<   2005年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧
オープン・ステージ
a0009196_17363682.jpg
下で紹介したページで見つけました。オープン・ステージの一コマです。

実はカフェテリアでの今大会のオープン・ステージ第1号は私だったのです。MDの伴奏は持って言ったけれど、MDプレイヤーが用意されていなくて、やむを得ずiPodを繋げて演奏しました。モニタがなかったので、スピーカーに近づいて伴奏を聞きながらコンテストの曲「Stardust」を演奏しています。練習になりましたね。

最初なもので会場からは盛んにフラッシュがたかれていました。

その後、他の人たちも続々登場してガラ・コンサートが始まるまでの時間、楽しく過ごせました。
[PR]
by chromclass | 2005-11-30 17:42 | | Comments(0)
世界大会の写真
ここで見ることができます。

http://www.imagestation.com/member/?name=whf-2005

また、ここでは色んなサイトのアルバムへのリンクがあります。そのうちAJHFのも載るかな。送っておきました。

http://www.whf-2005.de/mcms.php?_oid=8309f56-9731-42f3-d9ce-95ab499475b91
[PR]
by chromclass | 2005-11-30 17:26 | | Comments(0)
室内コンサート(3)
a0009196_14583326.jpg
最後は和谷さん。
あまり細かな音符の曲ではなく、スローなバラードっぽい曲を演奏された。時には客席の中にまで入り込んでの演奏。久し振りの訪問で感極まっている様子でしたね。

私の前の席の老婦人が涙ぐんでおりました。その話をしたら、留学中のN.M.さんも、ガーデンの思い出の曲だったのでやっぱり涙が出たとか。そうか。私の感受性が落ちているのかな。

a0009196_1545550.jpg
さて、帰り際Hotshotsの皆さんと記念写真。また、別の方が方角がわからないというので、しゃべりながらコンサート・ホールに帰り着きました。初めての土地で道案内!しかし狭い町なのでわかってしまえば簡単なのでした。何をしゃべったのだったか、わすれてしまいましたが、iPodの中のハーモニカの曲を聞かせようとしたら、電池が切れてしまいました。練習にも使ったのは確かだけど、元々電池容量が少なく、蓄電能力も衰えつつあるので残念でした。

何しろここは北に位置しているので夕闇が迫り、夕焼けもいい感じでした。
[PR]
by chromclass | 2005-11-29 15:12 | | Comments(1)
安宅の関
昨夜のNHK総合TVの義経、「安宅の関」はよかった。

場所が郷里の石川県にあるので、なじみがあること、小学校5年生の学芸会で私たちがこれを演じ、私が背の高さもあって弁慶役であったこと、勧進帳を暗誦した文句が少しばかりよみがえったことなどいろいろ興味深かったです。歌舞伎で取り上げられるのもなるほどいい筋書きなのですね。

その後の富樫左衛門は源頼朝からどんな仕打ちを受けたのか、また受けなかったのかが気になります。どこか検索してみたいと思います。
[PR]
by chromclass | 2005-11-28 17:44 | 雑感 | Comments(2)
室内コンサート(2)
a0009196_96233.jpg
室内コンサート第2弾は、香港キングス・ハーモニカ・クインテットです。すでに厚木大会、香港大会で聞いておりますが、香港の作曲者による現代音楽風の曲を色んなハーモニカ5本で演奏します。それぞれのパートはそれなりに大変だと思いますが、1stと2ndメロディはとても難しいフレーズの連続で、相当な実力者でないと務まりません。長い間のアンサンブルの積み重ねなのでしょう。

ヨーロッパでは初のお披露目なので、ヨーロッパの人の感想を聞いてみたいものです。
[PR]
by chromclass | 2005-11-28 09:14 | | Comments(0)
室内コンサート(1)
11月5日のコンテストが終わった後、T.H.さんのスイスのお友達と一緒にドイツ料理を出すレストランで昼食。楽しいひとときでした。17世紀に建ったおうちに住んでいるとかで、家の庭から持ってきたというりんごをいただきました。夕食時に食べたら、素朴な昔ながらのりんごの味がして、とってもおいしかったのでした。

a0009196_1165968.jpg
それはさておき、彼らと別れてMartine-Luther-Kirchという教会で行われる室内コンサート会場に向かいました。日本語読みだと、マルチン・ルター教会ですな。あの宗教改革者の名前ですね。どんなゆかりがあるのかは不明です。

長い行列ができていましたが、それは当日券を必要とする人達で、通しのパスを持っている人はすぐは入れました。

a0009196_19332.jpg
最初の奏者はUlrich Müller-Froßという現代音楽をクロマチックで吹く奏者でした。CDなど出ているかどうかは知りませんが、売店ではみかけませんでした。クロマチックも現代音楽風でクラシックともジャズとも違った味わいがありました。それにも増して、ピアノが鍵盤だけでなく、写真でみるように弦を直接引っ掻いたり叩いたりして音を出すシーンが数箇所見られました。面白かったです。

