<   2012年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧
Jevetta Steele - Calling You

途中からWilliam Galisonのハーモニカが入ります。
[PR]
by chromclass | 2012-05-30 12:15 | 鑑賞 | Comments(0)
Ennio Morricone,Spiel mir das Lied vom Tod & Cheyenne & Once Upon a Time in the West

[PR]
by chromclass | 2012-05-29 09:04 | 鑑賞 | Comments(0)
みんなで唄おう大合唱2012.5.26
南流山センター祭りの一環として、第5回みんなで唄おう大合唱が開催されました。

a0009196_18334564.jpg
受付のスタッフのみなさん。


a0009196_1835066.jpg
開会前。下の階でマジック・ショーが行われているとか、お客さんの出足が少し遅いようです。
歌詞カードはスライドとして映写されました。


a0009196_18362444.jpg
第一部中間で、ロックベル合唱団の持ち曲が披露されています。


a0009196_18374225.jpg
お客さんも大分集まってきました。


a0009196_1839968.jpg
デュオ・サッシーの本日の服装。

演奏曲目
・この広い野原いっぱい
・花
・四季の歌
・おお牧場はみどり
・赤とんぼ
・デュオ・サッシー 夜明けのスキャット(クロマチック×2)
・ロックベル合唱団 そのままのあなたの道を
・ロックベル合唱団 輝く大地流山
・カチューシャ
・高校三年生
・蛍の光
・仰げば尊し
・知床旅情
・ふるさと
・浜辺の歌
・デュオ・サッシー テキーラ(コード、クロマチック+バス)
・ロックベル合唱団 ともだち
・川の流れのように
・今日の日はさようなら
・おぼろ月夜
・瀬戸の花嫁
・荒城の月
・手のひらを太陽に

テキーラは会場のみなさんが手を打って、一緒に「テキーラ」と叫んでくれました。私達は、曲の最後でメタリックのくもの巣テープを投げて盛り上げました。

とても楽しい歌の会でした。
[PR]
by chromclass | 2012-05-26 18:48 | 演奏会 | Comments(1)
CAST CRICKET
a0009196_20172631.jpg
レベル 2


a0009196_20181521.jpg
やさしい方です。
[PR]
by chromclass | 2012-05-24 20:18 | 雑感 | Comments(0)
シャープ、フラット
ハ長調の音階練習、速吹き練習を足踏みしながら練習。

以前からのメンバーには、練習してきた曲を発表してもらいました。「ポーリュシカ・ポーレ」と「すずらん」の2曲が披露されました。

新しいメンバーから、調子記号の#、bの意味がわからないとの質問があり、ト長調、ヘ長調の吹き方の練習をしました。ヘ長調を実感してもらうために初級Iのテキストから「赤い河の谷」を練習しました。5線譜を読めない人には、つきっきりで階名読みを教えました。少しずつ実感が湧いてきているようなのはうれしい。
[PR]
by chromclass | 2012-05-24 01:35 | 柏教室 | Comments(0)
リズム感の養成
中級

今回はリズムをしっかり読みとれるように、昨年の合宿のテキスト「中級と言えるために」で「遥かなるアラモ」に挑戦。「アイウエオリズム攻略法」を実践しました。最初はメロディに入った音源と共に数回練習。次は1stを抜いた音源にして数回。最後は2ndも抜いた音源で数回と練習をしました。iPhone アプリの「m16」は便利。dropboxに入っているmidi音源をダウンロードして鳴らすのですが、パートをその場で簡単にミュートできるのでこんな使い方が苦労せずに可能なのです。

残りの時間で、どうテキスト後半のがんド・カバー奏法、ハンド・ビブラート奏法のおさらいをしました。聴衆にいかにいい音を届けるかがキーワードですね。

初級

このクラスもリズム感の養成が必要なので、同じテキストを使いました。楽譜の読み方がまだできていないので、中級ほどにはうまく進みませんが、ゆっくり取り組んでいきましょう。
[PR]
by chromclass | 2012-05-22 23:55 | お茶の水教室 | Comments(0)
楽譜に慣れる
初めてのハーモニカ

今日初めての方がいたので、楽譜の音の高さの読み方を説明して、やさしい童謡を何曲か声を上げて読むことをやってから、ハーモニカ(バイオリン・スケール)を吹いてもらいました。同様なのでみんな知っている曲ばかりですが、「桃太郎」で勝手な解釈で吹いていることがわかってきました。

それで、楽譜は音の高さだけではなく、音の長さも表してる、拍子の取り方はこうとまたまた基本に戻って説明と実践をしました。超初心者の場合は、これが必要なんですね。いちとにいと~とかあんまり教えたことがないので自分としても教え方の練習が必要かも知れません。

あまり童謡ばかりだとモチベーションが上がらなさそうなので、「遠くに行きたい」の練習を始めました。半音が出てきます。上の段を吹くという説明もしました。さて、ゆっくりしたところで拍子が数えられなくなります。次の講座の開始時間まで、精一杯練習しました。

クロマチック・ハーモニカ

久しぶりに講座が成立しました。なんと入院なさっていたとかで、体にあまり力が入らないとのこと。一人だけの講座になったので、あまりテクニックの高いものに挑戦する必要もないので、ハ長調「ふるさと」の二重奏をのんびりやることにしました。最初、1stを吹いてもらい、私が2ndを吹いてハモリを楽しみました。次に役割交代。休んでいた割にはしっかりと2ndを読んで吹けています。まあ、大分1stとは緊張感が違うらしいです。

ひとしきり病気の話などで時間を費やした後、きれいに吹く練習に入りました。ハンドカバー奏法を、手を動かすだけではなく、耳でビブラートがかかっていることを確認しながら吹く練習です。最初右手を動かしていましたが、クロマチックである以上、右手でボタンを押さなければなりません。たまたまハ長調なので今回はどちらでもいいのですが、左手を動かす必要性を認識してもらってひとしきり吹いてもらいました。いい感じ。次は温室です。口の中の形で深い音、浅い音が出るので、深い音を出すよう説明。実践してもらいました。

ついでに横隔膜ビブラートや喉のタンギングなど、よい音をいかに聴衆に届けるのに気を配っているかなどの話をしました。

時間一杯になったので、おしまい。病後でハーモニカが吹けるかどうかも心配されていたのですが、なんとか音を出せて一安心の様子。よかったです。
[PR]
by chromclass | 2012-05-21 23:36 | 草加教室 | Comments(0)
川崎ハーモニカ祭り
時間が押した演奏会でした。
a0009196_231543100.jpg
デュオ・サッシーは第1部最後でした。
演奏曲目

・避暑地の恋(クロマチック×2)

写真は深沢剛さんから頂きました。有難うございます。

チャールストンの動きを取り入れ、最後は旗の繋がったものを取り出すマジックで締めくくりました。


a0009196_23184035.jpg
コンサートのプログラムが終わった後、有志がステージじ上がり、「ふるさと」を演奏しました。
[PR]
by chromclass | 2012-05-19 23:21 | 演奏会 | Comments(0)
CAST KEYRING
a0009196_12205394.jpg
レベル 2


a0009196_12224451.jpg
Keyという文字を逆さにしてRingと読ませる演出があります。
以前そんな趣向があることを知ったとき、私の名前shojiを逆さにしてもshojiと読めるようにデザインしたことがありました。
[PR]
by chromclass | 2012-05-18 12:26 | 雑感 | Comments(0)
Amazing Harmonica Player, Tommy Morgan, Piano Accompanist , KatRyn Howell

トミー・モーガンさん、多彩です。
[PR]
by chromclass | 2012-05-15 12:42 | 鑑賞 | Comments(0)