<   2009年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
暗い港のブルース
昨夜は、まず、宿題にしてあった「The Godfather Waltz」のおさらいです。
途中の装飾音符のかっこよさを表現しきれない所を注意。
後半、b1個から2個への転調にからんで、よく使われる転調の説明をしました。
さて、今度の宿題は、「暗い港のブルース」です。最初と最後のCadenzaがあり、自由に吹く説明をしました。また、1stと2ndが掛け合いで演奏するため、両パートの練習をしました。曲のイメージは、みんながよいと納得。

思い返せば、私がハモソの扉を開いたときに練習されていた曲がこれでした。あれから40年経ちますが、いい曲はいい、今でも新鮮な気持ちで吹ける曲です。

いいきょくだからこそ、夢中で練習をしたあの頃。いい曲に出会うということは、いいモチベーションになります。生徒の皆さん、気に行ったらモノにするまで吹きまくりましょう。
[PR]
by chromclass | 2009-01-29 00:25 | 柏教室 | Comments(0)
稲門女性ネットワーク新年会
本日、新年会のアトラクションとしてHerbsで演奏しました。
先日の稲門祭での演奏を聴かれたOBからの依頼で今日の新年会に招かれたものです。

演奏曲目

・学生時代
・ドナ・ドナ
・さくら変奏曲(Iさんの複音ソロ)
・時には母のない子のように
・四季の歌

アンコール

・二人でお酒を

ほとんどの方がハーモニカ・アンサンブルは初めてでしたので、楽器紹介などとても喜んでもらえました。

今回、YAMAHAの小さなアンプ2個をつなげて、またaudio-technicaのポータブル・マルチミキサーAT-PMX5Pにマイク4本をつないでPAとしました。このミキサーはIさんが購入したものですが、この小ささでマイク入力4本可能というのがハーモニカ・カルテットにぴったりと思えましたので、私も昨日の練習の後秋葉原で即購入しました。今後、活躍してくれると思います。

なお、私はバス・ハーモニカで手持ちマイクで演奏するというのを初めて経験しました。バス・ハーモニカをスライドさせつつ、マイクは口の前にいつも来るようにもつわけです。案外調子よく行くので、これからも使い続けたいと思いました。
[PR]
by chromclass | 2009-01-25 23:53 | 演奏会 | Comments(0)
ハーモニカの歴史シリーズ
01

02

03

04

05

06

07

08

09

[PR]
by chromclass | 2009-01-23 20:07 | 鑑賞 | Comments(0)
年齢は関係ないか!

無駄のない、実になめらかな動きをされていますね。感服。
[PR]
by chromclass | 2009-01-23 19:29 | 鑑賞 | Comments(0)
韓国奏者

アップするところがあるので、吹き方がよくわかります。Super 64Xですか。
[PR]
by chromclass | 2009-01-23 19:18 | 鑑賞 | Comments(0)
第6期スタート
1月14日から第6期のスタートです。

最初は腹式呼吸を使った音出しです。ある方の口が吹き吸いで変わるのに気が付き、変えないでお腹だけで吹き吸いするよう助言したところ、とたんに1番2番のドとレがものすごい太い音になって響き、他のメンバーも仰天していました。これまでも同じことは何度も言ってきていますので、それを実践できる段階まで上達したのだと思います。よかった。

さて、今回はスイングのノリを思い出してもらうために「友達賛歌」と「二人でお酒を」のおさらいです。「友達賛歌」は軽く流しましたが、「二人でお酒を」は3グループごとにそれぞれ通して吹いてもらいました。個人で吹くのは中々大変だし時間も制約があるのでやむを得ません。

さて、次は「Godfather Waltz」に取り組んでもらうことにし、軽く音出しをした後、宿題としました。映画の主題歌で、ちょっとエキゾチックな響きの曲です。臨時記号の半音がよく使われているのでスライド捜査の練習になるのとと、途中で転調する練習にも良いかと思います。また、ゆっくりした曲なので取り組みやすいというポイントもあります。

次回が楽しみです。
[PR]
by chromclass | 2009-01-19 16:28 | 柏教室 | Comments(0)
Velvet Voice
6番、7番の音がビビるとの依頼。

調べてみると、6番のバルブが2枚構成の部分が唾液が乾燥して貼り付いている状態でした。7番のバルブは剥がれる寸前の状態だったようでグラグラしていたのが原因でした。

両方とも新しいバルブに貼り替えました。
[PR]
by chromclass | 2009-01-13 15:17 | 修理、改造 | Comments(0)
Velvet Voice
スライド・レバーが動かないとの症状です。

調べてみると、マウスピースの取り付けネジが目一杯きつく締められています。これではスライドは動きません。ほどほどの締め方に戻してやると、スムーズに動くようになりました。ほどほどが肝心です。

今回は戻ったからいいようなものの、機種によってはスライドの上に付いている金属板が曲がってしまって、戻らなくなってしまうことがあります。注意してください。
[PR]
by chromclass | 2009-01-13 15:02 | 修理、改造 | Comments(0)
NHC新年会
a0009196_14381569.jpg
1月11日にNHC(日本ハーモニカ・クラブ)の新年会が池上会館にて開催されました。
会長の新年挨拶、副会長の乾杯の音頭のあと、会食に入りしばし歓談。頃合いもよく、司会よりミニ・コンサートの開催が告げられました。出席者で出演希望の人は会食の間に出演の登録を済ませています。

時間が十分あるので、おおくの出演者にアンコールの声がかかりました。特筆すべきは、M大先生が元気な姿で2曲ご披露なされたことです。また、大分からの出演者は、コップとストローを取り出し、循環呼吸の説明をしてくれました。ロング・トーンを吹く時に、吹きながら鼻から息を吸うという技で、それで実際にハーモニカの演奏も披露してくれました。素晴らしい技に感服です。若い時にトランペットで習得した技術、ハーモニカでやったら体がちゃんと覚えていたとのことです。会場から、「私にもできるか。」との質問が出ました。答えは、「Yes、しかし毎日5時間練習してください」とのことです。

私はSwan製のコンパクト・コードの説明とそれを使ったコード・メロディの実演、それから複音ハーモニカ2本をくっつけた自作複音クロマチック・ハーモニカで「ネオポリタン・タランテラ」を演奏しました。コンパクト・コードの注文が2本あり、商談成立でホクホクです。

16時にお開きの後、2次会でしばし飲んで(主にウーロン茶になってしまいます)、20時には帰宅できました。
[PR]
by chromclass | 2009-01-13 14:55 | 会合 | Comments(1)
表現力
楽譜が読めるようになって書いてある通りに演奏できるようになった人には、表現力を高める訓練を積んでもらいます。そこで選んだ課題曲が「かあさんの歌」。

演奏的にはどこも難しいところはありません。でも、表現力を磨いてこの曲を演奏すると、




聞く人は




泣くのです。

先日、今年度夏の合宿の講師依頼が届きました。今年は7月3日~5日の3日間となりました。昨年はクロマチックの中級を受け持ったのですが、今年は初級、中級、上級という区別よりも「何々の曲徹底攻略」みたいな講座名の方が受けが良いとの事務局のコメントがありましたので、私の担当する講座は、

・泣かせる「かあさんの歌」の演奏技術

という表題にしました。

今教室で取り組んでもらっているようなことを1時間半の間で受講者に徹底的に実践してもらおうと考えています。乞うご期待です。
[PR]
by chromclass | 2009-01-10 00:34 | 技法 | Comments(7)