<   2006年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧
DVDからの音源(2)
アフターセブン・コンサートで演奏した2曲目です。

月の砂漠

最初と最後を間違えちゃってます。ライブ録りですので恥ずかしながら。
[PR]
by chromclass | 2006-01-30 23:37 | 鑑賞 | Comments(11)
シンシナティ・キッド
さっき見てたBS2の映画、「シンシナティ・キッド」、途中から見ただけですが、ラスト・シーン近くでクロマチック・ハーモニカが流れました。やっぱり、西部劇にはハーモニカが合います。
[PR]
by chromclass | 2006-01-30 22:27 | 鑑賞 | Comments(0)
たゆたふ時間2


昨年行われたミュージカル小劇の第2弾が開催されます。





より拡大されたイメージは、こちらを直接ご覧下さい。


http://ajhf0.at.infoseek.co.jp/jcoevent.htm
[PR]
by chromclass | 2006-01-30 11:26 | 演奏会 | Comments(5)
もんオケ
昨日の練習日に2人入団しそうな女性がやってきました。一人はバイオリン、一人はフルート。しかもフルートは我がハモソの後輩です。今や私を含めてW大ハモソ出身者は5人になりました。構成メンバーの1割を超えています。大変な勢力といえるでしょう。ただ、ハーモニカは私一人(クロマチック・ハーモニカはソロ楽器として使うべきだと学生時代に思っていた私には、好都合)。

入団の動機など聞いていると、やはり学生時代にバンドにいた人は卒業しても何らかの形でバンドに参加したいと思っているんだということです。もんオケとハモソはポピュラー系音楽ということで違和感なく溶け込めるのがいいと思います。

でもそれだけではなくて、やはり団員の勧誘があって入団してくるケースが多いです。別の大学のハモソ出身者は今もっていませんから。
[PR]
by chromclass | 2006-01-30 00:31 | 雑感 | Comments(0)
さらば青春
今横のTV(NHK総合)でさだまさしさんと小椋佳さんが出演して、小椋さんが「さらば青春」を歌いました。聞いていると、オリジナル同様、クロマチック・ハーモニカがバックで流れます。オリジナルはM先生が吹いており、あの独特のビブラートがとても素晴らしく、私達もSHYで「小椋佳を歌う」で取り上げています。しかし、今回は別の人が吹いていて、あの素晴らしいビブラートを出せていません。まあ、個性といえば個性なんでしょうが。私はM先生のクロマチックの音色は世界のどこに出しても恥ずかしくない音であると思っております。M先生ももう高齢でいらっしゃるので、こういう出番で聞くことが出来ないのが残念です。

その後、「愛燦燦」でもハーモニカが吹かれました。上と同じことが言えます。
[PR]
by chromclass | 2006-01-28 19:50 | 鑑賞 | Comments(8)
ミニ・ハーモニカ
a0009196_1114632.jpg
生前、クロード・ガーデンさんが来日したときに売り出されたサイン入り4穴ミニ・ハーモニカ。例のとおり、ハーモニック・オムニバスの練習場に在庫していました。今となってはレア・アイテムです。まだいくつかありますので、希望の方には差し上げます。ただし、お目にかかったときに。
[PR]
by chromclass | 2006-01-28 01:15 | 収集 | Comments(4)
SUZUKI LEGHORN
a0009196_065878.jpg
ハーモニック・オムニバスの練習場からの在庫品に混じって、Leghornが1本ありました.
SUZUKIの初期の12穴クロマチックです。今は販売されていないようです。CHROMATIXシリーズで12穴、14穴、16穴が出されています。
[PR]
by chromclass | 2006-01-27 00:10 | 収集 | Comments(0)
右手中指
時々痛みを感じていることに気づくことがあります。なんでかなあと考えてみました。どうもブラインド・タッチができない私は、Enterキーを中指で押すことが多いようです。それ入力するぞと若干の気合が入っているので、普通のキーを押すのと違って勢いを付けて叩いているようです。腱鞘炎というほどではないですがほんのちょっとの痛みを覚えるといったところです。気が付いてからは別の指でEnterキーを押したり力を入れないでそっと押したりしています。
[PR]
by chromclass | 2006-01-26 10:32 | PC | Comments(5)
シンコペ克服の一方法
ハーモニック・オムニバスの練習曲に「いい日旅立ち」を選びました。この曲にもシンコペーション、2拍3連譜、16分音符の並びなどが含まれています。メロディ担当者に足を踏んでリズムを取るように言っているのですが、どうしてもメロディにつられて足の動きの間隔が狂ってきます。

そこで、以前から考えていた足踏みによるリズム取りを試みてみました。まず立ち上がって、足踏みしながら楽譜を音名で読んでもらいます。演奏と違って口で歌う分にはあまり乱れないですね。十分にリズムを把握できたと思われた段階で、引き続き足踏みしながらハーモニカを吹いてもらいました。

ちゃんとできるじゃないですか、シンコペーション、2拍3連譜、16分音符の並びなど。本人達も、あ、これはいいなんていっています。座ってハーモニカを吹きながら足を動かすのでは狂った動きが、足踏みという定常的な動きの中で是正されたようです。

ちょっと変則的な練習方法になりましたが、よい結果が出たと思います。

(なお、その後の飲み会の雑談で、演奏中に足でリズムを取ってはいけないという指導者がいますねという話題が出ました。私にはどうしてそのような指導がなされるかは理解できません。クラシックのバイオリン奏者を観察していても、しっかり右左の足に体重移動をしてテンポを取っています。)
[PR]
by chromclass | 2006-01-24 17:59 | 課題 | Comments(5)
DVDからの音源(1)
アフターセブン・コンサートのDVDの編集力はまだありませんが、そこから音源だけをMDに録音し、MDからPCに取り込んでMP3にしました。まだ1曲だけですが、聴くことができます。

ボカリーズ(ラフマニノフ)

写真も再掲しておきます。

a0009196_1413863.jpg


[PR]
by chromclass | 2006-01-23 09:21 | 鑑賞 | Comments(8)