<   2005年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧
ニュー九輪アップ・アンサンブル祝賀会
昨日は今年度日本ハーモニカ賞を受賞した「ニュー九輪アップ・アンサンブル」の受賞記念祝賀会でした。クロマチック2本、トンボのダブルバス1本、バス1本、コード1本という5人編成のアンサンブルで10数年のキャリアがあるグループです。途中、メンバー交代などもありましたが、よく続いています。

この手の祝賀会のよいところは、これをネタによそのグループも演奏機会を持てることです。ただし、出演順に大きな意味があります。お酒が出るパーティですので、出番が最後の方だとずっと飲まないで待機していなければならないのです。それで、出番が最初の方だとラッキーって感じになります。

主役の「ニュー九輪アップ・アンサンブル」は最初に演奏、しかし最後にも出番が設けられているので、そうそうハメを外すわけにもいきません。ある意味、お気の毒。

私達はThe Herbs、ハーモニック・オムニバスと続けて演奏したあと、十分飲み食いする時間がありました。料理が多くて食べきれないほど。皆さんの演奏を聞きながらリラックスできました。

さて、本当の最後の演奏は森本先生の複音ソロでした。いつものごとくユーモアあふれる挨拶と素敵な演奏、そしてアンコールにも応えられました。

終わった後森本先生と雑談を交わしました。最近、NHKのBSで寅さんシリーズの予告編をやっていますが、ときどき森本先生のクロマチックが流れることを話題にしました。録音の様子を語ってくれましたが、映画ができてから、シーンの場面を見ながら演奏するのだそうです。指揮者はいるのです。シーンの初めと終わりが演奏と一致しないと何度でもやり直すので、もう、録音は一日がかりで大変だったということでした。現在はデジタルの時代なので、音程を変えないまま演奏時間を延ばしたり縮めたりできるし、間違った部分だけ入れ替えたりできると思うのですが、アナログ時代はそうもいかなかったのでしょう。

小椋佳の伴奏の話も出て、「さらば青春は僕吹いたんだよ。」ととてもうれしそうにおっしゃいます。もちろん承知しておりまして、ハミングバード時代、小椋佳を歌うなどで、何度も使わせていただいています。
[PR]
by chromclass | 2005-07-31 23:17 | 会合 | Comments(0)
そういえば
http://spaces.msn.com/members/harmonica/PersonalSpace/

>ロンドンで起きてしまった爆発事件。

無事でなによりでした。

私もイスラエル出張中に爆発事件があり、肝を冷やしました。そういえば、その後、会社関係の海外出張はまったくありません。静かに定年を待つ身です。でも自費では昨年2回も行きました。ハーモニカのおかげです。
[PR]
by chromclass | 2005-07-28 11:34 | | Comments(0)
スケール練習
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/harmonica1/diary/200507260000/

>あと、スケール練習を始めた、が、なにを手がかりににするのか、分からない・・・譜面、穴位置、ドレミ名?
>譜面をどう読んでいけばよいのか、どうしよう。

まずはインターネットで楽譜もあり、音も聞ける基礎編3.1の課題をハ長調からこなしていくのがいいと思いますね。

忠実にこなそうとするだけでも、初心者は大混乱に陥ります。「たかがハ長調の音階ぐらい」という意識があるにもかかわらず、やってみるとできない。ここでジレンマに陥るのでしょうね。ましてやト長調やヘ長調では実際大変なんです。

でも、ハ長調で感じをつかんでしまえばあとは要領がわかっているので、ボタン操作と吹き吸いの同期が課題になっていきます。これも何度も何度もあきもせずにやり続けるのが楽器奏者の宿命なのです。
[PR]
by chromclass | 2005-07-27 09:25 | 練習 | Comments(0)
Guitar and Strings... and Things
a0009196_0281260.jpg
Toots Thielemans and His Orchestra

ハズレというべきか、逆の見方をすれば珍しい一枚でアタリというべきか。
全編Tootsのギターをメインにしたアルバムで、ハーモニカは一度も出てきませんでした。ギターに3人の女性ボーカルがからみフルートやストリングのバックでとても新鮮な音に仕上がっているのだそうです。

確かにポピュラーな曲がわかりやすく演奏されており、聞きやすい一枚とは言えるでしょう。でも、こんな中で一曲でもハーモニカが入っていればとてもよかっただろうに。

収録曲は、

1.THE CONTINENTAL
2.AUTUMN LEAVES
3.I WONDER WHY
4.SUNNY
5.A MAN AND A WOMAN
6.QUARTER TO FIVE
7.I GOT PLENTY O' NUTTIN'
8.WAVE
9.STUCK UP
10.THOROUGHLY MODERN MILLIE
11.WHAT KIND OF FOOL AM I?
12.SO WHAT'S NEW?

です。
[PR]
by chromclass | 2005-07-27 00:38 | 鑑賞 | Comments(0)
なぜだろう
昨夜は無線LANの調子が悪くて、何度再起動してもインターネットに繋がらず、最後はあきらめて電源を切りました。

で、今夜は台風の中を帰ってきて再インストールするつもりでいたところ、何の支障もなくスッと繋がってしまいました。おかげで時間は大助かり。

台風の方はというと、拍子抜けするくらい。ダンスのレッスンを受けると帰れなくなるかもしれない、でも受けたいという葛藤の中、結局受けたのですが、その間に鴨川に上陸してすぐ抜けて行ったったようで、傘も差さなくてよいくらい。雲の動きは早かったですが。近くの川もちっとも増水していません。今日は会社を早引け可能だったのですが、明日は笑い声で一杯になっていることでしょう。

