<   2010年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧
6/8、ヘ長調
本日の、「初めてのハーモニカ」は前回に引き続き、個人レッスンの様相。
「みかんの花咲く丘」に取り組んでいますが、音を伸ばすところでカウントが取れない様子。6/8拍子を1、2、3、1、2、3、的な数え方をしているうちに、5拍伸ばしと1拍休みが5拍伸ばしだけになってしまうようです。そこで、6/8拍子の数え方を変えて、イーチ、ニーーのように2拍子的な数え方に変えてやってもらいました。最初のとまどいはどうしてもありますが、そのうちに音の伸ばしは正確にできるようになりました。歌で歌う分には何ともないのに、ハーモニカを咥えるとカウントがおかしくなるって、初心者の方にはよくみられる症状です。次に息が苦しいという話題になりました。フレージングとブレスの説明をしました。ただし、ハーモニカ特有のブレスの問題にぶつかりました。歌にしても管楽器にしても、ブレスと言えば息を吸えばいいのですが、ハーモニカの場合、次の音が吸う音だった場合にはブレスで息を吐かないといけないわけです。熟練者は自然にそうしているはずですが、初心者の場合にはこれも戸惑いの的でした。

次に「クロマチック」のレッスン。本日は「アニー・ローリー」の練習。初見状態でまったく拍子を取れない人がいたため、白板に譜面を書いて、手で進行を示しながら練習をするうちに、なんとか拍子が取れるようになりました。お手本を所望されたので、ハンド・ビブラートたっぷりの表情付けで模範演奏。そして、ハンド・ビブラート(ハンド・カバーではない)のやり方を伝授。これを解説している教則本はあまりありませんが、効果的に使えるようになれば、合奏の時便利ですし、極めればあの「時には母のない子のように」の森本先生に似た音色を作ることができます。もっと注目されてもいいビブラートだと思っています。

次にヘ長調の音階に進みました。Bbの音をどう読むべきか、教室によっていろいろ違っているのが現状ですが、私のやり方、頭の中でA#と読むやり方を説明して練習してもらいました。4分音符の音階と、それを速吹きするために16分音符と思って吹くやりかたのコツをやって、「赤い河の谷間」の練習に入ったところで時間切れ。

次回は来週ですので、忘れないうちにレッスンがやってくるのはいいことだと思います。
[PR]
by chromclass | 2010-05-31 23:13 | 草加教室 | Comments(0)
NPOの会合での演奏
本日は「NPO法人 市民助け合いネット」様の会合のアトラクションとして呼ばれ、久々にマドリガルで約1時間演奏をしてきました。会場は畳の大広間ですが、舞台がしつらえてあって、そこで演奏です。

マドリガルは、クロマチック、クラシック・ギター、二胡の3人編成で、持ち込んだアンプには入力が4個まで可能なので、40人ほどの出席者の前では十分なパワーがありました。

今回は、聞かせるだけ寄りは歌ってもらおうとの趣旨で準備しました。演奏曲目は、

・みかんの花咲く丘
・高校三年生
・学生時代
・若者たち
・荒城の月
・さくら貝の歌
・遠くへ行きたい
・長崎は今日も雨だった
・世界は二人のために
・瀬戸の花嫁
・翼を下さい
・二人でお酒を
・忘れな草をあなたに
・かあさんの歌
・ふるさと

と盛りだくさんでした。歌詞カードを用意して行きましたが、ひょっとした若い人達ばかりで知らない歌なんて言われるかも知れないと思いましたが杞憂でした。このNPOは独り暮らしのお年寄りを助ける活動をやっておられ、定年後まだ元気な方たちがボランティア的にやっておられるので、どの曲にもしっかり歌で応えてくれました。

演奏後には食事とビールがふるまわれ、その席上、このような演奏はよそでも可能かとの問い合わせが2件ありました。ええ、ええ、もちろん、こちらとしても大歓迎です。

写真を撮ってくださって、後日いただけると言うので、アップも後日となります。
写真が届きました。演奏中のCD-ROMも添えられています。ありがとうございました。
a0009196_13434730.jpg
このように、お座敷の宴席での演奏です。


a0009196_13441338.jpg
もんなか・もんじゃ・オーケストラの中で異質な楽器の奏者が集まってできたバンドです。
二胡、ハーモニカ、クラシック・ギターの編成。
アンプは4系統のインプットが可能でそれぞれボリューム調節できるので便利です。
[PR]
by chromclass | 2010-05-30 19:01 | 演奏会 | Comments(0)
Mellow Tone
S教室Kさんからの依頼。

メンテしているうちにだめになったのでと、6番E音のリード交換を希望。

調べてみるとそのリードは以前にリード交換した痕跡があります。修理しても新品と同じにはならないので、音程が下がりやすくなっていた可能性があります。

リードを交換して、他にいくつかのリードの調律を行いました。
[PR]
by chromclass | 2010-05-29 17:15 | 修理、改造 | Comments(0)
時間が足りない
昨日のレッスンは先ず

・ポーリュシュカポーレ

で景気づけ。曲自体は簡単なので、ちょっと勉強してもらうことに。それはバス・パート。へ音記号で書かれていますが、コード・ネームと密接に関係していること、ヘ音記号の意味、ヘ音(F音)の場所の説明、1度と5度が使われることが多く、したがってメジャー、マイナーの区別が無いこと、ストリング・ベースをイメージして音を減衰させることなどの説明を交えながら、バス・パートを16穴の最低音部で吹いてもらいました。この程度の曲なら、バスを担当しても楽しいねと実感してもらえたと思います。

