<   2009年 11月 ( 56 )   > この月の画像一覧
WHF2009(20)
11月2日午後

a0009196_16202637.jpg
ミュンヘンに入りました。ニンフェンブルグ城。


a0009196_16334752.jpg
かなり雨が降っています。


a0009196_17511032.jpg
カールス門


a0009196_18124227.jpg
バイエルン州立歌劇場


a0009196_18153032.jpg
Bコースのツアー・バス。


a0009196_18163236.jpg
ミュンヘン市内では路上駐車が認められているとかでたくさん駐車してあります。今は枯葉が降り注ぐきせつなので、この車なんかまだいい方でした。


a0009196_1819155.jpg
ミュンヘン駅の真ん前にあるLE MERIDIENホテルに到着。ロビーの豹の像。


a0009196_18235093.jpg
まるでアート・ギャラリー。この一角にPCが使える場所があって、使いに行ったのですが、Flash Playerがインストールされていなくて、目的のページが表示されませんでした。残念。


a0009196_18203771.jpg
くつろぐ一行の皆さん。


a0009196_18262183.jpg
有名なホフブロイハウスで夕食とショーの見学。しかし・・・・・・。
この楽団、1曲演奏すると舞台の上で仲間同士が5分ほどしゃべりあい、どれだけ楽しいのかワッハッハと笑い合っております。よくまあ、そんなに話題が続くものだと思いました。そしてまた一曲。またしゃべり合い。あきれて、ホテルに帰って寝ました。
[PR]
by chromclass | 2009-11-29 18:30 | | Comments(0)
WHF2009(19)
11月2日 午前

朝食前にフュッセン市内を散歩しました。
a0009196_207443.jpg
6時頃なのですが暗いです。


a0009196_2085932.jpg
先週雪が降ったとかで、山には雪があります。


a0009196_2095851.jpg
ホテル横の広場の銅像。ホテルの名前に因んだルイトポルトの銅像らしいです。


a0009196_20155814.jpg
昨夜うろついたあたりですが、この密着した建物の建て方、どうやってるんでしょう。


a0009196_20175774.jpg
教会が見えました。
さて、朝食を摂り、バスはノイシュバンシュタイン城へと向かいました。


a0009196_20225795.jpg
黄色いお城ホーエンシュバンガウ城。ルートヴィッヒ2世が幼少時を過ごしたお城。かってこの地にはシュバンシュタイン城があって、それで新しく建てられたお城がノイシュバンシュタイン城と名付けられたそうです。


a0009196_20254110.jpg
お城の前の免税の土産物屋。日本語が通じます。お客は9割方日本人でした。


a0009196_2028727.jpg
バスで山の上の方に行き、歩いてペラート峡谷にかかるマリエン橋に出ました。とたんにこれです。もっともよく見える場所なんでしょう。


a0009196_20324815.jpg
望遠で見ました。
新婚旅行らしい夫婦がいましたが、奥さんの方は高所恐怖症らしく、どうしても橋の上に出られません。もったいないと思いました、


a0009196_20344216.jpg
例によってハーモニカでポーズ。別に吹いてはおりません。


a0009196_20362319.jpg
峡谷の上に建てられているんですね。


a0009196_20375100.jpg
説明板でその様子がわかります。


a0009196_20415282.jpg
またまたポーズ。


a0009196_20425427.jpg
見晴らしのよい場所に来ました。ホーエンシュバンガウ城や湖が見えます。


a0009196_20455626.jpg
ノイシュバンシュタイン城に近づいてきました。


a0009196_2047243.jpg
眼下には素晴らしい光景が広がっています。


a0009196_20482834.jpg
中世の城を模して19世紀にたてられた城ですから、石組などは古さを感じません。


a0009196_20501185.jpg
先を右に曲がれば城の入口です。


a0009196_2051746.jpg
山の紅葉、黄葉がきれいです。


a0009196_2054853.jpg
円形の塔の背後には雪山が。


a0009196_2055287.jpg
チケット番号により入場する時間帯が決まっているので、前でしばらく時間を過ごします。雨が降ってきました。


a0009196_2058049.jpg
マリエン橋はこんな風にかかっているんですね。昔は吊り橋だったとか。


a0009196_210143.jpg
入場を待つ人々。
先ほどの夫婦の会話が聞こえてきました。
夫「こんなところに住みたいなあ。」
妻「じゃあ別居ね、私は下の黄色い城に住むから。」


