カテゴリ:柏教室( 227 )
霧の摩周湖
「霧の摩周湖」をカラオケ伴奏で演奏する練習をしました。初めは伴奏をよく聞くという態度が見られず、伴奏の方がどんどん先へ行ってしまう現象となりました。伴奏を聞くコツを伝えて何度か練習を重ねました。少し飽きが見られたので、「時には母のない子のように」の二重奏譜を配り、練習に入ってもらいました。2ndパートがメロディを担当し、1stパートがオブリガートを担当します。1stはかなり難しいので、練習のし甲斐があります。まだ二重奏できる状態には到達していないので、次回以降の楽しみです。

一方、新しく入った人は音出し練習です。1番穴、2番穴の吸い音が出ないという状態の解消に時間を費やしました。少し光明が出てきたようです。初級Iのテキストを前に進み、ト長調の音階練習にまで進みました。気が付くと時間が迫ってきています。練習の感想を述べてもらい、お開きにしました。

[PR]
by chromclass | 2017-04-26 23:23 | 柏教室 | Comments(0)
霧の摩周湖
初めての人が入会したので、以前からの初心者とともに後出しとC調の音階、「ふるさと」に挑戦してもらいました。

以前からの人には、「霧の摩周湖」にフェイク双方で表現を付ける練習に取り組んでもらいました。前フェイク、あとフェイクをかけると共に、足ふみが乱れないように注意しました。だんだん要領が分かってくると、カッコいいサウンドが聞かれるようになりました。遊び感覚で取り組んでいると、いかにもハーモニカらしい雰囲気が出てきます、それに手の動きを加えて、見た目もハーモニカ吹きらしい演奏法になっていきました。まだアクションは始めたばかりで様になっていませんが、慣れるにつれて自然な動きになると思います。

あっという間に時間になり、新しい人に自己紹介してもらいました。

[PR]
by chromclass | 2017-04-12 23:34 | 柏教室 | Comments(0)
霧の摩周湖
今日はお二人が体験レッスンに見えたので、体験用テキストに沿って音出しに取り組んでもらいました。中々単音で音階練習はハードルが高いようですが、熱心に挑戦してくれました。

その間に「霧の摩周湖」をみんなが練習してくれ、時々アドバイスをしていきます。だんだんビブラートがきれいになってきました。Gm調が初めての人がいたので、Bb調の音階に挑戦してもらいました。次回、基本を教えなくては。

体験の人に、クロマチック・ハーモニカをやってみたいと思った動機を発表してもらったり、現会員の自己紹介をしあったりしました。次回は4月コースが始まります。新旧入り混じった複式授業になっていくと思います。

[PR]
by chromclass | 2017-03-22 23:55 | 柏教室 | Comments(0)
霧の摩周湖
引き続き「霧の摩周湖」を使ってビブラートを利かせたきれいな音で演奏する練習をしました。1拍で4回のビブラートをロング・トーンだけにかける、わざとらしくなく、自然に聞こえるように耳を活用し、意志の力でビブラートの速さをコントロールする。喉が開いていないと喉の振動も不規則に加わって「ちりめんビブラート」と言われる嫌われるビブラートになるので、喉を開けさせるよう注意しました。

中にはきれいなビブラートを利かせる人も出始め、うれしい限りです。

[PR]
by chromclass | 2017-03-08 23:41 | 柏教室 | Comments(0)
見上げてごらん夜の星を
「見上げてごらん夜の星を」を美しい音で吹く練習をしました。横隔膜ビブラートを使いたい訳ですが、簡単には使えません。そこで全音符に対して横隔膜ビブラートをかける練習に変えてしばし練習をしました。足のカウント1回あたり4回のビブラートの練習。だんだん要領が分かってきた人が増えてきました。次いで練習曲に適用する練習。綺麗なメロディが聞こえてくるとうれしくなりますね。

その間、まだ音出し段階の人がいるので、単音をしっかり出す練習とC調の音階練習。「見上げてごらん夜の星を」はEm調のため、ここでG調の音階練習に入りました。考え方は理解してもらえ、家で練習して来るとのこと。

さて次回は綺麗な音で課題曲が吹けるでしょうか。楽しみです。
[PR]
by chromclass | 2017-02-22 23:07 | 柏教室 | Comments(0)
見上げてごらん夜の星を
優しい曲「見上げてごらん夜の星を」を使って、表現力を青王することにしました。ハーモニカを前後に動かすハンド・ビブラートの動かし方でまだまだ戸惑いがあり、時間一杯取り組んだ人もいました。今後もハーモニカならではの音色を追及したいと思います。