次は

・忘れな草をあなたに

リピート記号、D.S. Segno記号などで混乱したためか、前にも練習しているのに中々完成度が上がりません。まあ、高音、低音、5連符など課題の多い曲ではありますので、舞台に出るつもりで練習しないと難しいでしょうが。ハミングキャッツはこれを6月の演奏会で使う予定です。

最後に

・この木なんの木

1stは同じことの繰り返しなので簡単ですが、2ndは慣れないと辛いのでしょう。そして最後にフェイクする音が。ひとしきりみんなでフェイクの練習。少しできつつある人もいます。クロマチックが楽しくなる奏法ですので、ぜひマスターしてほしいです。

あ、もう終了時間。というわけで

・遠くへ行きたい
・悲しくてやりきれない

は次回回し。課題がたくさんあって、時間が足りません。90分があっという間ですね。

参考のYoutubeを出しておきます。

[PR]
by chromclass | 2010-05-27 01:07 | 柏教室 | Comments(0)
第14回じみコン
小雨降る中、観客が増えたか減ったかは不明ですが、会場が大きいこともあって約200名の方が聴きにくれたとのことです。
a0009196_23403310.jpg
19番目の出番。1曲目、クロマチック2本で
・氷雨
を演奏。写真提供S.I.さん。

飲ませて下さい、もう少し

演歌らしい演歌ですね。今後も何度も演奏することでしょう。


a0009196_23415116.jpg
2曲目、クロマチックとバスで
・ゲゲゲの鬼太郎
を演奏。写真提供S.I.さん。
不気味で良かった、アイデア賞もの、イメージが変わったなど、好評でした。
実は舞台上にまで下駄を持ちこんだんですが、あがってて履き忘れました。ちょっと残念。


a0009196_2343489.jpg
演奏後、楽屋にて。鬼太郎とネコ娘です。この日のために髪を伸ばしていました。


a0009196_23443817.jpg
最後の全員合奏後に観客席をパチリ。


a0009196_23454444.jpg
全員合奏直後の舞台の上。


打ち上げは駅の近くの中華レストランで。2時間の飲み放題。
出演者の皆さん、ご苦労様でした。楽しかったですね。
[PR]
by chromclass | 2010-05-23 23:51 | 演奏会 | Comments(0)
明日はじみコン

年に一度ジミな裏方が表に立つコンサート、「じみコン」、いよいよ明日です。

ジミー達、今年はどんな派手な衣装で出ることでしょうか。楽しみです。私の衣装も楽しみにしててくださいね。
[PR]
by chromclass | 2010-05-22 23:04 | 演奏会 | Comments(0)
270 Deluxe
M. K.さんの依頼。

3番A音がビビるとのこと。

ちょっと試しに吹いてみると、すごいビビリ音が出てびっくりしました。でも、対処は意外と簡単でした。バルブは白いのと茶色いのが2重になっていますが、それが唾液で貼りついて1重状態になってしまっていたのです。それをヘラを間に差し込んで剥がしてやると、全くビビらなくなり、問題解決です。

他に、リードを観察していると上げ見の少ないところが数か所あり、案の定吸い詰まるので上げ見調整をしました。さらに、いくつかのリードの調律を行いました。
[PR]
by chromclass | 2010-05-22 22:56 | 修理、改造 | Comments(0)
Mellow Tone
M. K.さんの依頼。

7番G音の音程が下がっているとのこと。

調べてみると、半音程度下がっています。リード交換すべきと思いましたが、念のため鑢で削って音程を上げました。でもその状態で強く吹くとどんどん音程が下がるので、やはりリード交換をしました。

その他いくつかのリードの調律をしました。
[PR]
by chromclass | 2010-05-22 22:49 | 修理、改造 | Comments(0)
個人レッスン
「はじめてのハーモニカ」では欠席者が出たため個人レッスンになってしまいました。それで希望曲の「みかんの花咲く丘」にじっくりと取り組みました。1番と2番でオクターブを変えて吹くといいと思うのですが、複音ハーモニカではそれが結構きついのですね。低音、高音のチグハグ配列の部分が使われるので、とても複雑です。その点、クロマチック・ハーモニカはいいですね。

「クロマチック・ハーモニカ」では「12の誕生日」と「小さな日記」の練習をした後、ハ長調の音階練習に取り組みました。足の動きに連動させるのが課題として浮上してきました。これを克服しないと、後々のポピュラー系のシンコペーションに対応できないから、頑張ってほしいです。
[PR]
by chromclass | 2010-05-17 23:53 | 草加教室 | Comments(2)
SHARAハーモニカ 3rdライブ
本日はハーモニカ・カルテットSHARAのライブに行ってきました。鶴田教室の精鋭です。
a0009196_2350835.jpg
第1部と第3部はSHARAの演奏。バスを除いてすべてオープン・マイクでした。さすがFIHの上位入賞グループだけあって、演奏技術は以前に比べて格段の進歩を示していました。おしゃべりも上手。


a0009196_2350487.jpg
第2部は特別ゲストのこまんたれう”の演奏。複音を主体に、バスやコードも使う独特のスタイルで、オリジナル編曲の演奏、いつものようにすべて暗譜でこなす素晴らしいステージ。


最後は両グループによる「もしも明日が」の演奏、かつ客席のお客さんにも歌ってもらい和やかな演出でコンサートを終えました。打ち上げパーティにも参加させてもらいましたが、称賛しきりでした。
[PR]
by chromclass | 2010-05-16 23:50 | 演奏会 | Comments(0)