a0009196_2124572.jpg
いよいよ入場時間となり場内に入りましたが、撮影禁止です。印象としては、とても狭いです。ベルサイユなんかとは比べ物になりません。


a0009196_2151653.jpg
足が悪く、歩いて帰れないメンバーはここから馬車に乗りました。


a0009196_2161025.jpg
歩いていると、馬車に追い抜かれました。
雪が降ると馬車しか交通手段がなくなるそうで、まあ、雨で良かった。


a0009196_2173151.jpg
下に降りると、もうノイシュバンシュタイン城が雲に覆われそうになっており、実際すぐ後には全く見えなくなりました。免税店で買い物をし、近くのレストランで昼食を摂りました。
30数年前はこの近くの道路を大急ぎで通っただけで、ずっと心残りでした。これで大満足です。
バスは一路ミュンヘンへ。
[PR]
by chromclass | 2009-11-28 21:10 | | Comments(0)
WHF2009(18)
11月1日 午後

私達Bコースの一行9名は、バスでアルペン街道を通り、右手にボーデン湖を見ながら進みました。やがて、ロマンチック街道の起点であるフュッセンに到着しました。
a0009196_15192781.jpg
フュッセンの中心部。夜空には、到着時に上限の月でしたが、もう満月に近い月が輝いています。


a0009196_15214667.jpg
泊ったホテル
LUITPOLD PARK


a0009196_15231677.jpg
ホテルのすぐ近くにあるホーエス城。ライトアップされています。


a0009196_1525246.jpg
みんなで夜のウィンドウ・ショッピング。


a0009196_15263768.jpg
お城に近づき門をくぐると、すぐ下の川のせせらぎが聞こえてきました。


a0009196_1528433.jpg
Casinoを見かけました。ギャンブルができるのでしょうか。
さて、今夜も安らかな眠りに就きました。
[PR]
by chromclass | 2009-11-27 15:30 | | Comments(0)
ノーブランズ第2回定期演奏会
a0009196_13173556.jpg
昨日はThe Nobrandsの第2回定期演奏会でした。
説明によると、昨年の鶴田さんの古希を祝う演奏会を発展させて、今後も定期的に演奏会を実施することにしたのだそうです。
伝統的なトリオ編成なのですが、コードの木村さんが体調不良のため、代わって先輩の波木さんがコードを吹くことになり、とは言っても木村さんが病院を抜け出してきて、一部分はどうしても自分がやると言ってやったりと大変入り組んだことになっていました。観客側の私達には、それが大コード奏者二人を聞き分けられる大サービスとなったのでした。さらにアンコール曲では、波木さんに加えて木村さんが登場し、コード2本で演奏するというおまけまであったのですから、大満足の演奏会となりました。

途中で大井川美香さんが加わったカルテット編成の演奏もよかったですね。
[PR]
by chromclass | 2009-11-27 13:27 | 演奏会 | Comments(0)
WHF2009(17)
11月1日 午前

ホテルをチェックアウト後、ツアーのバスで表彰式と閉会式が本部へ向かいました。
a0009196_155086.jpg
晴れなのですが、ところどころに朝霧が出ていて、バスも中に入ったりします。


a0009196_17791.jpg
たくさん並んでいるわけではないですが、ところどころに発電用風車が見えます。


a0009196_182938.jpg
Trossingen youth orchestra Hohnerklangの演奏。
指揮者はKathrin Gass。


a0009196_113429.jpg
コンテストにも出ていたゲルマン民族系美女のソロ。


a0009196_1144474.jpg
子供たちも参加。


a0009196_1155527.jpg
いよいよ表彰式。出場者(の代表)が壇上に並び、下位の人から認定書をもらっていきます。最後に残った人が優勝者です。
カテゴリ12 オープン・カテゴリでは、見事日本のTriangleが2位を獲得。おめでとう。


a0009196_1204540.jpg
3位以上は、トロフィーももらえます。感激のシーン。


a0009196_12222.jpg
もう常連となった日本のAさん、順位は伸びませんでしたが、カテゴリ 1B ソロ・クロマチックで高得点を示すExcellentを獲得。


