<   2010年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧
聖夜、フェイク、音出し
午前1

今回は草加教室でも使った「聖夜」の二重奏に取り組んでもらいました。上線の音符がよく出てくるので、「ド」と「ミ」を読むことをマスターして、後はその近辺の音として読むコツを披露。うまく二重奏でハモるようになりました。

その後、フェイク奏法について説明と実践練習。「真夜中のカウボーイ」と「セレソローサ」の例題を基に練習して、今回はかなりいいとこまで到達できました。

午前2

こちらは相変わらず音出しの練習ですが、少なくとも単音のきれいな音が出せるところまで漕ぎ付けたので、日々の練習パターンを指示して終了。

次は2週間後になります。師走ですねえ。
[PR]
by chromclass | 2010-11-30 23:52 | お茶の水教室 | Comments(1)
聖夜
本日は、はじめてのハーモニカのレッスンのみ。

昨年練習した「聖夜」を再度練習。6/8拍子というのがなじめないようで、相当苦労しました。でも、2ndパートも練習し、ポケット・コードも練習し、最後は生徒さんだけの合奏をなんとかやり遂げました。

クリスマスも近くなってきました。
[PR]
by chromclass | 2010-11-29 19:51 | 草加教室 | Comments(0)
芽ばえ

[PR]
by chromclass | 2010-11-28 00:31 | 鑑賞 | Comments(0)
ひなげしの花

[PR]
by chromclass | 2010-11-28 00:28 | 鑑賞 | Comments(0)
朝のハーモニカ
本日10時から、京都の女性ハーモニカ奏者あらいなおこさんのコンサートがありました。
以前、って、7、8年前だろうか、東京でコンサートがあったとき以来でした。
a0009196_23412329.jpg
今回はアンデルセン文化事業部の主催で、会場の北トピアカナリアホールは王子駅の近くの14階にあり、とても素敵な場所でしたが、椅子が14個しか並んでいなくて余裕たっぷりのコンサートでした。実際に入った観客は9名で、興行的には苦しいのではないかと思いました。

今回はピアノ伴奏の嶋村よし江さんを帯同しての演奏。色々なジャンルからの選曲で朝の一時を楽しませてもらいました。演奏を聞いていて、ふと彼女が所属していた京都ハーモニカ・カルテットの演奏が思い出されたことでした。
[PR]
by chromclass | 2010-11-25 23:49 | 演奏会 | Comments(0)
クリスマス・ソング
今夜は指慣らしにF調速吹き練習を軽くやった後、「踊りの輪」の練習とデュオ・チームごとの発表会。3チームでしたが、それぞれに工夫を凝らした演出もあってよかったと思います。後打ちの練習になりましたね。

その後、「おめでとうクリスマス」を全員で練習してから、同じデュオ・チームで発表会をしました。オクターブを上げてもよいと自由度を増やしましたので、チーム毎に変わっていて面白いです。ポピュラーの教室なので、演出を考えられるようになることも大事です。将来はアドリブへ・・・・・・・。

音の深みを出す口の形についても説明しました。

最後に「荒れ野にみ使い」の全員練習で時間切れです。讃美歌もいいですねとの声が出ました。さあ、いよいよ来月はクリスマス・シーズン。「もみの木」にも手を付けなければいけませんね。
[PR]
by chromclass | 2010-11-24 23:27 | 柏教室 | Comments(0)
木村寛さんを偲ぶ会
本日15時より両国の西光寺より、偲ぶ会が催されました。
読経、焼香のあと、ゆかりの人の思い出話と演奏が行われました。
私達早稲田大学ハモソOBバンドは、2番手で登壇、次の2曲を演奏しました。

・サントワ・マミー
・ゴッド・ファーザー愛のテーマ

引き続き何名かのお話と演奏が続きました。
a0009196_2338565.jpg
遺影の前でのお話と演奏。
サロンド演歌代表佐藤さん。


a0009196_2341142.jpg
西光寺住職による明かりを消してのパネルシアターのパフォーマンス。暗闇の中で幻想的。バッキング演奏の新生ノーブランズ、暗譜で演奏のご様子。


a0009196_23444981.jpg
明かりを付けてのパネルシアターのパフォーマンス。このバッキングをずっと続けてこられたご縁でこのお寺が偲ぶ会の会場になったようでした。


a0009196_2347568.jpg
木村さんご子息のギター伴奏で演奏する、大井川美佳さん。
故人とは幼稚園、小学校からの付き合いだそうです。


故人のご家族の紹介、挨拶で、第一部の演奏会は終了。第二部は下の部屋に移りご会食。様々の思い出が語られました。

当会終了後、我らOB有志は二次会でさらにクラブ活動の色々な想い出を語り合い、個人の冥福を祈りました。木村さん、安らかに。
[PR]
by chromclass | 2010-11-21 23:53 | 演奏会 | Comments(0)
長野レッスン
午前1 クロマチック個人レッスン

