カテゴリ:柏教室( 243 )
ぐみの木
初心者の音出しに付き合っている間、残りの人達で「ぐみの木」二重奏を自主練習してくれました。時折耳を傾けると素敵なハーモニーが聞こえてきます。オブリガートが中々うまくはまらない面も。レベルがバラバラなので致し方無いと言えます。

音出し訓練の方は、2番F音が出しにくいというので、集中的に練習しました。色々アドバイスして色々試みたのですが、少し改良された程度でした。最後にハーモニカを疑い、分解してみましたが異常がなく、私が吹いてみるとちゃんと音が出ます。結論は、やはりまだ吹き方が正しくないでした。一方、初級Iに沿って先に進んでおり、F調の曲に取り組んでいます。単に曲を吹くのではなく、F調の音階練習に戻って体に覚えこませるやり方を実践してもらいました。そして、練習曲の「赤い河の谷間」を再度吹き直してもらいました。前よりスムーズに吹けたと思います。

[PR]
by chromclass | 2017-12-14 00:21 | 柏教室 | Comments(0)
ぐみの木
a0009196_00032578.jpg最初に「さんぽ」を題材に半音上の調への転調に関する解説をしてから練習に入りました。C調からC#調への転調なので、演奏は楽です。カラオケ伴奏でも練習しました。

「女ひとり」をカラオケ伴奏で全員で練習した後は、2,3人ずつで演奏してもらいました。次に「瀬戸の花嫁」のカラオケ用楽譜を配り、同様に全員で、2,3人ずつでとカラオケ伴奏で練習。メロディだけを吹くカラオケ練習は簡単にこなせるようになっているので、久し振りに二重奏譜「ぐみの木」を配り、今日の所は1stパートの練習をしました。次回に二重奏をする予定です。

主審者の方は、みんなとは別に初級Iのテキストに沿って練習です。「12の誕生日」の後、ト長調の音階練習、「もみじ」、「アニー・ローリー」と進み、ヘ長調の音階練習の所まで進みました。

[PR]
by chromclass | 2017-11-22 23:16 | 柏教室 | Comments(0)
つぐない
新入会者があり、音階練習で音出しの訓練。「ふるさと」を何とか吹けるので、音出しに関しては大丈夫です。しかし。渡した譜面を見ると、音符に振り仮名が振ってあります。それでは譜面を読めるようにはならないので振り仮名禁止を告げました。振り仮名を振った曲は飛ばして、「12の誕生日」に進みました。聞くところによると、複音の経験があり、数字譜しか読めないという。そこで、たとえな第3戦のB音(シ)を覚えて、その近辺の音をB音から数えると、一つひとつの音をその都度判断するより効率が良いことを教え、慣れるに従ってその他の読める音符を増やしていくように手引きしました。ここから大いなる試行錯誤が始まり苦労しています。

その間に他の人は「女ひとり」をカラオケ伴奏で吹いてもらい、次に「つぐない」に進みました。3番まであるので1番ずつソロ回しをしました。自分の番が来た時に入りのタイミングが合わなかったりしましたが、何回か繰り返すと要領を掴んできました。

新しい曲を練習したいか尋ねると全員Yesなので、「さんぽ」のカラオケ用楽譜を配りました。知っている人はすぐ曲が分かりましたが、知らない人にとっては読譜から始めなければなりません。この曲の特徴として、途中から盛り上げるために半音高くなる転調が行われます。C調からDb調への転調ですが、簡単のためにC調からC#調への転調として書かれています。ハーモニカ以外の楽器ではC#調を練習することはまずないらしいのですが、クロマチック・ハーモニカの場合にはボタンを押しっぱなにすればいいので、よく使われる転調方法です。皆さんすぐ要領が分かって練習に励みました。

新入会員に対して、みんなで自己紹介をして親睦を深めました。新入会員から、「2番レの音が出にくいので買った楽器屋へ持って行くべきでしょうか。」という質問があり。みんなで「最初は音が出ないのよ。」と説明してあげました。

[PR]
by chromclass | 2017-11-08 23:03 | 柏教室 | Comments(0)
Love Me Tender
「Love Me Tender」三重奏のうち、二重奏で練習を重ねました。当初は各パート複数人で合奏しましたが、各パートを一人ずつにして練習すると、お互いの連係プレーができていないのが歴然、連係するよううながしいぇさらに練習。休む部分があったり、速度変化があったり、最後はrit.やフェルマータがあったりと中々複雑なのでm連係に必要な首や足の動き、目くばせなどを指導。だんだん良くなっては来ましたが、まだまだ経験が必要です。

一旦区切りをつけて、「女ひとり」のカラオケ用楽譜を配り、練習しようとしましたが、カラオケ動画の準備ができていなかったため、「つぐない」のカラオケ用楽譜を改めて配ってカラオケ伴奏で練習を始めました。何回も練習して、かなりうまく吹けるので事情を聴いてみると、「カラオケで耳にタコができるほどさんざん聴かされていますから。」とのこと。なるほど。

残りの時間で、生徒さんが町内会で披露した曲を演奏したいということで、PA機器まで持ち込んでいたので披露してもらいました。曲は徳永先生の曲集とCD伴奏から「鈴懸の径」。謙遜していましたが、中々の出来でした。他の皆さんにも刺激になったようでした。

