<   2014年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧
Qi Mei 1248
H. K.さんの依頼。

第9回アジア太平洋ハーモニカ大会記念モデル。

a0009196_882940.jpg


2年前のアジア大会に参加したときに参加者に配られた記念モデル。第一印象ではあまり鳴りのよくないチープなハーモニカという感じでした。自分なりに上ヶ見調整をしてよく鳴るハーモニカに仕立てていました。

で、H. K.さんのも調整してあげると持ち掛け、会合の折にどうせ同じものだからと、H. K.さんのものと私の調整済みのものを交換してきました。

上ヶ見調整をしてよく鳴るようにはなったのですが、吹いていて楽しくない。なんか息漏れ感がします。

最初に気付いたのは、マウスピースが湾曲していないということでした。湾曲させておかないと、両側をネジで留めたときに中央にわずかな隙間が出てしまうのです。幸い指で簡単に湾曲させることができました。柔らかい金属のようで、いつかまた平らになる心配もありますが問題はクリアされました。でもまだ息漏れ感があります。よくなりますがフェイクがしづらいのです。

次に気付いたのは、スライドが動くスペースを作る側板の構造でした。どうもスペースが大きすぎるようです。Hohnerの270と比べてみると、270の方が狭い。観察すると270のマウスピースとネジ穴の位置が同じです。部品を交換できそうです。スライドの上側の側板を交換してみると、確かにスペースが狭くなり、フェイクしやすくなりました。しかしスライドの動きが悪い。両者のスライドを較べてみると、270の方の幅が少しだけ狭い。Qi Meiの幅広のスライドでは幅が一杯一杯で動きが悪くなるのです。それならばとスライドも270のものに変えてみました。今度は動きもよくなり、息漏れ感がなくなり、フェイクもしやすくなりました。しかし気密性がよくなったことにより、吹き詰まり感が出てきました。この場合はもっとリードの上ヶ見を増やしてやる必要がありました。調整して完成。とても吹きやすく、フェイクもしやすくなりました。

結局、マウスピースの湾曲を付ける、スライドと上の側板を270のものに交換する、上ヶ見調整をするという一連の作業で、品質を向上させることができました。

このモデルを持っている方で改良を望む方、ぜひ申し出てください。中古の270用部品がいくつか残っています。
[PR]
by chromclass | 2014-06-30 09:10 | 修理、改造 | Comments(0)
第30回記念フレンドタウン ハーモニカ・コンサート
30回記念! 30年続いているコンサートです。

a0009196_21524912.jpg
会場は曳舟文化センター ホール。


a0009196_21544118.jpg
プログラムへのチラシや機関誌の挟み込み作業。ご苦労様です。


a0009196_22203130.jpg
3番目の出番。ハーモニック・オムニバスの演奏。ジブリ特集です。メンバーが一人退会したので、私はバスからクロマチックへと担当替えになりました。ここでは久し振りのクロマチック担当です。

演奏曲目

・君をのせて
・さよならの夏~コクリコ坂から~

(写真提供:S.I.様)


a0009196_2157751.jpg
象潟ハーモニカアンサンブルの演奏。
リハーサルのPA、音量が上がらずどうなることやと心配したものでしたが、本番ではよい状態になっていました。その間の事情が私には飲み込めません。


a0009196_21562293.jpg
チェリーハーモニカ メイツの演奏。全員異なる色のシャツで決めています。


a0009196_22273964.jpg
13番の出番。ハミング・キャッツの演奏。ひとりメンバーが出演できなくなったので、モニカ・サカイさんに代役をお願いしました。子供時代に聞いたNHKのラジオ番組、新所国物語の主題歌2曲を演奏しました。

演奏曲目

・笛吹き童子
・紅孔雀

とても懐かしかったとの感想をいただきました。
(写真提供:S.I.様)


a0009196_22321124.jpg
演奏後のハミング・キャッツ。バンダナがポイントです。


a0009196_2236228.jpg
講師演奏でデュオ・サッシーの演奏。

演奏曲目

・霧の摩周湖(クロマチック+コード)

