<   2011年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧
Bb調
Bb調の練習を継続中。まず速吹きパターン3種類を練習してもらいました。

次に、Gm調(Bb調の平行調)の「サンライズ・サンセット」の1stと2ndをそれぞれ全体で練習し、次にグループ分けして二部合奏を何度か楽しみました。

以前は個の後すぐ#3個とb3個の調に進んだのでしたが、わずか2曲ずつではD調やBb調にまだまだ慣れないと思われたので、Gm調の「コロブチカ」を配り、練習に入りました。フォークダンスの代表曲の一つであるこの曲を踊ったことがない人を尋ねたところ、誰も挙手しませんでした。全員の青春の思い出の曲なのですね。筆者も高校時代に昼休みや学園祭のフォークダンスでこの曲に出合いました。途中の転調がとても印象に残っています。

さて、小節を区切って少しずつ前に進んでいくと、16分音符の華麗な部分が出てきます。この曲ではそれがスライド操作で乗り切れること、この調はとても滑らかに吹けることなど説明し、b1個の調への転調も経験し、最後までたどり着きました。しかし、楽譜を配ったとき、こりゃ難しいと言っていた人も一曲通して演奏しています。知っている曲だというのが大きいとは思います。でも、かなりの読譜力も要求されますから、みなさんの実力が付いてきたのも大きな要因だと思います。

次回、もう一曲Gm調の曲をこなしたいと思っています。
[PR]
by chromclass | 2011-11-30 23:54 | 柏教室 | Comments(4)
Special 48
K. さんの依頼。

音程その他調整依頼とのこと。

最初調べたときに二本のリードを交換する必要があると見積もったのでしたが、一本を交換した後、もう一本のリードをよく観察したところ、リードの傷みはなくて、取り付けたリベットが少し緩んだ感じでした。そこで、リベットを裏側から打つかしめの作業をしたところ、弾くとビーンとよく鳴る状態に戻りました。後はいつものように音程が狂ったリードを何本か調律しました。

マウスピースの取り付けに多少問題を感じたので、きちんと組み立て直すと、スライドもスムーズに動くようになり、満足できる状態に戻りました。
[PR]
by chromclass | 2011-11-30 23:24 | 修理、改造 | Comments(0)
270
T. さんの依頼。

ハーモニカを落としてしまって調子が悪いとのこと。

吹いてみると、スカスカと息漏れがします。調べてみると、落とした衝撃でカバーの上部がマウスピースとボディの間にもぐりこんでしまっているためだということがわかりました。

カバーを外して観察すると、上げ身がかなり低く満足に音が出せません。上げ身調整をし、音程が少し外れたリードも多かったので、A=443で調律しました、

スライドがカチャカチャ言ううので、マウスピースを分解すると、パイプが1個無くなっていました。補充して組み立てて完了。

とても鳴りやすいハーモニカとなりました。
[PR]
by chromclass | 2011-11-28 17:53 | 修理、改造 | Comments(0)
デュオ・サッシー・スタイル
a0009196_1593189.gif
黒い瞳を演奏した時の様子です。
[PR]
by chromclass | 2011-11-28 01:59 | 演奏会 | Comments(0)
Harmonica - Beautiful Music Video

[PR]
by chromclass | 2011-11-24 02:20 | 鑑賞 | Comments(0)
長野レッスン
11/23

レスポワール

「Harbour Light」を練習。当初ピアノ伴奏を想定して1st、2ndの合奏をしていましたが、ちょっとバス、コードを入れてみるうちに、これはハーモニカ・カルテットでもやりましょうということになりました。NHC研究会で取り上げられた曲ですが、ハーモニーもきれいです。途中から振付を入れてみたらどうかと提案し、その練習もしました。息継ぎの記号が入っている直前で音を止めるようにしたところ、フレーズ感が出てきていい感じになりました。コード・ハーモニカの吹き方は、ウクレレで伴奏しているような気分でやると感じが出ると思います。

次に「津軽海峡冬景色」のカルテット練習をしました。石川さゆりさんのお手本を聞くと、結構速い曲なんですね。ちょっとゆっくり目で練習をしました。全体に歌うようにスラーのかかったメロディを吹いてもらうようにしました。石川さゆりさんがハミングでオブリガートを歌う部分は、結構リズムが取りにくそうでした。コードは一番と二番で吹き方を変えて盛り上げていくようにするとよいと思います。

最後に、「雨にぬれても」をカルテットで練習しました。かなりシンコペーションのところがたくさんあり、感じを掴んでいくようにする必要があると思います。

クロマチック・ハーモニカ

「タイスの瞑想曲」を練習中です。今回カラオケにiPad2を持っていったのですが、インターネットにうまく繋がらなくて音が出ませんでした。試みにiPhone 4Sでやってみると、かなりの音量と音質で、十分練習に耐えることが分かりました。iPad2に関してはもう少し研究してみたいと思いました。帰りの電車の中ではうまく繋がりました。どうしてダメだったのか????でした。ハーモニカ振興会の試験があったため、あまり練習ができていないとのこと。終わったのでこれから練習に性を出すとのことで、楽しみです。
[PR]
by chromclass | 2011-11-24 01:05 | 練習 | Comments(0)
装飾音、読譜
中級

