<   2014年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧
LARRY ADLER - GENEVIEVE

[PR]
by chromclass | 2014-09-30 10:46 | 鑑賞 | Comments(0)
George Gershwin - Rhapsody in Blue (George Martin & Larry Adler)

[PR]
by chromclass | 2014-09-30 10:43 | 鑑賞 | Comments(0)
時には母のない子のように
今日はほぼ「時には母のない子のように」の練習に費やしました。音源を聞いてハーモニカの音色を向上させるのが狙いでしたが、1stと2ndの掛け合いのタイミング、使う音域の広さと音飛びの激しさなど中々難しく、足踏みの重要さ、休符の読み方などを再認識しました。

時間切れ間際に「真夜中のカウボーイ」の楽譜を配りました。これも中々骨のある曲です。
[PR]
by chromclass | 2014-09-24 23:21 | 柏教室 | Comments(0)
第13回CHAハーモニカ・コンサート
CHA(千葉県ハーモニカ協会)主催の定期コンサートが千葉市民会館で開かれました。
a0009196_2312428.jpg
千葉市民会館玄関。本日はとてもさわやかな秋の天気となりました。


a0009196_2314640.jpg
松戸ハーモニカ・アミーゴの皆さんの演奏。


a0009196_23192222.jpg
茂原ハーモニカクラブの皆さんの演奏。


a0009196_2320819.jpg
姉崎ハーモニカクラブの皆さんの演奏。


a0009196_23223265.jpg
私達デュオ・サッシーは第2部の最後。本日の衣装。
演奏曲目

・鉄腕アトム(コード+バス)
・竹田の子守唄(クロマチック×2)
・クマーナ(クロマチック+コード)


a0009196_11232958.jpg
演奏中のデュオ・サッシー。
写真提供M. K.さん。ありがとうございます。


a0009196_23272289.jpg
籔谷幸男さんの演奏。


a0009196_23282031.jpg
斎藤寿孝さんの演奏。


a0009196_2330730.jpg
駅前東天紅での打ち上げ懇親会。
私は手拍子を伴奏に、「にじいろ」を演奏しました。


a0009196_2332793.jpg
懇親会でハーモニカ演奏、カラオケが繰り広げられる中、トンボ楽器の真野社長の「あさま2号」のデュエット。ハモリが素晴らしかった。


来年のコンサートの日程が決まっており、9月27日(日)京葉銀行文化プラザ音楽ホールにて開催されます。
[PR]
by chromclass | 2014-09-21 23:43 | 演奏会 | Comments(0)
長野レッスン
a0009196_0532498.jpg
E−7系車両に初乗車。北陸新幹線開業時の主力列車になる車両を初体験して長野に到着。


レスポワール

「花嫁」の初練習。b2個の調なので、クロマチックはいいのですが、1stを担当する複音は大変そうです。A#調のハーモニカを使った方がよさそうですが、持参していないとのことで今日はCとC#のハーモニカでこなしました。

夜汽車の擬音を入れる演出を試しました。でも、若い人はSLの感覚が分からないとのこと。私は高校までSLで通学していたものでしたが。段々上手になると思います。

バス・ハーモニカの息継ぎについて板書して説明しました。ポップス系の曲ではよく出るパターンなので、慣れておくとよいでしょう。

クロマチック

「私は泣いています」の二重奏の練習をしました。途中でポケット・コードに持ち替えるところがあり、手持ちマイクの時はどうしたらいいのだろうと悩みました。結局オープン・マイクで行くことになるかもしれません。本番前にもう練習日がありません。後は暗譜しておくことが課題です。
[PR]
by chromclass | 2014-09-21 01:16 | | Comments(0)
もんオケ・コンサートの写真
Sさんから提供していただきました。
a0009196_9403085.jpg


a0009196_941843.jpg
[PR]
by chromclass | 2014-09-19 09:41 | 演奏会 | Comments(0)
おさななじみ
今日は吉川温泉に入ってからアリーナへ。1時間程度しか入っていられないので、薬湯のある階だけの入浴です・まあ、敬老の日無料入湯券なので、ありがたく入ってきました。

最初に速吹き練習でウォームアップ。

Super 64をお持ちの体験の方がいらっしゃったので、音出しに付き合っている間に、皆さんにはこれまで練習してきた二重奏を次々に自主練習してもらいました。「ドナドナ」、「竹田の子守唄」、「きよしこの夜」など次々に。

