カテゴリ:お茶の水教室( 172 )
霧の摩周湖、白い夜霧のブルース
中級

「霧の摩周湖」に挑戦したいとのことで、早速練習開始。いろんな改良点が浮かびあがりました。同じ音が続くときのタンギング不足。画一的なビブラートの改良。サビの部分のフェイクの取り入れ方。無意識に行う舌打ちをやめること。課題山盛りで、改良点を試行錯誤しているうちに時間が来てしまいました。時期はカラオケを使うまで進みたいです。

初級

時間内に1曲だけでなく2曲を練習できないかとの要望が出たので、「白い夜霧のブルース」のソロ楽譜を配り、タブレットにmidi音源を配布して、聞きながら譜面を眺めてもらいました。模範演奏を利かせたりするうちに、知らない曲だったけれどだんだんよい曲に思えてきたとの声が出てきました。midi音源ではかなりゆっくりしたテンポなので安心して取り組み始めました。

残り10分ほどになり、2曲の練習だったと、これまで取り組んできた「暗い港のブルース」に切り替え、2ndパートは私が担当してみんなで1stパートを吹いてもらいました。2ndも今後練習してほしい旨告げて終わりとしました。

[PR]
by chromclass | 2017-06-07 00:38 | お茶の水教室 | Comments(0)
、暗い港のブルース
a0009196_14364085.jpg


真夏日です。教室に近づく道端のtる辻が満開です。






















中級

品実休講となりました。

初級

引き続き「暗い港のブルース」の練習です。Cadenza部分のタイミングの取り方、ビブラートのかけ方、トランペット的なアタックのかけ方などを喃語も練習しました。

一度ぜっみんで1stパートを斉奏した後、最初の3段位まで一人ずつソロを担当し、ほかの人は2ndパートでサポートする練習を残りの時間、他\たっぷり練習しました。Cadenzaから定テンポのメロディに入っていく感覚にだんだん慣れてきました。

次回は最後までソロと伴奏に分かれて通して演奏できるようになりたいです。

[PR]
by chromclass | 2017-05-23 15:00 | お茶の水教室 | Comments(0)
暗い港のブルース、暗い港のブルース
中級

「暗い港のブルース」のCadenza部分の吹き方、曲中のハンド・ビブラートのかけ方、曲の最後の横隔膜ビブラートのかけ方などについて、しっかり練習しました。2ndパートは私が担当して、1stパートに集中してもらいました。

初級

「暗い港のブルース」のCadenza部分の練習、メロディの練習をした痕、この曲の特徴であるソロ演奏に入るにあたり、ソリスト以外は2ndパートでオブリガートを担当しなければなりません。練習に入ると、数え方を間違えたり、休みでハーモニカを口から離してしまうため、すぐ次の部分で同じ穴で吹くのにまた穴を探したり、休みの長さを間違えたりといろんな症状が出ました。それぞれの攻略法を丁寧に説明して、最初の1コーラスぐらいは何とか合奏でこなせるようになりました。次回、その先まで進みたいと思います。

[PR]
by chromclass | 2017-05-09 15:12 | お茶の水教室 | Comments(0)
暗い港のブルース、霧の摩周湖
中級

前回に引き続き「暗い港のブルース」の練習。アタックのかけ方、ビブラートを耳でコントロールすること、cadenzaの間合いの取り方などに注意しながら、二重奏での掛け合いも楽しみました。

初級

「霧の摩周湖」を一人ずつカラオケ伴奏で披露しても対、それぞれの課題を指摘していきました。カラオケの速さにまだ慣れていなくて、途中でずれてしまったり、音の大きさが足りなくて息が苦しいとか、スイングの解釈不足とか、スライド操作で3連符が流れてしまうとかいろいろな課題が出ました。

何度も繰り返したので、新しい曲に挑戦したいか聞いたところイエスとのこと。そこで。「暗い港のブルース」の楽譜を配り、YouTubeの参考演奏を利かせ、お手本にすべきことを伝えました。局の良さには皆が納得。練習にも身が入ることでしょう。

[PR]
by chromclass | 2017-04-19 00:36 | お茶の水教室 | Comments(0)
暗い港のブルース、霧の摩周湖
中級

「暗い港のブルース」の初練習。前奏と後奏のCadenza部分の吹き方を指導し、何回も練習しました。通しで練習に入り、2ndパートは私が担当して、全体像が浮かび上がってきました。いい曲ですねと感想が飛び出しました。

