<   2014年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
ちあきなおみ 役者

[PR]
by chromclass | 2014-12-29 23:28 | 鑑賞 | Comments(0)
5R(1), Jang Hye-jin - Love, 장혜진 - 애모, I Am A Singer 20110731


韓国奏者 英語の検索では出てきませんね。

임주리-립스틕 짙.게 바르.고(하모니카-권병호)


[HOT] Park Jung Hyun - My day, 박정현 - 나의 하루, Yesterday 20140510

[PR]
by chromclass | 2014-12-28 13:34 | 鑑賞 | Comments(0)
古い木製ボディの280
R. W.さんの依頼。

①全音A=443での調律
②上げ身の調整
③スライドレバー調整
④マウスピースの洗浄
⑤木製ボディの割れ補修

とのこと。

まず⑤に着手。2つの木片が接着されていた木製ボディですが、接着剤の経年変化で劣化して2つの部分に分離したものでした。リード・プレートを片側だけ外して接着面に木工用ボンドを塗り、接着してからリード・プレートを両側とも取り付けて1日放置。翌日、接着面を調べて隙間があるところに木工用ボンドを充填してまた1日放置しました。

①と②の作業に入り、調律と上ヶ身を調整していきました。古い時代は今より上ヶ身が多目だったのか、ちょっとした調整だけでよく鳴っています。バルブの接着剤も劣化していて、作業中に時々ハラりと落ちてしまいましたので、都度、接着剤で付け直しました。

③は特に必要なく、④の作業だけを実施しました。

スライドの衝撃を減らすパイプが1つ欠落していたので補充しました。

マウスピースの角に、演奏の邪魔にはならない程度の小さな錆がたくさんありました。ちょっと残念でした。
[PR]
by chromclass | 2014-12-26 00:58 | 修理、改造 | Comments(0)
Chrometta 10
R. W.さんの依頼。

①全音A=443での調律
②上げ身の調整
③スライドレバー調整 

とのこと。

古い楽器で太い釘留めになっているので、①と②の作業はすべてリード・プレートを外さないまま実施しました。何十年も前のことでしょうが、こんな設計をした人を恨みたくなります。

③については、スライド・レバーを外さないで、マウスピースに水を通す方法で洗浄しました。それでもスライドに付着していた汚れが取れたので、レバーの動きがとてもよくなりました。
[PR]
by chromclass | 2014-12-26 00:39 | 修理、改造 | Comments(0)
闘牛士のマンボ
Bb調に慣れてもらうために「闘牛士のマンボ」の楽譜を配り、YouTube の音源を聞いてもらって自主練習に入ってもらい、その間初級の方の「小さな日記」をサポートしました。リズムの取り方に難点があって、苦労しました。

クリスマス・イヴなので、「きよしこの夜」ハ長調の二重奏を最後に数回、全員で演奏しました。

a0009196_2323155.jpg
帰りに北小金駅でツリーのイルミネーションを眺めました。


a0009196_2334648.jpg
帰宅してちょっぴり、らしい食事をいただきました。レミー・マルタンVSOPでほろ酔い気分。皆さん、よいクリスマスを。
[PR]
by chromclass | 2014-12-24 23:07 | 柏教室 | Comments(0)
冬山の歌

[PR]
by chromclass | 2014-12-21 01:30 | 鑑賞 | Comments(0)
白いブランコ
先に吉川温泉に寄ってから会場へ。

ジョー・パワーズのコンサートに参加した人に感想を述べてもらって、参加しなかった人にはCDの最初の曲を聴かせました。そしてそこで使われているいくつかのテクニックについて、解説をし、やり方を伝えました。正式には曲の中で説明しなければなりませんが、あくまで遊び感覚でクロマチックの可能性の片鱗に触れてもらったわけです。