あれ、ドイツ語で流暢に司会をしている方は竹内さんなのでした。
[PR]
by chromclass | 2005-11-25 01:14 | | Comments(0)
ユニシス アフターセブン・コンサート
11月25日(金) 18:20開演
於豊洲文化センター
入場料500円、ワイン付き

もんなかもんじゃオーケストラが出演します。

詳しくは

http://after7concert.at.infoseek.co.jp
[PR]
by chromclass | 2005-11-25 00:56 | 演奏会 | Comments(1)
竹内さん
a0009196_20553776.jpg
11月3日のガラ・コンサートは「Ladies Night」でした。トップ・バッターとして竹内直子さんが登場。実は日本で彼女の演奏会に出かけたことがないので大いに期待しました。結果は、素晴らしかったですねえー。演奏技術は満点。それにも増して感心したのは舞台上の態度です。堂々としていて、司会者との受け答え、しぐさもとても素晴らしかった。大演奏家の風格がありましたね。

和谷先生とのデュエットで「Toledo」を演奏しましたが、二人の音質を比較できて面白かったです。二人ともハンド・カバーですが、和谷先生の方が強くかかり、私としてはより穏やかな竹内さんの方を好ましく感じました。(なお、最近とみにハンド・カバーが嫌いになってきた私自身の偏向があることを述べておきます。そういう意味ではフランス・チームと似通った傾向になってきています。)

彼女、ジャズ部門の審査員は務めるは、チェンバー・コンサートの司会を務めるは、今大会での活躍は目覚しいものがありました。久し振りに第2の故郷に帰った気分なのでしょうか、とても伸び伸びと活躍していたように思います。
[PR]
by chromclass | 2005-11-23 21:06 | | Comments(0)
Hohnerklang
a0009196_2544638.jpg
11/3の開会式の後は、Hohner社のバンド演奏です。

左半分がハーモニカで、右半分がアコーディオン、他にもキーボードやベースやパーカッションがいます。

最初、ハーモニカの音が小さいなと感じましたがそのうちPAが聞いてきたのかバランスがよくなってきました。


a0009196_321565.jpg
ときどきソロが入ります。Kathrin Gassさんは楽譜集も出版している方です。Harmonikamentoの一員として日本にも来たことがあります。

ハーモニカの人は全員ハンド・カバー奏法でビブラートをかけており、それをみたフランス・チームから、昔のやり方をしているねと声が上がったとか。それぞれのお国柄なのでしょう。わが国ではどうでしょうかね。ノービブラートで通すバンドもいましたが。
[PR]
by chromclass | 2005-11-23 03:07 | | Comments(0)
メイン会場
a0009196_954881.jpg
トロッシンゲンで困ったことは、会場が分散していることです。しかもそれぞれが歩いて10分以上かかります。ここはメイン会場のコンサート・ホールです。開会式、ガラ・コンサート、ワークショップ、オープン・ステージ、閉会式が行われました。カフェテリアもこの中にあり、CDの売店も作られました。

コンテストはすべて別の場所で行われますので、歩いて移動しなければなりません。天気は概ねよく、また気温も例年に比べて暖かいので普通のジャケットで十分歩き回ることができました。黄葉も始まったばかりで落ち葉はたいしたことありません。

この不便さは毎回話題になるらしく、他の都市で実施することも検討されたことはあるらしいのですが、機材を運ぶ必要があるなどの事情でやはりここで実施されたとのことです。次回は2009年大会となりますが、バーデン・バーデンなど別の都市で開かれるとまた出かけたくなるでしょう。さて、どうなるか。

到着した11月2日には、レジストレーションを済ませて、自分のコンテスト会場を探しに散策にでかけ、大まかな地理を把握した上でガラ・コンサートに参加しました。第1夜は「Hohner Klang」で、地元トロッシンゲンのバンドの演奏会です。終了してホールを出ると食事が用意されており、ブルースの演奏をバックに腹ごなしができました。いろいろな人とめぐり合えたのもここです。昨年オーストリアでお世話になったブッヒンジャーさんとも再会しました。食事は前回よりはずっと改良されたと帰国してから教えてもらいました。

などといっているうちに実はブルース演奏の後、Hot Shotsのお二人の演奏があったのですが、見逃してしまいました。彼らとはカフェテリアで話をしましたが、途中、彼らの演奏に感銘を受けたのでしょう、商談が舞い込んできてノルウェーだかフィンランドだかに出演する話がまとまったようでした。
[PR]
by chromclass | 2005-11-22 09:28 | | Comments(0)