<   2008年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
Super 64
S. K.さんの2本目。2本以上あると、修理に出している間も練習が途切れなくていいですね。

3番G音の音程が下がっています。鑢がけして一端良くなるのですが、また下がっていきます。リード自体はまだ大丈夫なのですが、取り付け部分が緩んでいるのかもしれません。こうなったらリード交換で対処する方がよさそうなので、実施した後、いくつかのリードに部分調律を施して作業終了。
[PR]
by chromclass | 2008-09-29 14:50 | 修理、改造 | Comments(0)
秋到来
昨夜の気温はぐっと下がって、さすがに毛布1枚では寒く、掛け布団が必要でした。
今日も涼しく、近所の散歩道に出てみると、秋真っ盛り。
a0009196_20234251.jpg
毎年きれいにコスモスを咲かせる畑の北側で、今満開。


a0009196_20253819.jpg
東側には新たに黄花コスモスが咲き誇っています。我が家のはプランター仕立てですので、こんなに大きくなりません。迫力が違います。


a0009196_2028249.jpg
この畑の通りを隔てた側には、減反政策で田から転換された栗畑が収穫期を迎えております。暑い暑いと思っていたのに、もう秋まっただ中です。そういえば数日前に聞こえていた蝉の鳴き声がなく、コオロギの声ばかり聞こえてきます。
[PR]
by chromclass | 2008-09-28 20:31 | 雑感 | Comments(0)
雷によるトラブルか
IBMホームページ・ビルダーが不調になり、何度インストールし直してもサイトを立ち上げられません。サイト情報がどこかに存在していて、それが壊れているらしい。で、その旨を示すらしいメッセージが0.5秒ほど表示されるのだが、すぐ消えてしまいます。どうしても読み取れず困っていましたが、思い付いてデジカメで画面を撮影することにして、3回目にして、消えかかった画面が撮影できました。すると、これこれのファイルが壊れている、削除しますかと出ていました。消えないでいてくれればすぐわかったのに(ブツブツ)。

なんとか探し出して削除したところ、サイト情報はなくなったものの、ホームページ・ビルダーは初期状態に戻ったようです。ホームページ・ビルダーのパッチをダウンロードしたり、あらためてサイト情報を入れ直す必要がありますが、これで何とかなりそうではあります。

先だっての雷以来、どうもディスクは万全ではないらしく、ときどき変なことが起きています。不安に駆られます。
[PR]
by chromclass | 2008-09-27 18:23 | PC | Comments(4)
280
S. K.さんの依頼。

ネジ穴が馬鹿になったとのこと。

分解してみると、リード・プレートが釘留めの次、ネジ留めの前の、長い釘で留められたモデルでした。この手は簡単にリード・プレートを外すことができません。外すと再度の組み立てでうまくいかないのです。

ネジ穴が馬鹿になった原因は最近よくある現象と同じで、ナットの金属片が自由に移動してしまったからです。でも分解できないので、傾けてパンパンと振動でナットを元の位置に移動させた上で、ネジで留めてみました。対処はOKです。

ところが組み立てるとスライドが全く動きません。観察すると、スライドに曲がりが生じているのでした。いつの日か、ハーモニカを床に落としたことがあったのでしょう。対処には、スライド・ボタンが邪魔で曲げを直すことができません。ついには、ボタンを一端取り去って、スライドを平らな物に乗せて、金槌で数回打ち付けました。なんとかまっすぐになったので、ボタンを接着剤で付け直し、多少鑢かけをしていよいよ組み立てです。OK。

他にバルブ欠損を補ったり、部分調律したりして作業を終了しました。
[PR]
by chromclass | 2008-09-25 23:27 | 修理、改造 | Comments(0)
SKYPE
SKYPE教室の予約時間になって、メインのPCでSKYPEを立ち上げようとしたらウン、ともスンとも言いません。急遽ノートPCで間に合わせました。

どちらもVistaなのに何が違うんでしょう。で、SKYPEをダウンロードしてインストールし直しましたが同じ状態。Windows Updateで何かSKYPEが動かないように細工してるんじゃなかろうかと疑心暗鬼に陥っています。またXPマシンの方に環境(マイク、カメラなど)を移すかなあ。