問題は、駅の新聞売り場が全部早仕舞いしていたために、夕刊紙が買えなかったことでした。空いた電車に座って、Sigmund GrovenさんをiPodで聞きながら帰ってきました。
[PR]
by chromclass | 2005-07-27 00:25 | PC | Comments(0)
スキン変更
不完全ながら、写真を変更してみました。オリジナルではもっと空が広いのですが、複数枚の写真からできていて面倒そうなので、そのままにしてあります。冷たい場所の雰囲気を味わってみてください。
[PR]
by chromclass | 2005-07-25 14:47 | PC | Comments(0)
懇親会
もんなか・もんじゃオーケストラは最近新しい人がどんどん入ってきます。で、誰が誰なのかさっぱりわかならい情況に陥っていましたので、昨夜は懇親会が行われました。そこでまたたくさんの人達と知り合うことができました。

このオケを知ったきっかけを訊ねますと、ほとんどが「ネットで検索しました。」でした。かくゆう私もそうでしたが。

で、なぜ入部したかを訊ねますと、「名前が面白かったから。」「いろんな楽器があるので面白いと思った。」というようなものでしたが、中には、「ここならフルートを受け入れてくれるから。」というものがありました。ん?だったのでさらに訊ねると、「大抵、定員を満たしているから断られるんです。」だと。やさしいもんオケでは、おかげでフルートは現在6本ですぜ。

ハーモニカは相変わらず1本で、ソロ楽器の位置を保っていられます。で、新しい人はクロマチック・ハーモニカなんて知らないのですね。「クロマチックって何ですか。」という問い。そりゃそうだ、他の楽器はクロマチックが出せるのが当たり前で、半音の出ない楽器なんて想像もできないのでしょう。「ハーモニカって、小学校のとき吹きました。」とか、「夫がギターと一緒にホルダーで吹いています。」ってのもありましたね。バッグからすぐ取り出せるので披露しますと、皆さん初めて見るので驚いていますね。1穴4音出て4オクターブ出せるというと、そんな広い音域の楽器はオーケストラにはないのでびっくりしています。レバーを見るのも初めて。しばし、説明に酔いしれるのでした。

「いろんな楽器が聞けるので面白い。」という評も。ハーモニカもその中に入っていますが、二胡、ファゴット、ユーフォニュウム、オーボエ、などが珍しい楽器でしょうかね。
[PR]
by chromclass | 2005-07-25 13:56 | 練習 | Comments(0)
MISS PEGGY LEE SOMETHING' GROOVY
a0009196_10372171.jpg
PEGGY LEE, TOOTS THIELEMANS

ペギー・リーは幸せな歌を歌うときは幸せ、悲しい歌を歌うときは悲しい、かわいいときはかわいい・・・。彼女は自然なだけだ。他の人が感じ取れない微妙な感じを自然に感じ取る。
トゥーツは口笛と一緒にギターを弾く、また不可能と思えるような感情を込めてハーモニカを吹く。
ペギーがトゥーツの演奏を聴き、マネージャーに一緒に演奏できないか聞き、別のレコード会社であったがトゥーツに持ちかけたところ、ペギーのファンであったトゥーツが興味を示し、ついにこのアルバムができた。

トゥーツは口笛、ギター、ハーモニカで参加しています。

収録曲は

1.SOMTHIN' STUPID
2.MAKIN' WHOOPEE!
3.YOU MUST HAVE BEEN A BEAUTIFUL BABY
4.I CAN HEART THE MUSIC
5.IT MIGHT AS WELL BE SPRING
6.TWO FOR THE ROAD
7.RELEASE ME
8.SING A RAINBOW
9.NO FOOL LIKE AN OLD FOOL
10.LOVE IS HERE TO STAY
11.I'M GONNA GET IT

です。

最初、ハーモニカが少ないのでちょっと参加しただけかとおもいましたが、口笛もあればギターもあるで全部に参加しているのですね。素晴らしいアルバムだと思います。VHSでも二人の組み合わせを見ました。多分、2.だったのでhないかと思いましたが別の曲だったかもしれません。
[PR]
by chromclass | 2005-07-24 11:00 | 鑑賞 | Comments(0)
TOOTS THIELEMANS LIVE
a0009196_2023330.jpg
TOOTS THIELEMANS

1974年4月4日のライブ録音です。

ディジタル化するとき曲ごとにファイルを分けるのですが、ライブだと拍手の中で次の曲が始まるので、区切りのタイミングが難しいです。

内容は他のアルバムにも含まれているものが多いので、あまり目新しさは感じられません。でもいくつかは初めて聴いたものもあります。

収録曲は

1.There Is No Greater Love
2.Blue Lady
3.That Misty Red Animal
4.Waltz For Sonny
5.Curta Metragem
6.Dirty Old Man
7.The Summer of '42
8.Bluesette
9.Nice To Be Around
10.You Are My Blues Machine
11.C to G Jam Blues

です。
[PR]
by chromclass | 2005-07-23 20:39 | 鑑賞 | Comments(0)
震度4
先ほどの地震は中々大きかったです。縦揺れの後、ユッサ、ユッサと横揺れが始まり、同時に戸棚から楽譜やハーモニカが飛び出してきました。震度5かと思ったもののTVでは震度4。しかし、震源地はほんのちょっと離れたところ。足立区で震度5+だそうで、震源に近いから揺れが大きいというものでもないらしい。

他にも点検したところ、CDがバラバラに落っこちていた、ウィスキーの瓶が落ちて中身がこぼれてしまった(面白い人の顔の瓶なので20年以上開けたことがなかったのにー)、などいくつかありましたが、揺れの割には結果的にはそれほどひどくなかった様子です。まずは、よかった。
[PR]
by chromclass | 2005-07-23 17:36 | Comments(1)