<   2008年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Super 64
T. K.さんの依頼。

上げ身調整と調律の依頼。吹き音でいくつか上げ身不足を感じましたのでリード・プレートを外して上げ身調整し、他にいくつかの部分調律を施しました。

上げ身不足は新品のハーモニカでもよく見られます。吹いていて音が出ないので、ストレスがたまります。上げ身調整を自分でできるようにしておくといいですね。
[PR]
by chromclass | 2008-10-30 19:44 | 修理、改造 | Comments(0)
Mellow Tone
T. K.さんの依頼。
11番A音の音程がおかしいとのこと。リード交換で対処しました。他にいくつかの部分調律を施しました。

他にスライド操作に引っ掛かりを感じたので観察すると、製造段階でスライドの穴を打ち抜いたときのバリが少し飛び出ていました。鑢で削って平らにすると動きはスムーズになりました。

スライドを含めてマウスを組み立てようとすると、ボタン側のネジが空回りします。ネジを受ける木のボディがバカになってしまっているのですね。木工用ボンドを針で穴の中に塗りつけ、一日放置した後、ネジを締めると解決しました。

以上で修理完了。
[PR]
by chromclass | 2008-10-30 19:37 | 修理、改造 | Comments(0)
さあ、「みんなの街」

いよいよ「みんなの街ハーモニカ・コンサート」が近づいてきました。参加グループが多いので、1グループ2曲の演奏と決められています。

ハーモニック・オムニバスの演奏予定曲目

・かわいいベイビー
・ともだち

ハミングキャッツの演奏予定曲目

・ドナドナ
・フランシーヌの場合は

それぞれ、あと、1、2回の練習で仕上げなければなりません。今夜もオムニバスの練習にこれから出かけます。
[PR]
by chromclass | 2008-10-27 16:03 | 演奏会 | Comments(0)
ハモソOBで演奏
稲門祭は、卒業25年、40年、50年などの節目の卒業生たちが招待されるホーム・カミング・デーに毎年開催されます。OBによる演奏会が大隈講堂他で開かれ、私達ハモソOBの出演も4回目になります。
a0009196_20301714.jpg
本日9:05より大隈講堂で音出しリハーサル後、出番までの間に現役の案内で部室で練習をしました。建物は建て替えられてしまいましたが、部室での練習なんてとても懐かしく、感慨に浸りました。


a0009196_20342279.jpg
12:40から本番。演奏曲目は予定どおり

・シバの女王
・A Hard Days Night
・And I Love Her
・蜜の味

編成は、クロマチック×3、コード×1、フルート×1、アコーディオン×2、エレキ・ベース×1でした。出来は昨年よりずっと良かったとの評でしたが、ということは昨年がよっぽどひどかった(爆)。今回はかなり練習密度が高かったですからね。

演奏後、配られたお弁当をいただいて、OBが集まっている大隈庭園へ。車座でひとしきり談笑。


a0009196_20401643.jpg
稲門祭とあって、庭園内でも応援団やチアガールのアトラクションが催されていました。校歌斉唱もあり、振り下ろす手が3題目あたりで何とも疲れてしまうところに、歳を感じます。その後、庭園に隣接のリーガル・ロイヤル・ホテルにてお茶して解散しました。後日反省会が予定されております。


a0009196_1712182.jpg
会場にいた先輩から提供された写真です。
[PR]
by chromclass | 2008-10-26 20:53 | 演奏会 | Comments(0)
ボランティア出演
戸田市役所で開かれているボランティア祭のアトラクションとしてSOY Beansで出演してきました。
a0009196_032646.jpg
さくら草ハーモニカ愛好会の皆さん。CD演奏をバックに演奏するスタイルでした。


a0009196_053525.jpg
ハンド・ベル、ティンカー☆ベルの皆さん。


a0009196_071954.jpg
みずすましの皆さん。


この後、SOY Beansで演奏しました。屋外のテントなので、時々吹く風に悩まされます。今回はみずすましの皆さんが用意してくれた洗濯バサミに大いに助けられました。

演奏曲目は

・この広い野原いっぱい
・四季の歌
・遠くへ行きたい
・母さんの歌
・学生時代
・暗い港のブルース
・二人でお酒を

編成はクロマチック×2、コード×1でした。
[PR]
by chromclass | 2008-10-25 23:58 | 演奏会 | Comments(0)
ハモソOBで演奏(告知)
今年も稲門祭のアトラクションにOBメンバーとして出演します。

10月26日(日)
出演時間:12:40-12:55
場所:早稲田大学大隈講堂
演奏曲目:
・シバの女王
・A Hard Days Night
・And I Love Her
・蜜の味
[PR]
by chromclass | 2008-10-21 02:33 | Comments(0)
10/18江東区民祭り
もんなかもんじゃ・オーケストラが出演しました。