追伸)
何気なくコントロール・パネルを開いたら、とたんにSKYPEが立ち上がってきた。何、これ?????
[PR]
by chromclass | 2008-09-25 20:45 | PC | Comments(0)
1年間
昨日で4期目が終了。これで開講以来、1年経過したことになります。今回は、宿題になっていた「私は泣いています」の後半をさらっと通した後、残り時間で「Greensleeves」の装飾音、替え穴の練習をしました。いよいよ中級真っ盛りです。かなり手こずっておりました。これができてこそのクロマチック!というところでもありますので、継続的に手掛けていくべきだと思っています。

さて、次回からまた新たに新入生が加わるとのこと。また運営が難しくなりますが、それを工夫して行くのも講師としての務めかと思います。教材作りに頑張ります。
[PR]
by chromclass | 2008-09-25 02:48 | 柏教室 | Comments(2)
Super 64X
S. K.さんの依頼。

全音調律ということで、なんだかんだ64枚のリードすべてに鑢を入れました。
[PR]
by chromclass | 2008-09-24 17:45 | 修理、改造 | Comments(3)
Super 64
S. K.さんの依頼。9番D音のリードを折ってしまったとのこと。いつものごとくリード交換をしようと思ったところ、ガーン、最近のSuper 64の高音部のリード幅が狭くなっているのですね。手持ちのストックでは幅広で取り付けられないのです。そういえば招き猫さんのBlogにその手の話がありましたっけね。これは、新しいリードのストックを仕入れておくしかないと思い、モリダイラに電話しようとしたら、秋分の日で休み。(T_T)

かくなる上はと既存のリードの幅を狭くする作業に入りました。鑢でゴリゴリ、カッターでバリ取り。小一時間でなんとか取り付けられる状態に持ち込み、交換は終えました。他に、部分調律を数ケ所。いや、疲れた。
[PR]
by chromclass | 2008-09-24 00:07 | 修理、改造 | Comments(2)
Super 64
K. S.さんの依頼。

ご自分で上げ身調整をして、上げすぎてしまったようです。上がりすぎの場合、爪で押し戻してやると、直るのですが、音程が下がってしまうので調律の技術も必須です。リード1本の上げ身再調整といくつかの部分調律を施しました。
[PR]
by chromclass | 2008-09-23 00:26 | 修理、改造 | Comments(0)
新・崎元 譲と仲間たちによるコンサート Vol.7
で、昨夜はこのコンサートに行ってきました。今年も、亡くなられた編曲者の高橋真子さんのメモリアルの趣が強く、各出演者が2曲吹くのですが、2曲目は高橋さん編曲のデュオ(ピアノ伴奏付き)です。しかもデュオの相手がすべて先生である崎元さんという趣向でした。みんなきれいに決めていましたね。
a0009196_0203894.jpg
最初、一部の終わり、最後は出演者全員によるアンサンブル。きれいなんだけれど、ちょっと注文がありますねえ。この教室はクラシック主体なので、使用ビブラートはハンド・カバー奏法です。ハンド・カバーをしながらポワポワ音を消すのが苦労するところだと察しますが、中にはポワポワ音のままの人がいらっしゃいます。すると合奏のなかで複数のポワポワ音が混じって聞こえてくるわけで、これは音としてはあまりいただけないなと思いました。例えて言えば、ビブラホン複数台で合奏しているような感じとでもいいましょうか。

それで改めてよく観察してみたのですが、ハンド・カバーのやり方に複数の方法がみられました。

・まったくかけない人
 この集団でこれを通すのも中々勇気がいるのではないか。
・右手だけでかける人
 これは左手の訓練ができていないわけで、ボタンを押したときにビブラートが止まるんですね。演奏上は大きなマイナスと思えます。
・右手と左手でかける人
 ボタンを押さない時は右手で、押しているときは左手でかけるんですね。これは先生の教則本にもそう書いてあったように思います。先生自体がこの名手です。
・左手でかける人
 私はあまりかけませんが、かけるときはこの方法です。同感しちゃいました。

アンサンブルでこの方法が入り混じっているのがポワポワ音の原因かもしれません。

では、アンサンブルでのビブラートはどうしたらいいのでしょうね。私は、ハーモニカを前後に揺らすハンドビブラートがいいのではないかと思っています。バイオリンのビブラートと同じです。このときも音程の維持に気を配りながらやらないと、相当ひどい音になってしまいますので、それなりに徹底していく必要はありますが、自分の教室ではまだそんなに大勢のアンサンブルがないので、遠い先の話になります(汗)。
[PR]
by chromclass | 2008-09-22 00:43 | 演奏会 | Comments(2)