NHCの新年会で披露する曲を「白い色は恋人の色」に決めましたので、その練習をしました。途中でAmからBmに転調するので、D調の音階練習と速吹き練習にしばし時間を費やしました。次いで曲の演奏に入りましたが、結構シンコペーションの多い曲ですので、再度アイウエオ・シンコペ攻略法(勝手に命名)を確認してもらいながら練習しているうちに、お昼の時間。また、来月に音合わせをしましょう。

午後1 レスポワール

名古屋で演奏会があるので、そのための曲「翼をください」を練習。もう暗譜しているので、立ってアーチ状に並んで、お辞儀から演奏、最後のお辞儀までを通して何度も練習しました。注意事項として、本番が近付いたためかみんな緊張で音が小さく、表情に明るさが見られません。楽しそうに、音量豊かに演奏してもらうように助言、回数を重ねるごとに大きな音で明るい表情に演奏するようになってきました。

残りの時間、3月のアンデパンダン向けに「ボギー大佐」の練習を数回やって、最後にもう一回「翼を下さい」を練習して時間となりました。

午後2 クロマチック・グループ・レッスン

今日は合奏における流しの楽しみ方を演題に「禁じられた遊び」を練習しました。当初、メロディをビブラートをかけてきれいに吹く練習をし、次いで2ndと3rdがきれいな和音で流しを演奏するためのビブラートのかけ方、ritやフェルマータのときの足の動き、指揮者がいるときの合わせ方、指揮者がいなくなったときのメロディ奏者の首の振り方など、盛りだくさんの練習をしました。幸い、流しで和音が変化していくサウンドの響き方いみんながとても喜んでくれて、うれしかったです。途中からコードとバスに持ち替えた人もいて、重厚な5重奏の演奏となりました。特筆すべきは、コード・ネームしか書いてないのに、バス奏者がその場でちゃんとバス音を出してくれたことです。初期のころに、バスの人はコード。ネームを気にしながら吹くとよいと伝えてあったのが立派に実を結んでいるなと感激でした。

さて、いつもより早めにおわり、お土産のお焼きを買って帰宅しました。
[PR]
by chromclass | 2010-11-20 23:53 | 練習 | Comments(0)
ド演歌向き奏法
ハーモニック・オムニバス向きの練習曲第2弾「有楽町で逢いましょう」のメロディをやってもらいたいので、大袈裟な横隔膜ビブラートの方法を伝授しました。やり方は理解できたようです。森進一の歌い方みたいな感じですね。

ただ、技法を伝授しても、それを演奏に生かすことができるまでには相当な自覚と練習量が必要なんですね。来年6月まで半年以上ありますから、本番でカッコよく使えるようになるといいな。

因みに、「恋の季節」で後フェイクを伝授してあったのですが、結局は本番ではものにならなかったです。
[PR]
by chromclass | 2010-11-18 15:37 | 練習 | Comments(0)
アルペジオ
「みんなの街ハーモニカ・コンサート」も終わったので、昨夜はハーモニック・オムニバス用に新曲を用意して行きました。「サウンド・オブ・サイレンス」の3rdはギターのアルペジオをハーモニカでやろうという試みにしたのですが、アルペジオって、ハーモニカでは苦手なものの一つ。担当者ができなければ私が担当するか位に考えていたのですが、なんと3rdの担当者がすらすら吹くではありませんか。そういえば彼はマンドリン・アンサンブルに入っていたことがあったんだっけ。

いや、他の楽器では普通ですよ

って。ごもっとも。試しに1st、2ndの担当者にも試してもらったところ、全然できません。ま、それが普通。

てな訳で、今までの担当で練習していけることとなりました。
[PR]
by chromclass | 2010-11-17 12:06 | 練習 | Comments(0)