,000円とする予定です。
[PR]
by chromclass | 2008-08-19 23:21 | 工房クロム | Comments(2)
工房クロムのページを立ち上げ
修理屋さんとしての情報を載せたページを立ち上げました。

こちら
[PR]
by chromclass | 2007-11-05 17:06 | 工房クロム | Comments(2)
整備終了
tsudda様

古い280とSwan 1664をA=443に調整する作業が終了しました。
Hotmailの方に連絡ください。
[PR]
by chromclass | 2007-03-04 15:18 | 工房クロム | Comments(1)
Swan 1664
a0009196_13493620.jpg
中国Swan社製16穴クロマチック・ハーモニカ。以前に紹介した14穴モデル1454よりも音域が広く、かつ、ちゃんと穴番号も刻印されています。改良されているらしく、空気漏れ感はなくなっています。惜しむらくは、音程がA=440で調律されていることです。これは自分用にすでにA=443に調律し直しました。また、上げ身の調節が必要なところがいくつもありました。そして、バネが少し柔らかすぎますので、硬めに調節しました。

早速、もんオケの練習、ハーモニック・オムニバスの練習で使ってみましたが、使用感は丸です。音色もまあ、普通です。(Hohnerの音は、やっぱりいいと思いますねえ。)


a0009196_1350528.jpg
形状としてはSuper 64Gに似ていますが、穴の配列は270やHering製品と同様、ストーレート配列ですので、レバーはショート・ストロークになり、音の切れはよいです。バルブはごらんのように赤いものが使われています。これの長時間の使用感は、またよく吹きこなしてからレポートします。

実は、この機種を工房クロムの取り扱い商品にしようともくろんでおります。そのままではまだ不満が残りますので、上に挙げたような改良を施した上で、販売していきたいと考えています。したがって、1本、1本の調節が必要なため、すぐに注文に応じられるわけではありませんし、大量の注文にも応えられません。しかし、予備に持っていたいとか練習用にしたいとかいったような要望があれば、細々と提供していきます。お値段は、Hohner製よりはかなり安くできる予定です。

ご期待ください。
[PR]
by chromclass | 2007-02-27 14:10 | 工房クロム | Comments(5)
Swan Compact Chord 48
a0009196_12161820.jpg
久しく品切れ状態になっておりました中国
Swan社製のコード・ハーモニカが入荷しましたので、販売を再開します。

これはHohner社のアコーダと同じコード配列を持ちますが、一つのコードは8枚ではなく4枚のリードで構成されます。ケースの大きさが36.5cmと小さく、バッグの中に納まる程度ですので、携帯に便利です。私自身もハミング・キャッツの練習で使っておりますが、慣れるにつれて感覚の狭さになじんできて伴奏に十分活用できます。

価格は2万円となります。
[PR]
by chromclass | 2007-02-21 11:22 | 工房クロム | Comments(2)
SKYPE
ぐずぐずしておりましたが、SKYPEに登録してみました。ハーモニカ教室をインターネットでリアルタイムに展開できないかなと夢見ておったわけです。

で、音声テストに入りました。声はまあ、ちゃんと聞こえるんでないのと満足できましたが、問題は楽器の音。ヘッドセットのマイクではハーモニカがとてもひどい音になって聞こえるので、マイクのせいかと疑われました。で、普段もんオケで使っているBEHRINGERのダイナミック・マイクに変えてみたのですが、強く吹くと、やっぱり音が割れます。マイクを離したり近づけたりいろいろ試しましたが、かなり離して普通に吹いたときがまあ、聞けるかなという音です。

PC自体の分解能を試しましたが、こんなひどい音ではありませんでちゃんと聞こえます。マイクの問題ではなく、SKYPEの分解能がかなり悪いのではないかと思われます。何かいい方法があったら、経験者の皆さん、ぜひ教えてください。

またWEBカメラのテストもしています。こちらは画像的には問題ないといってよろしいですが、動きにホンの少しの遅れが出ます。自分でそれを見ながら演奏するのも変な感じがします。もし、WEBカメラで対面レッスンするとしても、やっぱりこの動きの遅れは気になるだろうなと思われました。

さて、まだテスト段階で誰ともお話したことがありません。お話してみたい方、メールでコンタクト名などお知らせください。
[PR]
by chromclass | 2006-12-15 00:10 | 工房クロム | Comments(3)
シルバー(28)
a0009196_175720.jpg
蜀台


a0009196_1972.jpg
これもデコボコしていて、大分時間がかかりました。
[PR]
by chromclass | 2006-12-14 01:17 | 工房クロム | Comments(6)
シルバー(27)
a0009196_1014942.jpg
コンポート。


a0009196_1023350.jpg
これだけでこぼこしていると磨くのが大変です。しかも、ところどころ銀鍍金が剥げかかっているので、強くこすると剥がれてしまいます。
果物入れとして実用に供することにします。
[PR]
by chromclass | 2006-11-21 10:04 | 工房クロム | Comments(0)