簡単な二重奏として、「一日の終わり」を配り、しばらく自主練習。簡単でした。

「おさななじみ」を配り、ちょっとびっくりしてもらいました。C調からC#調に転調する編曲です。「え、#が7個!?」とびっくりしておりますが、種明かしして、全部の音に#が付くこと、ピアノよりも#音がたくさんあるクロマチック・ハーモニカでは、ただスライドを押しているだけでよいこと、なのでクロマチックの世界ではよく使われる調であること、ただし他の楽器用には異名同町のDb調、すなわちb5個の調が使われて読譜が大変なことなどを説明しました。練習に入ってもらいました。スイングしている曲なのでうきうきした感じです。合奏を聞いていると、見事に半音上がりに転調していてかっこいいです。ただ、2ndパートはかなり難しいので、次回以降に取り組みましょう。

さて、その間音出し指導を行っていましたが、呼吸法、ハーモニカの移動の仕方、単音の出し方などが中々旨く浮かず、体験の方は少し自信を無くされた様子。そこで自己紹介がてら、皆さんのクロマチック・ハーモニカ体験談などを語ってもらいました。自分も未だに音がまともに出ない、個人レッスンでは脱落する人も多い、みんなでの合奏がとても楽しいなどなど語ってもらううち、だんだんやってもいいかなと気持ちが傾いてきて、タブレットで練習できる環境などの説明も聞いて、ついに入会する決意をされました。10月からご一緒しましょう。
[PR]
by chromclass | 2014-09-18 22:58 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
SCX-64
C. K.さんの依頼。

7番G音の音程が低い、他のリードもA=443に合わせて調律して欲しいとのこと。

教室で合奏していると、Hohnerの調律とSUZUKIの調律の違いが邪魔になってきます。公証HohnerはA=443、SUZUKIはA=442となっているので、同時に鳴らすと、せっかく単音のハーモニカなのに複音のような震えが出てしまいます。G音の意音程が下がったのを機に、預かって調律することにしました。

吹いてみると、フェイクしようとするとすぐ吸い詰まる硬いハーモニカです。今後教室でフェイクを教えていくのでこれでは困ります。SUZUKIの標準の上ヶ身は少な目になっているようで、つまり硬いハーモニカなので、先日Sirius S-56Sを買った時もすぐ上ヶ身調整して柔らかいハーモニカにしたものでした。

吹き音ではそんなに必要性を感じないので、吸い音のリードだけを上ヶ身調整しました。首尾よく柔らかいハーモニカになりました。そして全音をチェックしてA=443に調律しました。

さて、組み立てる時に、バネの問題に気が付きました。

a0009196_22594514.jpg
カバーの取り付けネジの穴にバネが見えています。ネジを締めるときに邪魔になるので、スライド・ボタンを少し押してからネジを差し込みます。ところがそうするとバネが戻るときにしっかりと戻らず、フニャと戻る感じになってしまいます。柔らかいバネという感じもしますが、シャキッとした演奏ができません。これはSirius S-56Sを購入したときにも感じたので、SUZUKIの一般的な現象なのではないでしょうか。柔らかいバネだと喜んでいると、よい演奏ができません。


a0009196_2312866.jpg
なので、S-56Sで改良したのと同じ方法で改良しました。この写真の下から2番目の穴がネジ穴(それにしてもなんで3つも穴が開いているんだろう?)です。その穴を迂回するように1段曲がっているバネをもう1段曲げました。この状態で組み立てると、ネジはバネにぶつからずにバネがシャキッと戻ってくれます。吹き心地にも満足しました。

このように改造は簡単なので、もしバネがヘナヘナに感じられるようならぜひ改造してみてください。

それにしてもSUZUKIさんは問題を感じていないのpだろうか。
[PR]
by chromclass | 2014-09-17 23:21 | 修理、改造 | Comments(0)
Hard Bopper
Y.さんの依頼。

吹いているうちに 6(ミ)、7(ソ)が音が出にくくなったり、プーと吹いたような音になったりすることがある。
スライドレバーが傷付いているようですが とのこと。

バルブに異常があるようには見えませんが、念のためバルブの接地部分の唾液カスをきれいにしました。スライドレバーを観察して、少しバリが出ているところを鑢で平らにしました。また、マウスぴーしの各部品を水洗いしてきれいにしました。滑らかに動くようになりました。

全体的な軽い上ヶ身調整と微調律を施しました。
[PR]
by chromclass | 2014-09-17 12:28 | 修理、改造 | Comments(0)
Hard Bopper
Y. K.さんの依頼。

5番の吹き音が出ませんとのこと。

調べると上ヶ身が全くなくなっていました。リード・プレートを外して上ヶ見をちょうせいし、リードの取り付けの歪みを直し、音程がかなり下がっていましたので調律に苦労しましたが、リード交換の必要はありませんでした。

全体的にちょっとした上ヶ身調整と微調律を施しました。
[PR]
by chromclass | 2014-09-17 12:14 | 修理、改造 | Comments(0)