<   2007年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ニッポン・ハーモニカ・クラブ(NHC)入会
ニッポン・ハーモニカ・クラブという団体があります。もちろん以前から存在を知っており、定期演奏会に助っ人として出演したこともあるのですが、これまで入会せずにおりました。退職を期に入会の希望を出しておりましたが、年度途中だから損だという先輩の助言もあり、つい先日ようやく入会申込書を送りました。

すると本日どさっと小包が。なんと会誌No.97~No.112まで16冊が送られてきたのです。a0009196_1453024.jpg
事務局としては、在庫一掃の意味があるのかもしれません(笑)。


a0009196_1463417.jpg
定期演奏会の報告の他、研究会、過去のハーモニカ史、各種演奏会報告、寄稿、楽譜などの記事が満載で、このBLOGで扱っていないような活動がたくさん紹介されています。複音、クロマチック、合奏用ハーモニカなどがよく取り上げられますが、10 holesの話題は多くはないようです。

ご興味がある方、メール下されば事務局の連絡先をお教えします。
[PR]
by chromclass | 2007-03-31 14:13 | 会合 | Comments(0)
ナイトミュージアム
見ちゃいました。笑えました。最後のテロップで気が付いたら笑いすぎて涙が出ていました。
[PR]
by chromclass | 2007-03-30 23:37 | 雑感 | Comments(2)
能登半島
実は我が故郷は能登半島の付け根、金沢の隣町になるのですが、今回の地震では町内で壊れた家はなかったとかで、ほっとしています。半島の先は、さぞ大変なことでしょう。
[PR]
by chromclass | 2007-03-27 22:59 | 雑感 | Comments(3)
ハーモニカ・アンデパンダン
今回は10回目となりました。始まってから10年経ったのですね。初回は大雪で大変だったことを思い出させてくれる挨拶がありました。

このコンサートの趣旨は、どのグループや先生にもこだわることなく、純粋にハーモニカを学んでいる人達が集まって演奏できる場を提供するということでした。有料コンサートの出演者のような上級者は出演できません。登竜門的な場と言えましょう。そして、一流の先生方のコメントが得られる、自分の演奏の録音テープがもらえる、くじ引きで何らかの商品がもらえることになっております。だんだん趣旨が浸透し、最近は募集を始めると、55組のエントリがすぐ埋まってしまうほど盛況になってきました。

・複音ソロ、グループ演奏、ホルンやクロマチック・ソロ(伴奏付き)、10 holes(伴奏付き)などの分野があります。今回は遠く秋田県のグループが参加してくれました。

a0009196_2231823.jpg
これはクロマチック・ソロ部門の演奏者です。


a0009196_225080.jpg
今年は第10回記念ということで、コメンテーターの先生方に、ハーモニカ・アンデパンダン賞1組(または1名)選んでもらうことになりました。事前のアナウンスはなく、会場にてその旨説明されました。4組ほどの候補が上がったそうですが、僅差で「トレド」を演奏した方が受賞しました。おめでとう。


私の役割は、全体を通して録音をする係りで、60分テープ3本以内に納まりました。テープ交換だけですので、忙しくなく、その分、演奏をじっくり聞くことができました。かなり自身を持って臨んだグループ、個人もあれば、初めての舞台経験の人もいて様々でした。全体の中でいくつか気になったのは

・リズムを取る足の動かし方に難があり、シンコペーションをうまく処理できない
・ビブラートが曲想のアップに役立っていない
・ノービブラートで吹いている
・フレーズの処理がちとおかしい
・タンゴのリズムを知らないでコード打ちしている

などでした。うまい方では、小学生の方々がかなり上手で大人顔負け、複音、10 holes共に将来が楽しみでした。

出演者の皆さん、お疲れ様でした。来年もよろしくです。
[PR]
by chromclass | 2007-03-21 22:11 | 演奏会 | Comments(2)
こまんたれう”


注目の3人娘のコンサートです。ぜひ、足をお運びください。
地図など詳しい情報は、全日本ハーモニカ連盟(AJHF)のサイトをごらんください。
[PR]
by chromclass | 2007-03-19 01:23 | 演奏会 | Comments(4)
スヴェング
5月に来日予定のフィンランドのハーモニカ・カルテットだそうです。

5月18日(金)大阪 シャングリラ(ハーモニー・フィールズのHPへ)

5月19日(土)東京 晴れたら空に豆まいて (代官山徒歩30秒)

