<   2008年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧
270
E. O.さんの270、オークションで入手した古いもの。カビ臭くて何とかしてほしいとの依頼。バルブを全部はずして洗浄してよいとの指示があったので、そのとおりやってみました。

リード・プレートを外してバルブを全部取り去り、こうしてしまえば洗剤に漬けておけるので、まず原液で全体をよく洗ってから、洗剤液に一晩漬けておきました。マウス・ピースもしかり。

その後、水洗いしてまた水に一晩漬けておき、乾かして新しいバルブを貼り、全音調律でA=443にし、かつ上げ身調整も行いました。その過程で12番のC音のリードがどんどん下がるので、諦めてリード交換をしました。

さて作業終了ということで、最後にカバーも洗剤で洗いながら観察すると、おお、HohnerのTrade Markの中に「ダビデの星(ユダヤの象徴)」が付いています。ということは、このハーモニカはヒットラー政権の前に作られたものということができます。70年ほど前のものなんですね。

よくぞ復活したものと改めて感心しました。
[PR]
by chromclass | 2008-07-30 01:51 | 修理、改造 | Comments(0)
Vistaでmidiが鳴らない
つい最近まで貧弱ながらもmidiファイルはVistaマシンで再生できていたのに、今朝はまったく鳴らなくなりました。Winamp、Windows Media Playerでだめです。なんかいつの間にかOSに変更が加えられたのだろうと思います。世界中では大問題になっていないのでしょうか。ご存知の方がいたら、情報ください。

XPマシンも現在不安定で調子がよくないけど、これから試してみます。

追記1:QuickTime Playerでは動きました。

追記2:Note PCのmidiは動いています。ホーム・サーバ側の問題なのか????

追記3:なぜかコントロール・パネルの既定のプログラム->関連付けを設定する をいじっているうちに現象が消えました。何らかの拍子に内部的な状態が変わっていたらしい。よくわからないけど解決した!!!!!
[PR]
by chromclass | 2008-07-28 11:23 | PC | Comments(0)
Velvet Voice
K. T.さんが持参した2本目。最高音のC#音が出ないとのこと。

分解して上げ身など観察して、弾いてみたりした上で試しに吹いてみると、ちゃんと音が出ました。ひょっとしたらなんらかのゴミが付着していただけかもしれません。

こちらも上げ身が足りないところが散見されたので、上げ身調整、調律の後吹いてもらうと、こちらも吹きやすくなったとの喜びの声。反応がすぐもらえるのでうれしいです。よかった。
[PR]
by chromclass | 2008-07-27 18:57 | 修理、改造 | Comments(0)
Magic Garden
K. T.さん、住所が近いからと、持参してこられました。

ご自分で調律した9番D音が出にくくて金属音もするということでした。分解して観察すると、調律の過程で上げ身が下がってしまっています。これはすぐに直しましたが、金属音がするという現象があります。鑢がけしたときにバリが出ていると思われましたが、中々直りません。こうなれば、とばかりそのリードのバルブを剥がしてから光に当てて観察すると、リードが動いたときにかすかに光が漏れてこなくなる部分を見つけ、そのあたりのバリ取りをやってみると、おお、金属音が消えました。

Magic Gardenの常として上げ身の不足が見られたので、上げ身調整をやってみますかと聞いたところ、Yesと。横に居ると質問できるから便利ですね。

上げ身調整に入ったところ、かなりの上げ身を付けるのでびっくりしている様子。もちろん音色が変わらないギリギリの上げ身を付けているんです。鳴りは良くなりましたが、調整の副作用として音程が少し下がるので、全音調律をしてから、渡して吹いてもらいました。これまでよりパワーのある吹き方ができると満足の様子。よかった。
[PR]
by chromclass | 2008-07-27 18:45 | 修理、改造 | Comments(2)
望郷
今夜はギターのアンサンブルの人達とこの曲を練習。