「Greensleeves」を引き続き練習。解釈を誤っていて難しく吹いている点が見られたので、ハーモニカでやる以上、簡単にできる方法が使われていることを納得してもらいました。替え穴の使い方次第でとても優しく装飾音を出せるので、色々応用が利きます。

初級

「母さんの歌」二重奏に取り組みましたが、まだまだ楽譜を読んで吹いているとは思えません。改めてC調の音階練習を、C音からとD音からの2通りをみっちり練習しましt。
[PR]
by chromclass | 2011-11-22 23:52 | お茶の水教室 | Comments(0)
カラオケ、速吹き練習
初めてのハーモニカ

「ふるさと」、「竹田の子守唄」、「七つの子」、「ゆりかごの歌」の4曲をカラオケに合わせて演奏することができるようになりました。この時間の中で4曲というのは、読譜力が付いてきたあかしでもあります。次回はこれまでやっていない曲に取り組みたいと思います。

クロマチック・ハーモニカ

Amの「母さんの歌」の二重奏を何回か合奏してもらったところ、2ndを担当するときに穴を一つ左側にずれたまま演奏している様が見て取れたので、心で思う音と実際に出ている音が違うのに気付いていない状況であると見て取りました。それを解消するには、頭の中で音名を唱えながら吹く音階練習や速吹き練習を反復練習するのがよいと考えています。

C調の速吹きパターンを順に練習していきましたが、16分音符のパターンなのに足の動き、体の動きが8分音符の動きになっているのを是正しながら、また、休符を含んだ繰り返しパターンをそのとおりに吹くことにも気を付けました。参考に、1拍で音が3つ出る三連符の音階練習を紹介して、しばらく練習してもらっているうちに時間となりました。

基礎でつまらないかもしれませんが、基礎がこなせなくてメロディやオブリガートがうまくいくわけはないので、我慢して取り組んでもらった感じです。それを独力で毎日こなすようになると、グーンと上達すること間違いないんですけどね。
[PR]
by chromclass | 2011-11-22 00:16 | 草加教室 | Comments(0)
280
S. T.さんの依頼。

7番G音のリード交換を依頼とのこと。

リードは見事に中央で折れていました。即、リード交換。

他に調律が必要なところを調べると、かなりあちこち調律しなければならないところが見つかり、それぞれ調律しました。

マウスピースの取り付け方が緩く見えたので観察してみると、なんとボディの一番右側のところに割れ目が入っていて、うまく締まらないのでした。割れてはいないので、プラスチック用の接着剤を流し込み修理してみましたが、あまり接着度が強そうに見えません。そこで、マウスピースのネジに、通常のナットに加えて割れ目にまたがるようにもう一つナットを付けてみました。応急処置としてはうまくいっていますが、いずれボディは割れてしまうと思いますので、その旨説明しておきました。部品(プラスチック・ボディ)は楽器店を通してモリダイラ楽器から入手できると思います。
[PR]
by chromclass | 2011-11-21 00:01 | 修理、改造 | Comments(0)
第1回大宮ハーモニカコンサート
市民会館おおみや小ホールにて12時~16時に開催されました。
52組の出場者があり、それぞれ1曲ずつの演奏となりました。
a0009196_2336063.jpg
小ホールですので273名の定員、小じんまりした会場でした。


a0009196_23371956.jpg
デュオ・サッシーの出番は48番目。待ち時間の間に記念撮影。

演奏曲目

・黒い瞳(クロマチック+コード)


a0009196_1593189.gif
舞台でかなり動きまわりました。歌詞の邦訳は次のようなものです。(出典:黒い瞳 - Wikipedia)

黒い瞳、情熱的な瞳
燃えるような、そして美しい瞳
何と私はお前を愛していることか、何とお前を恐れていることか
きっと私は悪い時にお前と出逢ってしまったのだ

おお、深淵よりもなお暗いのにはわけがある
それは私の魂への喪服なのだ
それは私の哀れな心を焼き尽くす
勝利の炎なのだ

だが私は悲しくはないし、みじめでもない
この運命は私には慰めなのだ
神が与えたもうた全てのよきものは
その燃えるような瞳に生け贄としてくれてやった


a0009196_23391884.jpg
51番目、ゲスト演奏で、田端久子さんの「津軽海峡冬景色」の演奏。


a0009196_23404956.jpg
52番目、ゲスト演奏で竹内克好さんの「メンデルスゾーンメドレー」の演奏。


a0009196_23424195.jpg
演奏は、独奏が多くてスムーズに進行したので、30分早く終焉となりました。
会場近くの徳寿庵で打ち上げパーティが開かれました。
[PR]
by chromclass | 2011-11-19 23:44 | 演奏会 | Comments(0)