<   2012年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧
Joint Security Area Music Video
最初と間奏でちょっと10ホール・ハーモニカが流れます。それだけでも嬉しい。

[PR]
by chromclass | 2012-01-31 21:42 | 鑑賞 | Comments(0)
冬の夜、スイング曲
初めてのハーモニカ

新しい曲に挑戦ということでG調の「冬の夜」をカラオケで練習しました。まずは階名で音譜を素読する練習をして、実際にハーモニカで吹き始めbました。カラオケ伴奏のピアノが微妙に伴奏パターンを変えるので、注意深く伴奏を聞いて、惑わされないように注意して練習するようにしました。

クロマチック\ハーモニカ

スイング曲の練習に入りました。まず「友達賛歌」。これはシンコペーションが出てこない素直なスイング曲。次に「ワシントン広場の夜は更けて」に挑戦。しかしのっけからシンコペーションが出てくるので、その分析、攻略方法を延々と続けることに終始しました。難しいのでしょうね。
[PR]
by chromclass | 2012-01-30 23:35 | 草加教室 | Comments(0)
Accorda
R. M.さんの依頼。

ちょっと変色しているのと、Cのコードの音がおかしいとのこと。
a0009196_0461224.jpg
変色については錆の兆候が出た程度のことだったので、Yamahaのメタル・クリーナーで磨いたらきれいになりました。

Cのコードについては、リードが2枚音程が狂っていました。内側のリードになるのですが、リード・プレートを外すには釘留めの釘を外す必要があり、気密性にも悪影響が出るので、バルブを外して外側からリードを削って調律しました。Cコード以外にも結構狂っているリードがあり、10数か所の調律を行いました。
[PR]
by chromclass | 2012-01-30 01:12 | 修理、改造 | Comments(0)
Dueling harmonica Srgo Brothers in 1984 classic clip
ハーモニカ・ラスカルズやハーモニカ・ギャングに所属していた人達らしい。




[PR]
by chromclass | 2012-01-29 00:56 | 鑑賞 | Comments(0)
愛燦燦 美空ひばり スタンダードカラオケ

[PR]
by chromclass | 2012-01-29 00:26 | 鑑賞 | Comments(0)
長野レッスン
a0009196_23144049.jpg
長野に着いてすぐ昼食。レストランを出るとテラスに雪が。さすがにここで食べる気はしませんね。


レスポワール

「津軽海峡冬景色」をまず練習。元気よく吹くところ、懐かしそうに吹くところ、コードのリズムのアクセントの入れ方、2拍3連符の処理方法など、結構改良点f\がありました。

さて、残りの時間で近々本番がある「ハーバーライト」の練習をしました。スイング調について見直していると、ちゃんと楽譜にスイング調でやれとの指示があるのが見つかりました。失念していました。これで迷わずノリが出せますかね。かなり元気よく吹く意思を持っていないとゆっくりと演奏してしまうきらいがあるので、コードを歯切れよく、ウクレレ伴奏の感じを出すことに注力してもらいました。汽笛の効果音が入り、グッド。、あとは身体をみんなで揺らして吹くような演出があればもっと良くなるかもしれません。ぜひ工夫してみてください。

クロマチック

「愛の挨拶」。ネットでmidi演奏を探して鳴らしてみると、キーが違う。で、midi演奏ソフトのm16の機能を見直してみるとキーを変更できることが判明、1音下げるとまさに練習しているキーになりました。また、メロディをミュートすることもでき、すぐカラオケになることもわかりました。速度調整もできます。中々使い勝手のいいソフトです。次いで「タイースの瞑想曲」の練習。テンポの解釈の間違いなどを正し、高音のA音(ラ)の出し方についても工夫してほしいです。継続的な練習が必要です。クラシック曲は難しい。

帰途に着きましたが、随分日が長くなったように感じられました。春も近い。
[PR]
by chromclass | 2012-01-28 23:35 | | Comments(0)
課題曲
最初に口馴らしにA調の音階練習と曲を練習した後、配ってある譜面のうち、各人の課題としたい曲を表明してもらいました。その中から順次曲練習をしていきました。曲の仕上げは各人が目指すこととし、曲のイメージを掴んでもらうことが目的です。

「赤い風船」。少しずつフレーズの練習をしていき、全体を通すまでになったところで、カラオケに合わせて通し練習をしました。

「出船」。配った譜面の中では比較的簡単な曲で、二部合奏にもなっています。1st、2ndそれぞれを練習した後、メンバーを分けて二重奏をしました。

「五匹の子豚とチャールストン」。かなり速い曲で、時間がないこともあり、2回ほどmidiの演奏を聞いて、各人で練習をしているうちに時間が来ました。

今回欠席も多かったので、次回は再度A調の音階練習から始めることとしました。
[PR]
by chromclass | 2012-01-26 00:32 | 柏教室 | Comments(2)
重音、読譜
中級

3度奏法の練習の後、難しい5度奏法はさらっとおさらいだけして、オクターブ奏法の練習に入りました。しかし、中々オクターブの響きが聞こえてきません。相当苦労した揚句、セロテープを3つの穴に貼り、とにかくオクターブの響きを覚えてもらおうとしている間に時間切れになりました。調律作業にもオクターブ奏法が必須となるのでぜひ覚えてほしいのですが、未知は険しそうです。

初級

読譜力を養ってほしいので、練習したことのない「秋でもないのに」に取り組んでもらいました。調子記号に眼を配らない、符点の長さがわからない、自分が出している音が何かわからない、5線をはみ出す音が読めない、音階読みをしていない等いろいろな課題が浮かび上がってきました。それらを頭に入れて次のステップに進んでいきましょう。

時間外ですが、バンドに参加してもらった関係で、そこで取り組んでいる曲の予習にも取り組みました。メロディはわかっても、前奏、間奏、後奏などが吹けないのは、やはり読譜の訓練が必要なことを示しています。今後の課題です。
[PR]
by chromclass | 2012-01-24 23:59 | お茶の水教室 | Comments(0)
Harmonica Junction Phantom of the Opera.avi


Al & Judy Smith参加のグループ。和音が楽しいのだと言ってた。
[PR]
by chromclass | 2012-01-22 02:16 | 鑑賞 | Comments(0)
Harmonetta 12
N. Y.さんの依頼。

6番F#音のリードがだめになったとのこと。

Harmonetta用の交換用リードは手持ちがないのですが、長さを比較してみるとMellow Tone用のリードがぴったりでした。リード交換して他のリードも調べたところ、色々と音程が下がっているんのが見つかり、それらの調律も行いました。
[PR]
by chromclass | 2012-01-20 23:45 | 修理、改造 | Comments(1)