[PR]
by chromclass | 2017-10-25 23:33 | 柏教室 | Comments(0)
Love Me Tender
見学の方が一人見え、音出しに付き合いました。単音が出るようになるまで、時間がかかりそうです。

その間、皆さんには「Love Me Tender」三重奏の練習をしてもらいました。久し振りの合奏の為か、他のパートとの連携が悪く、メトロノームの助けを借りてテンポをキープしました。練習を重ねるに連れて、段々連係が良くなってきました。前半はC調でまだ二重奏なのですが、後半では3rdパートが加わり、F調に転調します。3rdは入ってくるタイミングの難しさがあって、まだ誰でも担当できるわけではありません。パートを交替しながら後半だけの三重奏を何度も練習しました。

大分苦労したので、最後の十分間は景気付けに「上を向いて歩こう」を全音でカラオケ伴奏で吹きまくりました。シンコペーションがうまくできていなかったので、おさらいして終わりにしました。

[PR]
by chromclass | 2017-10-12 00:11 | 柏教室 | Comments(0)
Love Me Tender
「Love Me Tender」三重奏の楽譜を配り、練習に入りました。この曲は私のCDに収められている曲です。久し振りの合奏の練習になります。最初のC調の部分で1stパートを各自練習してもらい、引き続き2ndパートを練習してからパートナーを見つけて二重奏をし始めました。しかし互いに相手の演奏を聴きながら二重奏することに慣れておらず、足でカウントを取る方法も含めて一つ一つ指導する羽目に。個々のペアで練習しても効果が出ないので、誰かが1stを吹いて他の人が全員で2ndを吹くスタイルに改め、何回も時間が来るまで練習を続けました。

後続のF調に転調する部分、ビブラートをかけて表情を豊かにするなどの課題は次回回しとなりました。


[PR]
by chromclass | 2017-09-27 23:59 | 柏教室 | Comments(0)
カラオケ三昧
カラオケ伴奏に親しむ一環として、自分の好きな曲をカラオケ伴奏でソロで吹いても対ました。いろんな曲が出ました。

・霧の摩周湖
・世界は二人のために
・池上線
・Old Friend
・京都の恋
・小さな日記
・小指の想い出
まだ準備ができていなくてしどろもどろになるケースもありましたが、カラオケでえんそうしなくてはとの覚悟ができたように思います。

全員で練習するために「上を向いて歩こう」のカラオケ譜を配り、斉奏。最後に「見上げてごらん夜の星を」を斉奏して終わりにしました。

[PR]
by chromclass | 2017-09-13 23:04 | 柏教室 | Comments(0)
Old Friend
「Old Friend」でビブラートがかけられるように、全音符でしっかり基礎練習をしました。

カラオケ伴奏を使ってバックの3連符をよく聞き分ける練習をしてから演奏に繋げましたが、書かれている譜面に忠実すぎてスイング感が出ない部分があったので、記譜の解釈の仕方について白板で説明しました、またタイで結ばれた8分音符を含む3連符の解釈の方法についても説明しました。これらの注意事項に気を付けながらカラオケ伴奏でメロディを吹くと、かなりいい演奏になってきました。自宅でカラオケ伴奏を使ってよく練習するように伝え、より簡単な曲にシフトしました。

「世界は二人のために」の譜面を配り、カラオケ伴奏で練習してもらいました。簡単なのでスムーズにいくと思われましたが、2拍3連符で引っ掛かりました。克服する方法を教え、演奏を繰り返しましたが、すぐにはうまくいきません。次回も継続することにします。


[PR]
by chromclass | 2017-08-23 22:28 | 柏教室 | Comments(0)
小指の想い出
最初にSuper 64の5番C音が以上に高い人がいたので、作業を披露しながら修理。

みんなタブレットを持ったので、タブレットの使い方を教えるとともに、比較的簡単な「小指の想い出」をカラオケで練習してもらいました。「Old Friend」よりはずっと取り組みやすい曲です。大体できた人には、「見上げてごらん夜の星を」に取り組んでもらいました。これら以外にも多くのカラオケ動画がタブレットに入っているので、どんどん自分で曲を選んで練習してほしい旨伝えました。

まだ音出しレベルで苦労している人がいるので、C調の音階練習をつきっきりで付き合いました。穴の移動を最初の間は意識して吹くことを強調しておきました。

[PR]
by chromclass | 2017-08-09 23:50 | 柏教室 | Comments(0)
Old Friend
「Old Friend」の楽譜を配り、タブレットを購入した人に使い方を説明し、早速YouTubeの音源を使ってTootsの演奏を聴いたり、タブレットに入っている同曲のカラオケ音源を使って練習してもらいました。非常にゆっくりした曲で、脚踏みを合わせるのが難しかったようですが、次第に慣れていい雰囲気になってきました。
他の音源の使い方も説明し、試しに「小指の想い出」を試してもらうと、楽譜なしで吹けます。楽譜はPCとタブレットをつなげば、PC側で印刷できることを説明しました。

タブレットは持っていないけれどアンドロイド・スマホを持っている人がいて、その場で音源と楽譜をセットしてあげました。他、タブレット購入希望者が1名。また注文しなくては。

一方、音出しで苦労している人がいて、中々単音を出すコツが見出せないようです。レッスン日だけでなく、毎日ハーモニカに接するように助言しました。

[PR]
by chromclass | 2017-07-26 23:42 | 柏教室 | Comments(0)