演奏曲目

1.子象の行進
2.水上の音楽
3.だったん人の踊り
4.花《with 琉音from MARVEL》
5.明日は明日の南風《with 琉音from MARVEL》
6.スターダスト
7.マンテカ
a0009196_17504297.jpg
本番前、楊琴を試してみるゲストさん。


a0009196_17523178.jpg
会場の木場公園。


a0009196_17562383.jpg
舞台側から見た会場。


a0009196_1758149.jpg
今回もがんばりました、フルート隊。
[PR]
by chromclass | 2008-10-20 17:58 | 演奏会 | Comments(2)
方言
a0009196_8315038.jpg

私が生まれたのは石川県河北郡井上村、小学校は、入学時は村立井上小学校でした。在学中に町村合併があり、卒業したのは津幡町立井上小学校でした。それ以来、小学校名には変化なく今に至っています。昔の井上村は、今では井上地区と呼ばれています。減反政策の影響もあり、、昔の田んぼはかなりの部分が住宅街に生まれ変わり、井上乃荘という地名ができています。こちらの住民は昔から住んでいたわけではないので、これから紹介する方言はあまり分からないのかもしれません。あるいは、結構加賀、能登地区全体でこのような方言が使われていたのかもしれません。

たまたま帰郷していたときに井上地区文化祭が開かれており、覗いてみるとこんな展示がなされていました。III版ですから、最初に作業が開始されてから徐々に拡充されてきたものと思われます。


↓クリックした上で150%に拡大するとかろうじて読めます。
a0009196_833295.jpg

ここに掲載されている方言は、私の祖母の世代ではごく普通にはなされていたものです。私達は耳で聞いているので、9割方は意味がわかります。しゃべるのは2割ぐらいになりましょうか。先日の小学校の同窓会ではなつかしい方言で喋っていましたが、それは、これのほんの一部ですね。

資料が多いので、1ページだけ掲載させていただきます。みなさん、おわかりでしょうか。

小学校の時は、「標準語で喋りましょう」という標語がありました。今でもなされている地方はあるみたいですが。ラジオ、テレビの普及で方言はどんどん廃れていくと思われます。しゃべる文化として残すのは無理にしても、こういう資料が作られているというので、少し、安心しました。
[PR]
by chromclass | 2008-10-17 08:57 | 雑感 | Comments(0)
一周忌
早いもので、兄が亡くなってから1年が経ち、一周忌の法要が執り行われました。
a0009196_1554632.jpg
夜汽車で故郷に向かい、早朝に着いたので、今はなくなってしまいましたが、生家の近辺を歩き回りました。この在所も古い家は建て替えられてほとんど昔の面影はありません。この家が昔をしのばせてくれる唯一の存在に思えてしまいます。しかも、なんと手前の空き地になっているところにあった家が火災で焼けてしまったために、このような勇壮な全景が眺められるのでした。


a0009196_133125.jpg
これは生家の隣にあるお寺で、あまり変化はないようです。除夜の鐘はここで衝きました。


a0009196_135372.jpg
一周忌を迎えてお花が飾られたお墓です。母、父、兄のお骨が収められています。
このあと、兄の家で法要が営まれ、そのあと料亭に移って亡き兄の思い出話に耽りました。


a0009196_1391746.jpg
夜汽車で帰るべく駅で待っていると、ざわめきが。表に出てみると、隣の在所の秋祭りの獅子舞がやってきたのでした。


a0009196_1413613.jpg
少年剣士が3人ずつ獅子に向かって行きます。二人は長刀、一人は棒。村によって、ちょっとずつ違うのですが、昔を思い出させてくれるには十分似通っています。


a0009196_143274.jpg
最後はもちろん剣士の勝ち。加賀の獅子頭は人の頭の大きさに作られており、いざ何かあった折の農民の訓練であったのだと中学の社会科で習いましたが、うちのもここのもそれほど小さくはありません。金沢以南ではどうなのでしょうか。
a0009196_148429.jpg
これこれ。獅子の蚊帳の周りを、子供時代は一日中付いて回っていたものでした。子供剣士のは大獅子、青年団の剣士は俄獅子、両者が路上で鉢合せして進めなくなったり、それでも最後はとりなされて二日間の日程を終えます。ここの笛、太鼓はうちのものよりゆったりとしています。それでも、とても懐かしく感じました。ありがたい。
[PR]
by chromclass | 2008-10-14 01:54 | 雑感 | Comments(2)
SCX 56
M. K. さんの依頼。

6番E音が変とのこと。吹いてみると、チリチリ音がします。最初、リードが壁に触れているのではないかと思い、分解してみたとkろ、そこのバルブが折れ曲がっている状態でした。この機種用のバルブの用意はしていないにで、折れ曲がり状態を直す作業に入り、なんとかまっすぐになったかなと思われるところで試し吹きすると、チリチリ音が解消していました。これだけのことで変な音がするようになるのだと、また少し学習しました。
[PR]
by chromclass | 2008-10-11 16:13 | 修理、改造 | Comments(0)