こちら

生のクラシック・ギターと生のハーモニカ、音量のバランスが良くてぴったりです。こんな機会をもっともっと作りたいです。
[PR]
by chromclass | 2008-07-24 22:56 | 練習 | Comments(3)
ライブ鑑賞
a0009196_0484897.jpg
インフィニテイプラスワンの百合花さんのライブがあるので、池尻大橋のRocker Roomというライブ・ハウスへ行ってきました。なにやらアメリカのバーを思わせるようなバドワイザー他のネオンのあるインテリア。いい雰囲気です。


a0009196_171128.jpg
19:30スタート。今回はキーボードとはーまにかではなくて、クラシック・ギター1本の伴奏。

帽子で決めてきましたね。地下鉄の中でもこうだったとか。


a0009196_0544495.jpg
演奏曲目。アンケートを回収されたので一部曲名が不明です。

・Calling
・With You
・好きなんだ
・あなたの人生を
・Two less lonely people in the world
・辿り着いた場所

最後はCDになった曲でした。ちゃんとCDも売れました。よかった。
[PR]
by chromclass | 2008-07-21 01:02 | 鑑賞 | Comments(4)
末期的症状
XPマシンがよくブルー・スクリーンになる。
シャットダウン時にWindows Updateが走って更新が行われ、そのあとシャットダウン中にブルー・スクリーンになる。更新が正常に行われたのかどうかもよくわからない状態で、次にちゃんと立ち上がってくれるのかどうかも疑わしい。

後継機の出番だなあ。
[PR]
by chromclass | 2008-07-20 01:00 | PC | Comments(0)
Swan IHC 2007特製モデル
S. K.さんのもの、全体調律と12番のB音が音が出ないとのこと。

分解してB音を観察すると、ほんの少しリードがずれて壁に触れています。原因がわかれば対処できます。あと、全体調律をして作業終了。
[PR]
by chromclass | 2008-07-17 21:08 | 修理、改造 | Comments(0)
Velvet Voice
T. S.さんのもの、調律してもどんどん音程が下がるとのこと。リードが折れる直前の典型的なパターンです。

分解しようとして困りました。リード・プレートを留めるマウスピース側のネジが1本、ほとんどネジ山がつぶれています。下手すると、開けられなくなるので、慎重に細身のドライバーの先で溝を深くしていき、ようやくはずすことができました。ネジは真鍮なので、鉄のドライバーで溝が切れたのがよかった。

6番E音のリードが折れている様子。5番C音の音程がずれていて、少し削ったところ直りました。しかし、E音のリード交換した後で部分調律に入ったところ、C音がどんどん下がります。結局いC音のリードも交換することに。

全体的な調律をして作業終了ですが、このC音のように、一見直って見えることがありますが、慎重に対処しないと、返した後ですぐ狂ってしまうという現象になるので、これからもその点、さらに注意して行こうと思いました。
[PR]
by chromclass | 2008-07-17 21:04 | 修理、改造 | Comments(0)
2枚目CD完成
a0009196_072575.jpg
録音に演奏で参加した2枚目のCDができました。レーベルの名前は{SHIKIBU RECORDS」。今回新規に立ち上がったレーベルです。その記念すべき第1段がこれ。
SHIKIBUは紫式部から採ったもので、第1弾であるが故に紫色のジャケットです。一見地味ですが、今回はこれに類した12枚のシングルCDが作られ、全部揃えば12色、つまり十二単衣の完成なんですね。私達の演奏は、ライブ活動しているインフィニティプラスワンのメンバーが主体となっております。


a0009196_094565.jpg
収録した曲は、シングル版ですので

・辿り着いた場所、
・辿り着いた場所(カラオケ)

となっております。早速先程聞いたのですが、中々の出来栄え。感激です。

今回はシングルが12枚でき上がる予定で、現在着々と準備が進められていますが、行く行くはこの12枚を全部収録したアルバムとして完成する予定です。私は、その中でこの1曲にだけ参加しております。

何はともあれ、CDが完成するということはうれしいものです。人生で1枚ぐらいは・・・と思っていたのが2枚目が出ちゃったんですから。まずは祝杯です。
[PR]
by chromclass | 2008-07-14 00:08 | 鑑賞 | Comments(8)