(写真提供:S.I.様)


a0009196_2240572.jpg
パフォーマンスをしてデュオ・サッシーが退場。

(写真提供:S.I.様)


a0009196_22423444.jpg
本日のデュオ・サッシーの衣装。


a0009196_2243947.jpg
同じ館内で打ち上げパーティが開かれました。
沖縄の三板で拍子をとりながらの演奏を披露する奏者。
私はペンタトニックのアドリブ演奏と二人でお酒をを演奏しました。
第30回記念演奏会を無事終了しました。
ハーモニック・オムニバスとハミングキャッツはこのうち約20回演奏しています。最初に参加したときはまだ40代だった。ああ光陰矢の如し。
[PR]
by chromclass | 2014-06-28 22:50 | 演奏会 | Comments(0)
Greensleeves
全開もさんざん練習した「Greensleeves」、カラオケ伴奏も使いながら、ソロ的に演奏する練習をしました。クロード・ガーデンのオリジナル演奏と異なり、スイングして海苔を出しやすくしているのですが、逆にスイングに慣れていない面も出てきました。ポイント、ポイントで克服すべく部分的な練習をし、再度ソロ的な練習を行いました。

かなりの時間を1曲だけに費やしたので、残り10分で重音の練習に入りました。3度奏法は難なくクリア。5度奏法ではやはり音程が取れずに四苦八苦している段階で時間切れとなりました。
[PR]
by chromclass | 2014-06-26 00:01 | 柏教室 | Comments(0)
スイングしない、竹田の子守歌
中級

「Tranquillo」でSwing指定がないのにスイングしてしまう問題点を解消するために音階練習をスイングありとなしでやってみました。違いは理解してもらっているのですが、曲に戻るとスイングしたりしなかったり。まだはっきりと意識できないようです。

一旦置いておいて、次の曲「Get On」に進みました。時間が来てしまい、次回にしっかり練習しましょう。

初級

引き続き「竹田の子守歌」を練習しました。二人ずつ組んで二重奏を吹く練習です。全員で吹くより、ハモり具合がよくわかります。

先日のFIHコンテストに言ってきたメンバーに感想を述べてもらいました。質問が出て、ハンド・マイクの時はどうやってビブラートをかけるかというのです。そこで音色作りの話と実践に移りました。

原理は説明できますし、皆さんもかけることはできます。しかし、曲の中でそれを実践tするのは大変なこと。ゆっくりの曲で今後も引き続き練習しましょう。

最後次の練習曲として「ドナドナ」の楽譜を配りました。
[PR]
by chromclass | 2014-06-24 23:33 | お茶の水教室 | Comments(0)
惜別の歌  舟木一夫

[PR]
by chromclass | 2014-06-20 01:41 | 鑑賞 | Comments(1)
雪山に消えたあいつ 克美しげる

[PR]
by chromclass | 2014-06-20 00:11 | 鑑賞 | Comments(0)
ト長調、ヘ長調
時間が切迫している中、あわただしく吉川温泉に入ってさいたまアリーナに向かいました。今日はExileのコンサートがあるとかで、たくさんの人がアリーナに集まっています。

さて、前からいる方と新しい方の腹式授業にならざるを得ません。前からの方にはDS 7にいくつかの練習曲を追加するアップデート作業を行いました。そして前から取り組んでいる「花のメルヘン」の合奏に取り組んでもらいました。1st。2nd、chordの各パートに実力に応じてm楽しそうに取り組んでくれます。

一方、新しい方達には初級Iのテキストを少し先に進めなければなりません。まずト長調の音階を示し、固定ド奏法でファの音に対してスライドを押すという概念を説明しました。小学校で習ったのが移動ド奏法の人が多いですが、あれは歌を歌うためのやり方です。固定ドの方が読みやすいですねと納得してくれればしめたもの。最初の練習曲はト長調で「もみじ」です。知っている歌なので、皆さん何とか吹こうと努力してくれました。次いでト長調「アニーローリー」。

ここで前からの人達と新しい人達の自己紹介をし合い、クラスの融合を図りました。

残り時間が少なくなってきました。ヘ長調の説明に入りました。bの場合、便利なレバーはありませんのでどう取り組むべきかを説明して、音階練習をしました。しかる後、最初の曲ヘ長調の「赤い河の谷間」の練習をしました。苦労しながら何とか音を出してくれています。しかし、時間になってしまいました。

幸い、7月期にも全員継続してくれることになりました。一安心。
[PR]
by chromclass | 2014-06-19 23:16 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
ふるさと、スイングとシンコペーション
初めてのハーモニカ

