<   2012年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧
みんなで合奏
速吹きパターン2種類を吹いてもらった後、新しいSuper 64で出ない音があるというので分解して調べたところ、低音域4番C#音のリードがリベットを中心に少し回転してしまっていることが判明。原因が分かればすぐ対処できて、音が出るようになりました。その作業の間に他のメンバーに自主練習を任せたところ、二重奏の練習で「ロンドン・デリーの歌」を練習していました。しばらく続けて、同様に「おめでとうクリスマス」、「忘れな草をあなたに」の二重奏を楽しみました。新メンバーも1stパートに参加してもらい、全員で合奏です。

最後に「私は泣いています」のアドリブ譜の部分を練習しました。
[PR]
by chromclass | 2012-10-31 23:44 | 柏教室 | Comments(0)
Velvet Voice
K. T.さんからの依頼。

Seydel Saxony同様の特殊チューニングを施してほしいとのこと。

こちらのリードは真鍮製で軟らかく、あまり苦労せずにチューニングできました。ほかのいくつかのリードについて、軽く調律しました。
[PR]
by chromclass | 2012-10-31 14:24 | 修理、改造 | Comments(0)
Seydel Saxony
K. T.さんの依頼。

以前別のハーモニカで依頼した特殊チューニングをこのハーモニカにも施してほしいとのこと。

早速取りかかりましたが、このハーモニカのマウスピースを外さないとリード・プレートも外せない構造になっていて、調律作業がとてもやっかいでした。また、ステンレス・リードであるために硬くて鑢で削りにくく、調律に時間がかかりました。それでも何とか特殊チューニングは完成し、その他のリードもかなりの調律を行いました。
[PR]
by chromclass | 2012-10-31 02:33 | 修理、改造 | Comments(0)
Hard Bopper
R. W.さんの依頼。

「カバーとボディーを支えているている4本の支柱の内、番号が刻印してある側の、4番下付近の支柱が、大きく曲がってしまっています。見てみると、その支柱の脚が、ボディーの穴から抜けてしまっています。」とのこと。

木製ボディからリード・プレートを外す際にカバーの支柱も抜く必要がありますが、抜いた後の穴が緩くなり、すぐ外れてしまう状態になります。カバーを外さなければ問題がないので通常はそのまま使いますが、それが困るようなので対処しました。

穴が少し拡がったわけですので、針の先に木工用ボンドをちょっと付けて4か所の穴の中に入れ、乾くのを待って支柱を差し込みました。しっかりと取り付けられています。

バルブ1枚の交換も依頼されましたので、交換しました。
[PR]
by chromclass | 2012-10-29 15:24 | 修理、改造 | Comments(0)
Hering 6164
S. K.さんの依頼。

調律して欲しいとのこと。

ちょっと吹いてみたら息漏れがすごいので原因を調べました。リード・プレートをボディに取り付ける際に少し傾いたまま取り付けたようで、取り付け方を直したらうまく鳴るようになりました。

全体的に音程を調べ、軽く調律しました。
[PR]
by chromclass | 2012-10-29 15:09 | 修理、改造 | Comments(0)
NHC研究会
a0009196_1532222.jpg
午前中はPAのアンプが不調で早々と昼食タイムに入りました。
昼食後は町田副会長による「コード」のお話。題材は「夕焼け小焼け」で、C調主要3和音他を書く小説に割り振っていく練習をしました。

次いで「吹きま専科」。課題曲「行進曲 士官候補生」のカルテット譜で、全員で練習した後に志願者が壇上に上がって演奏しました。4組の皆さんが応募されました。

次に恒例の「ミニコンサート」。9番目の出番でデュオ・サッシーが登場。

演奏曲目

・青春時代(クロマチック+バス付きコード)
・私は泣いています(クロマチック+クロマチック、バス付きコード)

その後もソロあり、小グループありで飛び入り演奏が続きました。

ほぼ提示に終了し、いつもの居酒屋で懇親会に。

さらにその後、二次会でハーモニカの練習をしました。
[PR]
by chromclass | 2012-10-28 23:18 | 会合 | Comments(0)
Hering 6164
M. E.さんの依頼。

3番A音の音程が下がっているとのこと。

リードをちょっと触ると折れ目が入りました。即、リード交換しました。他にもいくつか音程が狂っているものがありましたので調律しました。
[PR]
by chromclass | 2012-10-27 00:32 | 修理、改造 | Comments(0)
Hard Bopper
R. W.さんの依頼。

木製ボディにひびが入っているので、割れる前に補修して欲しいのと、A=443への全音調律をしてほしいとのこと。

カバーを開けてリードプレートを外すと、低音部に近いところがひび割れしていました。例のごとく、片側のリードプレートを付けた状態のまま、木工用ボンドでひびの部分を充填しました。乾くのを一日待って、反対側も同様に処置しました。

全音調律と上げ見調整を行いました。

スライドの動きが悪いので、マウスピースを分解掃除しました。
[PR]
by chromclass | 2012-10-25 01:21 | 修理、改造 | Comments(0)
私は泣いています
「私は泣いています」のアドリブ譜の練習をしました。

音の出し方で今更気付いたことがあります。ジャズっぽい曲を演奏する時の音の伸ばし方、アタック感の出し方などについてです。音の伸ばし方については、4分音符の場合、音を半分ぐらいの長さで切ってしまった方がよいと思いました。また、アタック感のない吹き方をしているので自分の吹き方と比較してみたところ、私は発音時にハーモニカをより唇に押しつける吹き方をしているのですね。それを踏まえて助言したところ、見事にアタック感が出ましたね。Good!

一方その間に初心者の方には初級Iに沿って曲を練習してもらいましたが、音階練習に加えて速吹きパターンの練習が重要だと思えましたので、初級IIの練習に入ってもらいました。曲の練習もさることながら、基礎練習に重きを置いている今日この頃。
[PR]
by chromclass | 2012-10-24 23:11 | 柏教室 | Comments(0)
古いChromonikaIII
私の一番調子がよかったハーモニカですが、先日の稲門祭の本番直前に8番(新しい番号付けでは4番に相当)B音の音程が下がっていることが判明、急遽、Sirius S-56で本番をこなしました。

そこで、B音のリード交換をしました。すでに何回か鑢で調律していたもので、もう限界と判断しました。
[PR]
by chromclass | 2012-10-24 02:25 | 修理、改造 | Comments(0)