さて、取り組んでいる「闘牛士のマンボ」のYouTube演奏を聴いてもらってしばらく思い思いに練習してもらいました。

次いで、前回配った「ペチカ」を全員で何回か練習。rit.、a tempoにも十分追随できるので、よしとしました。

最後に「白いブランコ」の楽譜を配って数回練習するうちに時間が来てしまいました。これは三連符とスイングのいい練習曲になります。
[PR]
by chromclass | 2014-12-18 23:41 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
260
R. W.さんの依頼。

①①A=443Hzでの全音調律。
②上ヶ身の調整
③木製ボディ割れの補修

とのこと。

まず④に手を付けました。ボディ割れの原因は二つの木片を接着して作ってあったものが、接着剤が劣化して二つに分離してしまったものでした。分解して、分裏面に木工用ボンドを塗り貼り合わせ、リード・プレートを装着して乾くまで放置しておきます。改めてリード・プレートを外してみると、接着面が0.8㎜ほど離れています。この場合、単なる接着剤の劣化ではなくて、木製ボディ自体が乾燥で縮んでしまっているようです。このようなときには二つの木片を直接貼り合わせることができないので、0.8㎜開いた隙間を木工用ボンドを詰めて充填することにしました。充填して、リード・プレートを取り付けた上でボンドが固まるまで放置しました。

その間に②の作業を実施。

また①の作業を吸い音のリードに着いて済ませました。ボンドが固まったので、リード・プレートを外して①の作業を実施。バルブが剥がれたものに着いて、貼り直しました。

リード・プレートを装着して全体を組み立て直し、作業終了。
[PR]
by chromclass | 2014-12-18 00:29 | 修理、改造 | Comments(0)
270 in G
R. W.さんの依頼。

①A=443Hzでの全音調律。
②上ヶ身の調整
③スライド・レバーの洗浄・調整
④木製ボディ割れの補修
とのこと。

まず④に手を付けました。ボディ割れの原因は二つの木片を接着して作ってあったものが、接着剤が劣化して二つに分離してしまったものでした。分解して、分裏面に木工用ボンドを塗り貼り合わせ、リード・プレートを装着して乾くまで放置しておきます。改めてリード・プレートを外してみるとところどころに隙間が見えます。接着竿が固まる過程で偏りができたものです。その隙間に改めて木工用ボンドを充填し、リード・プレートを装着して息漏れ具合を確かめると、大丈夫、息漏れはありません。

②の作業に入り、吹き詰まり、吸い詰まりをなくすように上ヶ身を調整しました。

①の作業を全リードに着いて実施しました。この過程で9番G音(G調ハーモニカだから)のリードが折れていることが判明、リード交換をしました。

最後に②を実施し、すべて組み立てて作業終了。
[PR]
by chromclass | 2014-12-17 20:44 | 修理、改造 | Comments(0)
Schaffle Time、Bb調聖夜
中級

「Shuffle Time」を練習して、その中で特徴的なスイングする後打ちのシンコペーションを集中的に繰り返し練習しました。

初級

最初は、先日のジョー・パワーズのコンサートでよく使われていたカッピングを試して遊びました。またスライド操作でも遊んでいる内、発展してBb調の音階練習に入りました。b2個は初めてです。次いで練習曲として、Bb調の「聖夜」でクリスマス気分を味わいました。

最後に、アンデパンダン出演のための曲「灯台守」二重奏をパートを正式に分けて練習しました。そして、グループ名をどうするか、申込書を送付するのは誰か、、最初のカウントを出すのは誰かなどを決めていきました。

a0009196_17123478.jpg
時間後は教室全員でイタリア・レストランへ移り、忘年会をしました。ピザをカットする器具、初めてでびっくりしました。音楽の話や出身地の方言など和気藹々で盛り上がりました。サマータイムやムーンリバーなど洋楽を練習したいという希望が出されました。

帰りは冷たい雨になっていました。
[PR]
by chromclass | 2014-12-16 17:17 | お茶の水教室 | Comments(0)