「ふるさと」二重奏の練習をしました。1stパートは吹けるのですが2ndパートが吹けない現実に向き合いました。結局1stのメロディはさぐり吹きでも吹けるのですが、2ndは楽譜を読まなくては吹けないわけで、読譜力が伴ってはいないということなんですね。

そういう意味で2ndパートがちゃんと吹けるようになれば読譜力が付いたことになり、ひいては実力がアップするということですから、私の教室では二重奏を重視しています。

今回は符点4分音符の長さが読めないことがはっきりしましたので、板書で符点4分音符関係の音階練習を書いて、「アイウエオリズム攻略法」できちんと足踏みしながら吹く練習を何度もやった上で再度二重奏を試みました。でも、中々合格とは言えない状態で、次回も引地付き挑戦したいと思います。

クロマチック・ハーモニカ

初級IIIのテキストに進み、スイングとシンコペーションの練習をしました。スイングの概念の説明、いくつかの曲の練習の後、シンコペーションの練習をしました。「ともだち賛歌」や「ワシントン広場の夜は更けて」で両方の実例が出てきて、練習を重ねました。難しいですが、楽しそうでよかったです。次回は「私は泣いています」の練習に入ります。
[PR]
by chromclass | 2014-06-16 23:47 | 草加教室 | Comments(0)
合奏に参加
雨模様で、先に吉川温泉に寄ってから会場へ向かいました。

合奏を楽しめるメンバーとまだ初級Iのハ長調の段階のメンバーが混じり合い、運営に難しさが出てきたなと感じる今回、前回にようやく単音が出せるようになった方の「ふるさと」を聞いてみると、しっかりした音が出ています。そこで、合奏に一緒に入ってもらえると感じましたので、みんなで合奏をと提案し、前回取り組んでいた「四季の歌」はとみると、b1個のDm調でした。まだ初級Iでそこまで到達していないので、取り組む曲を変えてもらいました。

まずAm調の「ひとり寝の子守歌」。短いメロディを4回も繰り返すので、Part 1を初心者の人に担当してもらうのは好都合です。以前からの人はPart 2を担当したりPart 1を担当したり、コードを担当したりとそれぞれの課題に取り組んでいます。時々Part 2の入ってくるタイミングがずれるので、足のカウントの仕方を観察すると、1小節4回ではなく、音符の長さに合わせた打ち方をしていたりしました。

そこで板書で1.5拍の足のカウントの練習をしたり、16分音符の速吹きパターンでのカウント練習をしたりしました。基礎練習はとても大切です。また、臨時記号の#の吹き方についても説明しました。もう一度合奏に戻って楽しみました。

次にAm調の「花のメルヘン」に取り組みました。以前のメンバーは練習してきたらしく、かなり音が安定しています。2ndパートの音もばっちり聞こえてきます。何回か練習しているうちに時間となってきました。次回は今回1stを担当した人も2ndができるようになりましょうと申し合わせました。

新しいメンバーには初級Iを進めてもらうために、ヘ長調の吹き方を説明しました。次回、時間を取って改めて説明したいと思います。

今回ちょっと強引に合奏に誘い込んだので初心者に感想を聞いてみました。一人でテキストをやっていて中々進めなくて暗い雰囲気だったのが、できないながらもみんなと同じことに挑戦で来てとても楽しかったと言ってもらえました。顔の表情もとても明るくなっています。とりあえず今回の試みはよかったみたいです。

次回、初級テキストIのト長調、ヘ長調の説明と、「花のメルヘン」、そして「四季の歌」の合奏に全員で取り組みたいと思います。
[PR]
by chromclass | 2014-06-12 23:26 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
ひたすらGreensleeves
「Greensleeves」を題材に、替え吹きと装飾音の練習をしました。二重奏になっているので、1stパートのみならず2ndパートも担当したりしてひたすら時間内に合奏の練習をしました。それでもまだ萎縮したような音の出し方だったので、最後の方では音量を上げてハーモニカの音色を引き出すように努力しました。まだ装飾音の鋭さに欠けるとか、ビブラートを使う課題が残っていますので、次回も引き続き挑戦したいと思います。
[PR]
by chromclass | 2014-06-12 00:09 | 柏教室 | Comments(0)