<   2014年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧
Swan 1456
S. K.さんの依頼。

6番F#音のリードが折れたとのこと。

Swan社のリードにはリベットの穴が開いていません。なので、まず交換用リードにリベット用の穴を開けることから始めました。SUZUKIのリード穴開け器が使えるか検討しましたが、ネジ留めを想定して穴が大きくなりそうなのであきらめ、ミニ・ルータに1mmのドリルを取り付けて穴を開けました。以後は普通のリード交換と同じく、リベット留めをし、いくつか微調律して無事作業終了。

よく観察するとすでに2枚のリード交換をやってあり、これで3枚目です。ということは以前にも同じ作業を2回経験済みなのでした。
[PR]
by chromclass | 2014-08-30 01:31 | 修理、改造 | Comments(2)
Swan 1248 Gold
M. E.さんの依頼。

数か所の音程がkyるっているとのこと。

指摘されたリードの調律をし、その他のリードも微調律しました。
[PR]
by chromclass | 2014-08-30 01:21 | 修理、改造 | Comments(0)
音色
「真夜中のカウボーイ」の出だしと「時には母のない子のように」の出だしを黒板に書き、YouTubeの音源を参考にしながら音色つくりの練習に励みました。



使うテクニックは音のフェイクとスロート・ビブラート。もちろんすぐできるわけではないけれど、これらの原理など説明しながら練習を積むうちに少しずつできるようになってきました。

それで「学生時代」の二重奏の練習に入りました。2ndの一部に中フェイクを使うと効果的な部分があります。曲の中で使うのは単独で練習するより難しいですが、努力はしてくれました。

二人で二重奏しそれを他の人が鑑賞するという方法で練習していると、アタック感が少ないのが気になりました。そこでアタック感を出す方法を伝え、それで時間一杯二重奏を練習しました。
[PR]
by chromclass | 2014-08-27 23:10 | 柏教室 | Comments(0)
Velvet Voice
Y楽器さんからの依頼。

低音が出にくいとのこと。

前のVelvet Voiceと同じような症状で、マウスピースを洗浄しました。

7番G音の音程がかなり下がっていましたが、今回はリード交換しないで鑢掛けだけで調律しました。他のリードは微調律を行いました。
[PR]
by chromclass | 2014-08-27 13:00 | 修理、改造 | Comments(0)
NHCコンサート
本日、イイノホールで第46回NHCコンサートが開かれました。

私は今回、部隊係の一員。昨夕から部隊の仕込み作業に参加していました。

a0009196_23453561.jpg
開幕間近のイイノホール。設備の整った素晴らしいホールですが、客席数500が残念なとこ。

舞台係は椅子と譜面台を運び、マイク係りがおいてくれたマイクを奏者の口許にうまく当てること。出演グループが変わると編成が変わるので、それらの配置換え作業もあります。

慣れていない作業なので、リハーサル、本番と延べ7時間ほど立ちっ放しになり、終わるころには膝ががくがく。年齢を感じたことでした。


a0009196_23544725.jpg
演奏会としては大成功裡に終わったと思います。会場の地下にある中華レストランで打ち上げパーティが開かれ、楽しくビールが飲めました。
[PR]
by chromclass | 2014-08-23 23:57 | 演奏会 | Comments(0)
若者たち
ウォームアップとして「四季の歌」を合奏しました。

軽い二重奏の「きよしこの夜」、「ドナ・ドナ」を練習し、同様の「竹田の子守歌」を配って、初見状態で二重奏を楽しみました。

少し難易度の高い「若者たち」二重奏を配り、時間一杯取り組みました。2ndの掛け合い的な編曲が楽しいと評判でした。

さあ、これから吉川温泉に向かいます。
[PR]
by chromclass | 2014-08-21 17:21 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
Velvet Voice
Y楽器さんからの依頼。

低音が出にくいとのこと。

観察してみると、マウスピースとボディの間に隙間が見えます。これが原因で空気漏れが起きて低音部が出にくいと感じられたのだと思います。

ではっと、ネジを強めに締めめてみるとスライドが全く動かなくなります、なるほど、スライドを動くようにするためにネジを緩めたんだなと推察されました。

スライドの動きが悪い原因を探ると、見た目はきれいですがスライドに唾液カスが付着しているのではないかと思われました。それでマウスピースを分解して洗剤を付けてよく洗いました。組み立てるとネジを普通に締めてもスライドがよく動き、かつ
マウスピースとボディの青田の隙間もなくなり、低音が良く出るようになりました。

音程を確かめると3番G音が下がっており、リードを交換しました。その他の音は微調律で済みました。
[PR]
by chromclass | 2014-08-21 13:49 | 修理、改造 | Comments(0)
スロート・ビブラート
中級

スライドの動きが悪いというので原因を調べると、バネの端っこが長すぎてマウスピースと擦れることがわかりました。鑢で先を削ると、改良することができました。

「Dirty Notes」を練習し、途中のブルース・アドリブに取り組んでみました。小節感覚を磨いてブルース音階で自由に吹く練習が必要です。継続して取り組みましょう。

初級

タブレット内の音源を聞く方法を再確認して「時には母のない子のように」を聴きました。前奏のフレーズを白板に書き出して、音源に似たビブラートの出し方に興味を持ってもらい、スロート・ビブラートの出し方の練習をしました。継続して練習しなければなりません。

「学生時代」の二重奏の練習をしました。段々に改良されていい感じです。

「きよしこの夜」の二重奏の楽譜を配り、6/8拍子の取り方を説明しました。1stはメロディなので、自然に吹けますが、2ndとなると拍子の取り方がわかっていないと吹けません。やさしい曲で、響きも良く、おごそかな雰囲気になりました。
[PR]
by chromclass | 2014-08-19 13:54 | お茶の水教室 | Comments(0)
SCX 64
H. M.さんの依頼。

友人のものだけれど頼まれたのでと。12番の音が出ないとのこと。他にも全体を見てくださいとのこと。

分解して観察してみると、リードが内側へと折れ曲がったり上ヶ身が無くなったりしています。どうも高音部の音が出にくい(と感じられた)ので、色々いじくっているうちに音が出亡くなってしまったもののようです。

リードが極端に曲がっているので交換かと心配したのですが、慎重に曲が利を直し、上ヶ身を調整してみると、ちゃんと音が出ました。後は調律するだけです。12番に限らず他のリードも調べて兆るつを行いました。

組み立て直して修理完了。
[PR]
by chromclass | 2014-08-19 00:25 | 修理、改造 | Comments(0)
Super 64
H. S.さんの依頼。

マウスピースを留めるナットを一つなくしたのと、留めるネジが曲がったので2本とも交換して欲しいのと、バルブが2枚めくれ上がっているので交換して欲しいとのこと。

幸い部品の在庫がありましたので問題なく修理できました。ネジが曲がる原因は、スライドがぶつかるためだと思います。ネジの材質が柔らかいのですね。
[PR]
by chromclass | 2014-08-19 00:05 | 修理、改造 | Comments(0)