初級

「霧の摩周湖」でフェイクを多用して表情を付ける練習をしました。次にYouTubeのカラオケを伴奏に、一人ずつソロで演奏する練習に入りました。まだ慣れない試みで、吹いていると伴奏が聞こえず、伴奏に置いて行かれる現象が多発しました。また、カラオケはかなり速く進むので、せっかく練習したフェイクをかける余裕もありません。今後、自宅練習でもカラオケを使って練習するよう伝えました。

北小金駅に戻ってくると、駅前の桜がもうすぐ満開の状態。明日はきっと満開になるでしょう。
a0009196_23523805.jpg

[PR]
by chromclass | 2017-04-04 23:55 | お茶の水教室 | Comments(0)
、霧の摩周湖
中級

休講。

初級

「霧の摩周湖」の斉奏でリズムの取り方がバラバラなので、一人ずつ演奏してもらって原因を探っていきました。まずSwing指定の意味が分かっていなかったのがわかり、白板で説明。次に足の打ち方の問題。音符に反応してしまっているので、1拍に1回、等間隔で足を踏み、そのリズムに音符を乗っけるよう指導。あと、スライド操作でリズムに乗れなくなるのを防ぐ方法を指導。これエアを応用しながら何度も斉奏すると、次第にみんなのリズムが合うようになってきました。良かった。

[PR]
by chromclass | 2017-03-21 23:28 | お茶の水教室 | Comments(0)
SFリパブリック讃歌
中級

休講

初級

「SFリパブリック讃歌」の後半、シンコペーションが続く部分を、リズム攻略法を実践しながら、まずは口で言えるように何度も復唱しました。特に足の動きとの関係をうまく保ちながら、ゆっくりした速さで練習すると効果が出ました。そしてハーモニカで吹き始めました。スイング感、音のアタック、音の伸ばしに注意を払って、だんだんジャズっぽい感覚になってきました。次回までこの感覚を覚えていてくれるといいのですが。
[PR]
by chromclass | 2017-02-21 15:20 | お茶の水教室 | Comments(0)
、SFリパブリック賛歌
中級

休講。

初級

ジャズ感覚に慣れてもらうために。ダンス音楽の中から「、SFリパブリック賛歌」の練習をすることにしました。SFはスロー・フォックストロットの略です。後半の最後の1コーラスにメロディをジャズ風に崩した部分が出てきます。楽譜を配ると共に、薄板に書いて少しずつ小説を進めながら前に進もうとするのですが。考えすぎるのか、なかなかノリノリの正確なリズムになってくれません。楽譜に注釈を書き込む姿が目立ちましたが、禁止にすべきでした。注釈なんかを見ている時間的な余裕はなく、楽譜を直接読み取って反応してくれるように導くべきでした。次回復習と、「私は泣いています」に進みたいと考えています。
[PR]
by chromclass | 2017-02-07 15:18 | お茶の水教室 | Comments(0)
ワシントン広場の夜は更けて
入っていくとみんなで「ワシントン広場の夜は更けて」の合奏をしていました。1stパートはメロディですので、何となく更けてしまうところがありますが、2ndパートの方はしっかり楽譜が読めてリズムを正しく取れないとうまく合奏ができません。そこで「中級と言えるように」のテキストを配り、中の「遥かなるアラモ」をあいうえおリズム攻略法を使って読み下す練習をしました。その後、ハーモニカで吹く練習に入りました。

「ワシントン広場の夜は更けて」に戻って2ndパートの練習をしました。聞いてみると、ジャズっぽくない部分があります。そこで、ジャズっぽくアタックをかける練習をしました。中々難しいですね。そうこうしているうちに時間が来てしまいました。
[PR]
by chromclass | 2017-01-25 00:17 | お茶の水教室 | Comments(0)
、防人の歌
中級

休講。

初級

体験レッスンの方がいらっしゃったので、みんなが「防人の歌」を練習している姿をお見せしながら、テキストに沿って音出しを説明しました。飲み込みの良い方で興味を持ってもらえたようです。

「防人の歌」の練習と並行して「ワシントン広場の夜は更けて」の練習に入ることにしました。スイング系の曲は初めての挑戦なので、スイングの説明、シンコペーションのリズムの取り方などを説明、「あいうえおリズム攻略法」で足を安定的に踏む練習をしました。

ふと気が付くともう時間一杯。今年の初レッスンを終えました。
[PR]
by chromclass | 2017-01-10 23:24 | お茶の水教室 | Comments(0)