<   2004年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧
ハーモニカの導くままに
a0009196_93721.gifついにとある町に着きました。ハーモニカの輝きはいよいよ増して、目的地が近いことを告げるかのようです。
[PR]
by chromclass | 2004-03-31 09:38 | Design Club | Comments(0)
ファの音はなぜ低いのか
Hohner製の10 holes diatonic harmonicaを買ってくると、ファの音が極端に低く、前からどうしてなのかなという疑問が解けませんでした。

本日

http://www.ne.jp/asahi/mariko/takanashi/masa/books/bookframe.html

に次のような記述を見つけました。

=====================
 なお、完全純正律では、たとえば属7の和音の第7音に、自然7度の音を使うのが本来のすがたで、こうするとこれらの和音の不協和性が緩和されて協和音に近くなるという考え方があります。しかし、この場合の自然7度の音程は、12等分平均律の短7度にくらべて31セントも低いので、現代の聴衆に違和感を与えるという側面もありますから使用に際しては慎重を要します。純正律音階の短7度音を使うという方法の方が実際的なことも多々あるでしょう。自然7度音は、完全純正律の音階構成音には含められていませんが、本シリーズ[2]で述べられている方法で、使うことはもちろん可能です。なお、自然9度は、204セントの長2度をオクターブ上げた音なので特別扱いの必要はありせん。
=====================

確かにG7の和音を作るにはよいのかも知れませんが、メロディでファがどうも下がりすぎていておかしいのです。

日本製のハーモニカではメロディが重視されているようで、このような下がりすぎという感覚はありません。

漠然と、ヨーロッパの人達のファの音って、これを自然に感じるのだろうかって思っていたのですが、そうでもないようです。

しかし、Hohner社は頑固で、単音ダイアトニックも複音ダイアトニックもしっかりファを低くして作ってある。トレモロ・ハーモニカ・クラブのために複音ダイアトニック・ハーモニカの練習をしているのですが、まあ、その背景だけはわかりました。

a0009196_155352.gif

[PR]
by chromclass | 2004-03-30 15:52 | Diatonic Club | Comments(2)
見ざる吹きざる聞かざる
a0009196_12322.gif一匹だけ変なのが混じってる・・・・・・


[PR]
by chromclass | 2004-03-30 01:24 | Animation Club | Comments(0)
Peg O' My Heart
a0009196_91823.gifコード・ハーモニカの名編曲に「私のペギー」(Peg O' My Heart)があります。私も挑戦中なのですが、1週間に1度の練習タイムでは記憶に残らず、毎回、また最初から練習しているようなものです。まとまった時間を確保して、暗譜できるくらい練習に没頭したいものです。

初期の頃は、位置がピタリと決まらないために何をやっているかわからないような音しか出ませんでしたが、最近はようやくメロディが聞き取れるかなといった感じが出てきました。そう言えば、今日が練習日なのですね。合奏メンバーが集まらない前の時間が練習タイムです。がんばろう。

ハーモニカ・ラスカルズのビデオを見ていますと、この曲を数人のコード奏者が一緒に演奏する場面が出てきます。アメリカのハーモニカ全盛期はすごかったんだなあと感心します。
[PR]
by chromclass | 2004-03-29 09:19 | Animation Club | Comments(0)
re:哀愁のエルサレム
ようやく採譜、編曲し終わりました。いやー、ラリー・アドラーのこの曲は何度聴いてもすばらしい。少しでもこの演奏に迫りたい。

サンプル


MIDIサンプルの方は、ホント、サンプルっていう程度ですね。

a0009196_9252.gif

[PR]
by chromclass | 2004-03-29 01:23 | 編曲、採譜 | Comments(0)
William Galison
a0009196_111034.jpg"WAKING UP WITH YOU" WILLIAM GALISON を今日で2回ばかり聴いた。雰囲気のある演奏であり、Tootsほど難しくない演奏なので、雰囲気を学ぶにはいいかもしれない。時々、彼のアドリブにからめてこちらもアドリブを絡めてみると、なんとなく同じような音になる。これは、別に他の人のときでも同じなのだが、振り返ってみれば自分なりの音がまだ確立されていないので、他の人のを聴くとすぐそれにつられてしまうということでもある。未熟さの証明!

しかし、やはりGalisonはいいなあ。

収録曲は、

1.Waking Up With You
2.Willy's Tune
3.Breezin
4.You've Got A Friend
5.Sad But True
6.I'll Be There
[PR]
by chromclass | 2004-03-27 18:46 | 鑑賞 | Comments(0)
制作環境
ウェブ・サイト制作環境として98マシンとXPマシンの両方があり、私は主に98マシンの方を使っているのだけれど、いまさらながらOSのメモリ管理の違いに悩まされている。98ではホームページ・ビルダーと楽譜ソフトを乗せると、メモリがぎりぎりまで使われてしまって、もう一つIEやWORDを乗せると動かなくなってしまうのである。
先日、メモリを128MBから256MBに増やしてみたのだが、確かにすぐフリーズすることはなくなったものの、残りのワークスペースでやっと動いているらしく、何をやってもすごく時間がかかる。
その点、XPの方はAPをいくら乗せてもさくさく動いてくれ、とても心強い。OSの作りでこんなに違うかと再認識するとともにマイクロソフトがWindows2000をがんばって作ったことに拍手したい。もし作っていなかったら今頃個人ユーザの不満が爆発していたことだろう。
両方あるならXPの方を使えばいいのだけれど、楽譜ソフトで作った楽譜をホームページ・ビルダーのコピペしようとすると、98とXPで結果が違うのである。XPでは線が細くなってしまい、拡大するとかすれたまま拡大される。残念ながら使えないのである。なくなく98にメモリを追加して使い続けているのだが、物理メモリを増やしても仮想メモリ空間の方は変わらないので、そちらが限界になっているとほとんど改善されないのである。雑誌に書いてあったことがそのとおりの実体験だったので、悲しい。
しかも、本日iPodを購入したのだが、98は対応していないという。制作環境も問題だが、手元で使えるXPノートがほしくなってしまった。
[PR]
by chromclass | 2004-03-27 17:38 | PC | Comments(0)
五月蝿い
a0009196_145536.gif五月の蝿は本当にうるさいもの。でも、蛙さんにとってはよいエサです。
[PR]
by chromclass | 2004-03-27 14:56 | Animation Club | Comments(0)
スィミング・ベース
a0009196_203549.gifウォーキング・ベースならぬスィミング・ベースだって。

時々覗く歯がすごいねー。


[PR]
by chromclass | 2004-03-26 20:36 | Animation Club | Comments(0)
ハーモニカの導くままに
a0009196_144841.gif空に輝く金のハーモニカ、

導かれるままに駱駝の3人は進んでいきました。
[PR]
by chromclass | 2004-03-26 14:49 | Design Club | Comments(0)