5月20日(日)武蔵野スイングホール SOLD OUT


http://www.mplant.com/koruna/svang.html

音はここで聞けます。


http://www.triart.at/audio/svaeng/Sateen%20tango.mp3
http://www.triart.at/audio/svaeng/Svaengtime%20rag.mp3


[PR]
by chromclass | 2007-03-19 00:34 | 演奏会 | Comments(0)
はもにか金曜日LIVE51
a0009196_241932.jpg
3月16日(金)第51回目のはも金です。
ホルダーで10 holes、かっこいいです。


a0009196_2415268.jpg
恒例のはも金、今回は10ホール+ギターとアコーディオンの組み合わせでした。
アイリッシュ、ミュゼット、カントリーと珍しい曲を披露していただきました。
ギターを弾きながらの10 holesでのリズム打ち、あるいはメロディ・ラインの演奏とHさん、うまいもんだ。色んなキーのハーモニカを使うし、それをギターで伴奏だから、やったことない人には驚異的にすら思えます。でも、やりなれると案外いいのかもしれません。私はこれまで2曲ほどしかこのスタイルで練習したことはありませんから、脱帽。

またアコーディオンも最近我が家に届いたので、調べてみてるんですが、コード・ボタンの並びがコード・ハーモニカとよく似ていることがわかりました。でも左でそれを押しながらメロディを引くなんて、ちゃんと訓練した人でなければとても無理です。Nさん、うまかったですね。

で、その後は飛び入りタイム。最近は常連になってきたなあ。
前回に引き続き、今回も複音ソロ。曲はスティービー・ワンダーの

・Isn't She Lovely

午前中にこの曲の採譜をしていたのですが、複雑そうに見えて、実は音階の中でのアドリブだということがわかりました。なら、複音でアドリブしちゃえとやってみたのです。最初2コーラスはベースを入れてのメロディ・ライン、次の2コーラスをシングル・リード奏法でのアドリブ、最後の1コーラスをベースを入れたメロディ・ラインでこなしました。

複音ハーモニカのシングル・リード奏法はクロマチックと同様のベンドが効くので、スティビーっぽい音色は出すことができます。複音としてはかなり前衛的な演奏になったと思います。

しかし、反応がほとんどありません。前衛的すぎるのかなあ。でも、でも、帰り際にある方、しかも女性!「スティービー、よかったですよ!」って言ってくれたんです。この一言、ありがたいなあ。また何かやってやろうという気になりました。ありがとう。
[PR]
by chromclass | 2007-03-18 03:08 | 演奏会 | Comments(2)
早々と告知


5月のはも金が空いておりましたので、出演することにいたしました。SOY Beans(クロマチックとコード)とマドリガル(クロマチックとギターと二胡)のアンサンブルでこなしていきたいと思います。皆様、ぜひご来場を賜りたく。m(__)m
[PR]
by chromclass | 2007-03-16 13:29 | 演奏会 | Comments(4)
初雪
見たぞ、確かに初雪を。
8時半ごろ庭に出たら小さな雪片が降ってきました。やった、初雪だと喜びました。ラジオでも雪の話題が出ています。でも、2、3分後にはもう降らなくて、夕方にかけて晴れてくるとのことです。貴重な体験でした。
[PR]
by chromclass | 2007-03-16 08:53 | 雑感 | Comments(0)
蒼き狼
見てきました。モンゴルの景色、雄大でしたね。
大スペクタクルではあるんだが、戦闘シーンは両軍が真正面からぶつかる正攻法ばかりで、例えば横から分隊が攻めるといった戦略がまったく見られず、ちょっと悲しい。10日も戦闘が続いたというナレーションと戦闘場面には違和感があったなあ。2日目の戦い、3日目の戦いとかいったシーンがあればもっといいのに。その間、戦略、戦術会議があってもいいと思うなあ。

最後の金国との戦闘は、攻撃開始のところで終わってしまって、万里の長城の攻城戦が見たかったです。歴史的にはその後元の建国話があるんだろうけど、そこは想像するしかありませんが、スケールが大きすぎて何も浮かんできません。(~_~)

そういえば、ナレーションというのがアメリカ映画との違いかもしれません。言葉で説明されるのでは、映像が語ることにはなりませんものね。

日経新聞朝刊の小説でチンギス・ハンを扱っているので、登場人物の名前には親しみが持てました。
[PR]
by chromclass | 2007-03-16 00:39 | 雑感 | Comments(1)