カテゴリ:録音( 6 )
CD音源サンプル
a0009196_111767.jpg

CDの音源の一部をホームページのCDのページ掲載しました。

発売予定は9月1日となります。
[PR]
by chromclass | 2012-08-15 10:43 | 録音 | Comments(0)
CD制作
7月ごろからファーストアルバムとなるCDを制作し始めました。作業は順調に進んでおり、8月中には発売の運びとなります。このほど、宣伝ビラができましたので、お見せします。
a0009196_111767.jpg

[PR]
by chromclass | 2012-08-09 01:01 | 録音 | Comments(1)
スタジオ録音
作詞作曲のグループがCDを作るというので、お手伝いさせてもらっています。先日のライブで唯一ハーモニカが入っていなかった曲、「辿り着いた場所」が収録に採用されて、編曲をもんオケ指揮者で作曲編曲家のUさんが編曲、ハーモニカが入ることになったのです。

バックの音作りや歌の収録はすでに終わっていて、本日はハーモニカの収録。他の曲については前後して他の楽器の方の収録が行われましたが、私の時間帯ではハーモニカだけです。例によって、と言っても2年前にもなりますか、バック演奏と歌が既に入った録音をヘッドフォンで聴きながら、別のトラックにハーモニカを入れるのです。

1回目は音量を決めるための試し吹き、あ、この段階でオクターブ間違えたとこあったなとか反省していると、本番収録です。通しで演奏して、まあ、80点位とれたでしょうか。気になるところあったら、その部分やり直します、というのと、ここはスタッカートではなくテヌートでとか注意を受けた分、その部分だけを吹き直して収録しました。OKになったところで全体を聴いてみましょうというので鑑賞しました。つぎはぎ氏間違いを指摘して、すぐ直してもらって、1曲完成です。ちょうど時間の持ち時間どおりでした。ふと顔を上げると、別の曲のためにオーボエのKさんが到着したところ。御苦労さまと現場を後にしました。

これで、何日か後には、私が参加した2枚目のCDができてくることでしょう。楽しみです。
a0009196_23425665.jpg
録音のスタッフ、お手伝いのスタッフ。


a0009196_015365.jpg
ハーモニカのパート譜。b5個で読みこなしがすこし大変。使用ハーモニカはHering 6264。今回は強くフェイク効果を入れて吹きました。
[PR]
by chromclass | 2008-05-19 00:04 | 録音 | Comments(2)
Harmonica Liners
a0009196_2065421.jpg
ついに来月CDが発売されます。
クリックすると拡大されます。
[PR]
by chromclass | 2008-01-21 20:09 | 録音 | Comments(0)
ネコと俺
a0009196_2114368.jpg
初参加CDができてきました。

曲目

1.ネコと俺
2.同じ空の下
3.届けたい、愛
4.初めてのおつかい
5.街ん中
6.ネコと俺(カラオケ)


a0009196_2122139.jpg
1曲目、5曲目と6曲目でハーモニカで参加しております。
[PR]
by chromclass | 2006-06-02 02:10 | 録音 | Comments(3)
初めてのレコーディング
ある女性歌手の初CDを作るというのでハーモニカを吹いてくれという依頼がきました。そこでスタジオへ。入ってみるとすでにバッキングは作ってあって、男性歌手の方が録音室の中でバッキングを元に歌っています。助っ人歌手のようです。作曲者があれこれ注文を付け、だんだんよくなっていきます。MIDIのハーモニカも入っているので、楽譜とにらめっこしながら入り方を考えつつ待機。C#m調の曲。#4個。きつい調ですが速くはないので大丈夫。デジタル録音時代なんですねー。悪いところはやり直しつつ、よくなると前の部分にそこだけつなぎ替えて仕上げていきます。さて、歌手はできあがったので、いよいよかと思ったところで夕食の注文です。

注文を終えて待機している間に、ハーモニカのピッチはどうしたらよいか聞くとA=440でバッキングを作ってあるとのこと。そんなこともあろうかと色んなピッチのものを用意していったのですが、Hering 6164が該当するので、バッキングに合わせて吹いてみました。さすがミュージシャン達です、それでいいそれでいいと一発で決まりでした。

注文した辛子ネギ・ラーメンを食べた後、いよいよ録音開始。MIDIのハーモニカの分はミュートしてもらい、流して代わりにハーモニカを吹いてみました。いよいよ、先ほど歌手の方が入っていたスタジオの録音室に一人で入り、イヤフォンを通して会話しながら、ハーモニカが入る4小節ほど前からバッキングを流してもらいます。ちょっと楽譜に忠実すぎるねなんていわれて改良して3度目ぐらいで「OK、次のパート行きます」ってんでどんどん4箇所を細切れに録音していきます。あっさりと「ご苦労さん。」の声で録音部屋を出ました。

はい、次の曲。これはCDメインの女性歌手の歌です。Gm調だ。b2個。これは一度も通しで聞いたことがないので、流してもらい、歌詞のこの部分でこれが入るって言う指示を頭に詰め込んで、また録音室へ。で、全体を把握することないまま、3箇所程の部分を、数小節前から聞いて吹くということを繰り返して、take 3位ずつでOKが出て終了。Take Fiveの曲名が頭に浮かびます。

そこで、じゃあ通しで聞いてみますかというので、初めて曲全体を聞きました。へー、こんな曲なのって感じです。ハーモニカの部分は実にHeringの音色です。Hohnerとは大分違いますね。メーカーの差は大きい。さて、指揮者がいないので最後のrit.の部分がちょっと伴奏とずれています。デジタルだねえ、「あ、直りますよ。」と編集者がハーモニカのその部分だけ少しずつずらせていくと、あーら不思議、ちゃんと伴奏に合ってしまいました。「じゃごくろーさーん」というので初体験は終わりました。

生演奏とは何という違い!

作曲者曰く「かくて演奏者は堕落していくのであった、が持論なんです。」(爆)

CDのジャケット案も届いていて、まだ録音もしていないのにハーモニカ奏者の名前がちゃんと入っている。

場所が遠かったので、帰宅は午前様になってしまいました。
[PR]
by chromclass | 2006-04-19 02:05 | 録音 | Comments(4)