<   2004年 04月 ( 47 )   > この月の画像一覧
"That's What Friends Are For"
a0009196_91724.jpg1987年の制作。

古いLPで知っていたクロード・ガーデンさんの久々のCDでとても感激したものでした。8.と9.がクロードさんの作曲です。

ジャケットの裏写真に彼の名前入りのシルバー・コンチェルトを吹いている写真が載っていますが、このCDがそれで演奏されたものかどうかはわかりません。

この頃はカセット・テープも出されていて、1993年頃のハーモニカ・フォーラムのパーティで彼の曲を練習していると告げたところ1本くださり、その後開かれた講習会に2回参加しました。

この中では、フォーレの「Pavane」のポピュラー・アレンジがとても好きです。

収録曲は、

1.Here Comes The Wind
2.In This Game Of Love
3.Sunset
4.Pavane
5.Stevie
6.That's What Friends Are For
7.Living For The City
8.Casamara
9.Stani's Waltz

です。
[PR]
by chromclass | 2004-04-30 09:18 | 鑑賞 | Comments(0)
唇疲れた
a0009196_195154.gifしばらく練習をさぼってからハーモニカを吹くと、唇の筋肉が衰えているためかメロメロになってしまいます。そうなるとちっとも音が決まらず、さぼったことに反省しきりです。


[PR]
by chromclass | 2004-04-29 19:52 | Animation Club | Comments(0)
Melodies
a0009196_10596.jpg1995年世界ハーモニカ大会in横浜向けに日本の曲の楽譜を送って作られたCD。ジャケットの小冊子は分厚く、山本直純さんの解説と曲目解説が詳しく書かれています。「春の海」なんか、とても素晴らしいです。

1993年位にポール・モーリア楽団と共に来日して以来、日本との関わりが深くなり、ほぼ毎年来日してくれるようになりました。Heringのクロマチックをたくさん持参してきて日本に紹介してくれました。このCDの頃はHeringを使っていたかもしれません。筆者も16穴の木製ボfディのものを2本購入しています。

また、講習会も開いてくれ、筆者が横隔膜ビブラートを教えてもらったのもこの頃でした。

収録曲は、

1.TAMBOURIN - GOSSEC
2.RONDE - DESPORTES
3.MENUET - W. A. MOZART
4.SCHON ROSMARIN - KREISLER
5.春の海 - 宮城道雄
6.ちんちん千鳥 - 近衛秀麿
7.城ヶ島の雨 - 梁田貞
8.出船 - 杉山長谷夫
9.赤とんぼ - 山田耕筰
10.南部牛追唄 - 日本民謡
11.HUMORESQUE - DOVORAK
12.LA MADITATION DE THAIS - MASSNET
13.別れの曲 - CHOPIN
14.VOCALISE - RACHMANINOFF

です。
[PR]
by chromclass | 2004-04-29 11:00 | 鑑賞 | Comments(0)
吹きそうで吹かない
a0009196_02436.gifハーモニカは躊躇しないでどんどん吹くのが上達の早道。


[PR]
by chromclass | 2004-04-29 00:25 | Animation Club | Comments(0)
THE HARMONICA MAGIC OF LEO DIAMOND
a0009196_12157.jpg2、4、5、6、7、8、9、10レオ・ダイアモンド自身の作曲になるそうです。

収録曲

1.LISBON
2.OFF-SHORE
3.RED SAILS IN THE SUNSET
4.HORIZON
5.BE WAITING FOR ME
6.CASINO
7.DOCK DANCE
8.LOLA
9.HOLD ON TO YOUR DREAMS
10.TIJUANA BORDER
11.THE HIGH AND THE MIGHTY
12.WATERFALL

ジャケットの曲順と盤の内容の順番が一致していない混乱させられるアルバムです。1955年の著作権表示がされています。

地中海組曲に6、7が含まれているらしい。
自作が多いと意味では、彼自身のもっとも表現したいアルバムなのかもしれません。例の独特の音色が聞きものです。
[PR]
by chromclass | 2004-04-27 01:22 | 鑑賞 | Comments(0)
The Amoebers
a0009196_91735.gifNo. 5は、クロマチック・ハーモニカ担当です。トリルが好きでいつもレバーを動かしています。

以上5名のアンサンブル編成です。どうぞよろしくお願いします。


[PR]
by chromclass | 2004-04-26 09:18 | Animation Club | Comments(0)
THE LOVE SONG OF TOM JONES
a0009196_1540.jpg映画音楽特集です。

ほとんど、2nd partのクロマチックが加わっているのですが、多重録音によるものか別の奏者が加わっているのか述べられていません。2ndは、ハンド・カバーを多用しているので、別の奏者と考えられますが、はっきりしません。

この辺りの曲はあまり採譜して演奏してやろうという気がしません。実際やってみると難しいのでしょうが。そういう意味ではマンネリ気味の一枚といえるかもしれません。

収録曲は、

1.SEVEN DAYS IN MAY
2.THE CARDINAL
3.THEME FROM "THE PRIZE"
4.CHARADE
5.ANTONY AND CLEOPATRA THEME
6.THE LOVE SONG OF TOM JONES
7.THE PINK PANTHER THEME
8.THEME FROM THE VICTORS
9.WIVES AND LOVERS
10.LOVE WITH THE PROPER STRASNGER
11.IT'S A MAD, MAD, MAD, MAD WORLD
12.THEME FROM LAWRENCE OF ARABIA

です。
[PR]
by chromclass | 2004-04-25 01:55 | 鑑賞 | Comments(0)
The Amoebas
a0009196_92026.gifNo. 4 は2ndのトレモロ・ハーモニカ担当です。お見知りおきを。


[PR]
by chromclass | 2004-04-23 09:21 | Animation Club | Comments(0)
Larry Adler from Gershwin to "Le Grisbi"
a0009196_231734.jpg前半(A面)がGershwin、後半がヨーロッパ系の映画音楽になっています。これらのシングル盤もあるようです。
GENEVIEVEは、Adlerの作曲になる曲で、良くあるGENEVIEVE WALTZではなく、スロー・バラードの曲です。LE GRISBIは映画「現金に手を出すな」の主題歌で、Adlerがグランプリを獲得した演奏です。

収録曲

1.IT AIN'T NECESSARILY SO
2.YOU IS MY WOMAN NOW
3.PRELUDE NO. 2
4.SOMEONE TO WATCH OVER ME
5.LE GRISBI
6.MY HEART IS A VIOLIN
7.GENEVIEVE
8.PAM-POU-DE
[PR]
by chromclass | 2004-04-22 23:18 | 鑑賞 | Comments(2)
The Amoebas
a0009196_105638.gifNo. 3はコード・ハーモニカ担当です。
よろしくお願いします。


[PR]
by chromclass | 2004-04-22 10:57 | Animation Club | Comments(0)