新しく入会した人は、複音ハーモニカの経験があるために、クロマチックの穴移動に苦労しています。また単音を出すのにも苦労しています。C調音階練習を何度もやった後、「ふるさと」の挑戦してもらいました。
[PR]
by chromclass | 2017-02-09 01:01 | 柏教室 | Comments(0)
遥かなるアラモ
「遥かなるアラモ」でリズム感を養成する練習をしました。一人ずつの演奏を聞くうち、5番C音の音程が下がっているのが気になりました。そこで、調律作業の訓練をすることにしました。内側のリードなので、カバーを外し、リード・プレートを外し、音程が狂ったleadを特定しました。調律そのものは私が実施しました。チューナーでそれが正しい音程に近づいていくのを観察し、OKになるまで繰り返しました。OKが出たところでハーモニカを元通りに組み立ててもらいました。作業に手こずり、30分オーバーでレッスンを終えました 終えました.
[PR]
by chromclass | 2017-01-25 23:51 | 柏教室 | Comments(0)
あの青い空のように、あの青い空のように
初めてのハーモニカ

「あの広い野原いっぱい」のリズムの取り方がまだ不安なので、シンコペーションのリズムの取り方を板書して説明しました。おかげで大分リズム感が出てきました。

次の曲として「あの青い空のように」の二重奏の楽譜を配り、スイング調で吹くコツを教えました。まだ二重奏はできませんが何とか1stパートが吹けるようになってきました。

クロマチック・ハーモニカ

以前の楽譜を忘れてきたとのことなので、最初から「あの青い空のように」の二重奏の楽譜を配り、練習を始めました。スイング感を出すよう注意したものの、こちらでは二重奏を楽しむことができました。スイング調でありながらシンコペーションがないメロディなので、入門としてはよい曲かもしれません。

帰りに今年初の吉川温泉に入ってきました。
[PR]
by chromclass | 2017-01-17 00:18 | 柏教室 | Comments(0)
私は泣いています
「私は泣いています」でうまくリズムが取れない人のために、「アイウエオ・リズム攻略法」をかみ砕いて説明することにしました。幸い合宿で使ったテキスト「中流になるために」に説明文が載っているので、配って説明しました。そして「私は泣いています」のシンコペーションがある小節を例にとり、具体的に何度も練習をしました。テキスト中には課題曲として「遥かなるアラモ」が含まれていたので、それに挑戦した人も。そしてこの曲は西部劇の曲なので、ハンド・カバー奏法がぴったりです。それの使い方も説明すると、素敵なメロディが聞こえてくるようになりました。

「私は泣いています」のアドリブ譜の部分もかなり形になってきたので、二重奏を試みてみました。聞いていたほかの人からは「かっこいい!」との声が。しかし、まだアドリブ譜に手を出す力はないようです。

90分の時間もあっという間に経ってしまう感じでした。
[PR]
by chromclass | 2017-01-11 23:56 | 柏教室 | Comments(0)
私は泣いています
本日は半数が欠席。お大事に。

「私は泣いています」を引き続き練習。初心者の方はG#音の扱いに苦労しています。

もう一人はメロディがほぼ出来上がっています。なので、アドリブ譜が書かれている二重奏の方の楽譜を渡して、アドリブ的なフレーズに慣れ親しんでもらうことにしました。譜面の読み方にまだまだ不確実性があるので、「あいうえおリズム攻略法」ではっきりと譜読みする訓練から始めました。まだスイング感にも問題があるので、声を上げて譜読みをしてもらい、気づいた点を都度注意していきました。やっているうちにだんだん足の踏み方が安定してきました。そこでハーモニカを吹いてもらい、乗りが出てきた状態で吹いてもらいました。かなり興味が持てたようで、家で練習するときにも役に立つと思います。

初心者の方はスライド操作がまだうまく使えていないので、G調の音階練習でスライドを押す操作に慣れてもらうようにしましたが、中々ハードルが高いようでした。音出しにも問題があり、腹式呼吸をより心がけてもらい、音質は少し改良してきました。いろいろ試すうちに課題が見えてきたので、より自宅練習に励んでもらいたいと思います。

そうこうしているうちに時間が来てしまいました。今年はこれで仕事納めになります。皆様、良いお年をお迎えください。
[PR]
by chromclass | 2016-12-29 00:11 | 柏教室 | Comments(0)