カテゴリ:お茶の水教室( 178 )
上を向いて歩こう、また君に恋してる
中級

「上を向いて歩こう」をカラオケ伴奏で練習しました。小節またがりで6拍伸ばすところが数えられないために、伴奏とずれてしまいます。数え方を練習しました。次に後半に入ったところでシンコペーション部分のリズムが取れない問題に対処。どうも知って入りメロディが頭に浮かんでしまって楽譜を追いかけられない様子。テンポをゆっくりにして足踏みとの関係を理解してもらうよう努めました。

次に「また君に恋してる」のカラオケ用楽譜で練習開始。何回かカラオケ伴奏で譜面の把握に努めているうちに、時間が来てしまいました。

初級

こちらは「また君に恋してる」の練習から。全員でカラオケ伴奏で練習すると伴奏がよく聞こえなくてどんどんン」伴奏と乖離してしまうので、一人ずつソロで演奏してもらいました。伴奏をよく聞く訓練になりました。

次に配ってあった「上を向いて歩こう」の初練習に入りました。曲の速度が速いので、後半に入ると伴奏から乖離してしまいます。また、後半のシンコペーション部分がやはり正しく数えられない問題が出ました。足の打ち方を何度もよく練習しました。道半ばの状態です。

[PR]
by chromclass | 2017-10-11 00:44 | お茶の水教室 | Comments(0)
世界は二人のために。また君に恋してる
中級

「世界は二人のために」をカラオケ伴奏で演奏。唯一問題なのは二拍三連符。足の踏み方を含め、何度も練習して、少しずつ良くなっていきました。

次の練習曲として、「上を向いて歩こう」のカラオケ用譜面を渡し、カラオケ音源を聴いてもらいました。リード・メロディが入っていない音源で、しっかり譜面の小節数を数えないと、うまく伴奏に乗れません。しばらくハーモニカを吹かずに譜面を声出しだけで伴奏に合わせて読み、その後でハーモニカで吹き始めました。所見での演奏ができないので、次回に向けてよく練習して来るように指示、時間を使い切りました。

初級

「また君に恋してる」をカラオケ伴奏で全員で斉奏を繰り返した後、ソロで吹いてもらいました。一回りした後、何か所かリズムを乱す場所があるので、シンコペーションに惑わされないように反復練習を栗加rして、またソロで一回りしました。

次の練習曲として、「上を向いて歩こう」のカラオケ用譜面を渡し、カラオケ音源を聴いて進行を把握してもらいました。リード・メロディが入っていないので、小節の数え方をおさらいしました。時間が来てしまったので、続きは次回に。

[PR]
by chromclass | 2017-09-20 01:13 | お茶の水教室 | Comments(0)
小指の想い出、世界は二人のために
中級

「小指の想い出」をカラオケ伴奏で練習。タンギングに難があり、修正。

「世界は二人のために」をカラオケ伴奏で練習開始。二拍三連符がこの曲のポイント。攻略法を白板に書き出し、最初はハーモニカで吹けないので口で発声。出来てきたところでハーモニカで練習。何度も練習しているうちに時間となりました。

初級

こちらでも「小指の想い出」をカラオケ伴奏で練習。ただし複数名なので3番まである1番ずつをソロで回していく方法で効率を上げました。錆の部分でビブラートを使う場所を決め、集中的に練習しました。

次に「世界は二人のために」をカラオケ伴奏で練習。こちらでも二拍三連符が問題になったので、中級クラスの白板の板書が残っていたので利用して攻略法を実践。こちらでもまず声で発声、次にハーモニカで練習しました。

次回からは、タブレットに入っているカラオケ伴奏曲を使って、レパートリーを増やしていくようにします。

[PR]
by chromclass | 2017-09-05 23:49 | お茶の水教室 | Comments(0)
時には母のない子のように、Old Friend
中級

「時には母のない子のように」でビブラートを研究したいというので、まずはYouTubeの音源で森本先生の音をよく聞いてもらい、何をどうしたらこういう音になるかを洞察してもらいました。ハンド、横隔膜、顎のいずれとも違います。色々考えてもらって、最後に喉だと明かしました。

まずイントロ部分を、喉のビブラートを使う練習から入りました。かすかにフェイクもしているので、その練習も。

イントロ以降は休符をうまく読む必要がありますが、中々読めないので、音源と比較しながら譜面を読む練習をするよう指示しました。


初級

「Old Friend」をToothの音源と一緒に吹く練習をしました。一人ずつ吹いて、他の人が音源のバックをよく聞く練習をしていきました。

次にメロディを抜いたカラオケ伴奏を使って、伴奏とメロディの関係をよく考えながら、一人ずつ吹いてもらいました。繰り返すうちに、だんだん伴奏に合うようになってきましたが、時間切れになってしまいました。

[PR]
by chromclass | 2017-08-01 23:58 | お茶の水教室 | Comments(0)
小指の想い出、小指の想い出
中級

「小指の想い出」にしっかり取り組みました。盛り上げるために繰り返しでオクターブ上げ下げすること、タンギング適用によるキレのよさの追及、最低音の音質向上など。最後は顎ビブラートの使い方の練習。ちょっと速めの曲なので、横隔膜ビブラートはかけにくいのですが、顎ビブラートではよりコントロールが効き、かつ音質も強弱の波が出てきれいに響きます。