a0009196_1282011.jpg
カテゴリ1A ソロ・クロマチック・ヤングで同率3人が3位になった日本のOさん。カテゴリ 3 ソロ・クロマチック・ジャズでも日本からの最高位、5位を獲得しました。中学3年ですばらしいCaravanを披露したのでした。


a0009196_131657.jpg
同じカテゴリ 3で出場した私はといえば、Very Goodの評点に終わりましたが、まあ順当なとこでしょうか。24名中18位でした。舞台上に居たために、他の方々の写真が撮れていません。


a0009196_1361553.jpg
さてハイライトというべきカテゴリ 2 課題曲付きソロ・クロマチックでは上位に残った方々がちと不安げに結果を待っております。そして、


a0009196_1404126.jpg
見事日本のIさん、優勝です。おめでとう**2。
トリオやアンサンブルで、マレーシア、台湾、香港などのアジアの若手が上位進出を果たしました。世界にアジアありを示した大会でした。残念ながら日本からのエントリはありません。


a0009196_1444098.jpg
閉会後、張り出されている結果を見入る人たち。
台湾のヨン様ことJang Liさんはカテゴリ3、4で優勝。素晴らしいです。


a0009196_1573420.jpg
これがトロフィーです。


a0009196_1583398.jpg
ロビーでHoward Levyさんと。穏やかな紳士でした。


a0009196_21462.jpg
玄関で、Triangleの皆さん。


a0009196_2103568.jpg
昼食は、Aコース、Bコースが一緒の最後の食事となるので、Trossingenで一番いいホテルBarenのレストランで。飲み物はモリダイラ楽器の会長さんから提供され、つい、真っ赤に。それぞれ記念写真を。Nさんと。


a0009196_261295.jpg
Yさん、Iさんと。


a0009196_2114645.jpg
Aさんや草加から参加の皆さんと。


a0009196_2124879.jpg
レストランの中で、A、Bコース全員。


食事が終わった後、バスは二手に分かれ、Aコースの人はフランクフルト空港に向かい帰国の途へ。私を含めたBコースの人は観光にフュッセン方面へ。さようなら、また4年後にご一緒できればいいですね。
[PR]
by chromclass | 2009-11-27 02:09 | | Comments(0)
引き続き「峠の我が家」
前回に続き、今回も峠の我が家に取り組みました。組み合わせを変えて、2チームに分け、それぞれのチーム内で仲間を助けながら練習する様子がよかったです。ただ、その分進行が遅く、気が付くと発表の時間。それぞれのチームに発表してもらった後、次の課題曲「竹田の子守唄」を渡してざっと練習しました。次回は今年最後になります。
[PR]
by chromclass | 2009-11-25 23:21 | 柏教室 | Comments(0)
Howard Levy
こんな奏者です。


[PR]
by chromclass | 2009-11-25 11:50 | 鑑賞 | Comments(0)
WHF2009(16)
10月31日夜

本部メイン・ホールでのガラ・コンサート
a0009196_1112192.jpg
Marko JovanovicとPiaccordia(独)の演奏。


a0009196_11142569.jpg
Jens Bunnge(独)さんの演奏。
ギターはUli Wagner。


a0009196_11172112.jpg
Howard Levy登場。
Horner Accordion Orchestraとの共演で、このために書かれた協奏曲を演奏。


a0009196_11211919.jpg
ハーモニカ奏者の誰かが亡くなったそうで、無伴奏で追悼ソロ。
Amazing Graceだったと思います。バグパイプの音を出していましたから。


a0009196_1131629.jpg
ギターにChris Sieboldを迎えて。
Howard Levyと言えば、10 holesハーモニカでクロマチック・スケールをこなす大家。
Joe Powers氏に、ここで会ったことを話すと、彼は他の惑星からやってきた人間だよと評していました。
とにかく凄い。


a0009196_11251261.jpg
ピアノを弾きながらハーモニカも吹きます。
いやあ、すごかった。
[PR]
by chromclass | 2009-11-25 11:26 | | Comments(0)
Jens Bunge
ついでにJens Bungeさんのも掲げます。新しく見つけたものです。

[PR]
by chromclass | 2009-11-24 23:06 | 鑑賞 | Comments(0)
Olivier Ker Ourio
同じく審査員Olivier Ker Ourioさんも探しました。この曲をガラコンでやってくれました。

[PR]
by chromclass | 2009-11-24 23:00 | 鑑賞 | Comments(0)