タブレット内にはほかにも色々なカラオケ動画が収録されているので、今後自主的に取り組むよう申し合わせました。

初級

こちらのクラスも「小指の想い出」に挑戦中。複数名同時に音を出すとカラオケの音が聞こえなくなり、伴奏とメロディがずれまくるので、一人ひとりカラオケをよく聞きながらソロ演奏してもらいました。

その後、中級と同じく顎ビブラートをかける練習をしました。

次回目標曲を「Old Friend」に定めました。

[PR]
by chromclass | 2017-07-19 03:11 | お茶の水教室 | Comments(0)
霧の摩周湖、白い夜霧のブルース
中級

カラオケを使って「霧の摩周湖」を通した後、サビの部分をフェイクして吹く練習を集中して実施しました。前フェイクのコツが少しずつ掴めてきました。

初級

「白い夜霧のブルース」の難しい部分をそれぞれ練習した後、フェイクをかける練習に入りました。何度も練習しましたが、初級ですのでより簡単な曲に取り組むことにしました。「小指の想い出」のカラオケ用楽譜を配り、タブレットにカラオケ動画を配りました。この曲が簡単なので、クリアでき次第次々のカラオケ曲に取り組みたいと思います。



[PR]
by chromclass | 2017-07-04 23:48 | お茶の水教室 | Comments(0)
霧の摩周湖、白い夜霧のブルース
中級

「霧の摩周湖」に挑戦したいとのことで、早速練習開始。いろんな改良点が浮かびあがりました。同じ音が続くときのタンギング不足。画一的なビブラートの改良。サビの部分のフェイクの取り入れ方。無意識に行う舌打ちをやめること。課題山盛りで、改良点を試行錯誤しているうちに時間が来てしまいました。時期はカラオケを使うまで進みたいです。

初級

時間内に1曲だけでなく2曲を練習できないかとの要望が出たので、「白い夜霧のブルース」のソロ楽譜を配り、タブレットにmidi音源を配布して、聞きながら譜面を眺めてもらいました。模範演奏を利かせたりするうちに、知らない曲だったけれどだんだんよい曲に思えてきたとの声が出てきました。midi音源ではかなりゆっくりしたテンポなので安心して取り組み始めました。

残り10分ほどになり、2曲の練習だったと、これまで取り組んできた「暗い港のブルース」に切り替え、2ndパートは私が担当してみんなで1stパートを吹いてもらいました。2ndも今後練習してほしい旨告げて終わりとしました。

[PR]
by chromclass | 2017-06-07 00:38 | お茶の水教室 | Comments(0)
、暗い港のブルース
a0009196_14364085.jpg


真夏日です。教室に近づく道端のtる辻が満開です。






















中級

品実休講となりました。

初級

引き続き「暗い港のブルース」の練習です。Cadenza部分のタイミングの取り方、ビブラートのかけ方、トランペット的なアタックのかけ方などを喃語も練習しました。

一度ぜっみんで1stパートを斉奏した後、最初の3段位まで一人ずつソロを担当し、ほかの人は2ndパートでサポートする練習を残りの時間、他\たっぷり練習しました。Cadenzaから定テンポのメロディに入っていく感覚にだんだん慣れてきました。

次回は最後までソロと伴奏に分かれて通して演奏できるようになりたいです。

[PR]
by chromclass | 2017-05-23 15:00 | お茶の水教室 | Comments(0)
暗い港のブルース、暗い港のブルース
中級

「暗い港のブルース」のCadenza部分の吹き方、曲中のハンド・ビブラートのかけ方、曲の最後の横隔膜ビブラートのかけ方などについて、しっかり練習しました。2ndパートは私が担当して、1stパートに集中してもらいました。

初級

「暗い港のブルース」のCadenza部分の練習、メロディの練習をした痕、この曲の特徴であるソロ演奏に入るにあたり、ソリスト以外は2ndパートでオブリガートを担当しなければなりません。練習に入ると、数え方を間違えたり、休みでハーモニカを口から離してしまうため、すぐ次の部分で同じ穴で吹くのにまた穴を探したり、休みの長さを間違えたりといろんな症状が出ました。それぞれの攻略法を丁寧に説明して、最初の1コーラスぐらいは何とか合奏でこなせるようになりました。次回、その先まで進みたいと思います。

[PR]
by chromclass | 2017-05-09 15:12 | お茶の水教室 | Comments(0)
暗い港のブルース、霧の摩周湖
中級

前回に引き続き「暗い港のブルース」の練習。アタックのかけ方、ビブラートを耳でコントロールすること、cadenzaの間合いの取り方などに注意しながら、二重奏での掛け合いも楽しみました。

初級

「霧の摩周湖」を一人ずつカラオケ伴奏で披露しても対、それぞれの課題を指摘していきました。カラオケの速さにまだ慣れていなくて、途中でずれてしまったり、音の大きさが足りなくて息が苦しいとか、スイングの解釈不足とか、スライド操作で3連符が流れてしまうとかいろいろな課題が出ました。

何度も繰り返したので、新しい曲に挑戦したいか聞いたところイエスとのこと。そこで。「暗い港のブルース」の楽譜を配り、YouTubeの参考演奏を利かせ、お手本にすべきことを伝えました。局の良さには皆が納得。練習にも身が入ることでしょう。

[PR]
by chromclass | 2017-04-19 00:36 | お茶の水教室 | Comments(0)