<   2015年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧
Velvet Voice
T楽器からの依頼。

6番F、F#音が金属音がするとのこと。全体的な調整もお願いとのこと。

6番F音に違和感があります。強く吸うとパタパタとバルブの音がします。よく観察すると、全体的にバルブを貼り替えた様子が窺えるのですが、F音のバルブに関しては中央からずれてちょっとオスと中に入っていく状態になっています。バルブを貼り替えると現象はなくなりました。F#音の方は特に異常は見られませんでした、

各リードの音程を調べて、微調律を施しました。10番E音にはかなりの狂いが見られたので、しっかり調律しました。
[PR]
by chromclass | 2015-07-31 11:10 | 修理、改造 | Comments(0)
Velvet Voice
Y楽器さんからの依頼。

9番C音が出ないとのこと。

調べてみると、リードに小さな遺物が挟まっていたためと判明しました。異物を取り除くと正常に音が出ました。突然音が出なくなった場合には、何かが挟まった可能性が高いので、調べてみるといいと思います。

他のリードを点検し、微調律を施しました。
[PR]
by chromclass | 2015-07-29 19:28 | 修理、改造 | Comments(0)
雪山に消えたあいつ
新しいメンバーが入会したので。初級Iのテキストに取り組んでもらいました。音出しはかなり良くて、どんどん進んでト長調の「アニーローリー」にまで到達しました。

その間、前回から練習を始めた「雪山に消えたあいつ」を個別に練習してもらい、折を見て他の人と斉奏したり合奏したりと発展させていきました。最後には全員参加の二部合奏がたところで時間切れとなりました。
[PR]
by chromclass | 2015-07-22 23:41 | 柏教室 | Comments(0)
270
Y. K.さんの依頼。

10番F音のリードが折損交換、その他のリードの点検をとのこと。

10番F音のリードを交換し、その他のリードを点検し、調律と上ヶ身調整をしていきました。釘留めの機種なのでこれまで調律があまりなされていないらしく、かなり音程が狂っていました。最終点検の中で、バルブ2枚を交換する必要がありました。

このハーモニカに限らず、同様の270が世にたくさんあるのではないかなと思ってしまいました。
[PR]
by chromclass | 2015-07-22 00:58 | 修理、改造 | Comments(0)
Country Swing、二人でお酒を
中級

「Country Swing」の練習。何度も吹いているうちにどんどん正確に吹けるようになりました。上達してきたと感じられたのは、足で撮るリズムがメロディに左右されることなく一定してきたことです。これがあれば、今後リズムの読譜力を高めていけば、どんどん演奏が良くなっていくと思われます。

持参のHering⒗穴のスライドの動きが悪いというので、分解せずに水洗いする方法を教え、実践しました。syライドはスムーズに動くようになりました。

初級

「二人でwお酒を」が目標なのですが、まずスイング感の養成から入ることにしました。音階をスイングしながら練習しました。これまでジャズ感覚の曲を練習していないので、これが中々難しいようです。応用練習として、間奏部分を吹いてもらいましたが、音もリズムも定まらないので、結局基礎練習からやり直しです。なんとか2歩前進1歩後退という感じで前に進んでいきたいと思います。
[PR]
by chromclass | 2015-07-22 00:35 | お茶の水教室 | Comments(0)
Doppelkonzert d moll J S Bach - Franz Chmel - NC 64

[PR]
by chromclass | 2015-07-21 00:25 | 鑑賞 | Comments(0)
風がはこぶもの、二人でお酒を
初めてのハーモニカ

「風がはこぶもの」の2ndパートを集中的に練習しました。リズムの取り方、穴の位置の把握などしてかなり良くなってきました。

残り時間で「母さんの歌」をハンド・カバー奏法できれいに吹く練習をしました。当面、1曲をきれいに吹くことに専念すれば、別の曲にも適用する下地ができると思います。

クロマチック・ハーモニカ

「二人でお酒を」に取り組んでいます。最初にスイング感に慣れるため、音階練習をスイングしながら吹く練習をしました。次いで2ndパートに取り組みましたが、8分音符の対の最初が8分休符だとリズムが狂ってしまう現象が見られ、対応に時間を費やしました。
二部合奏ができるようになるまではまだ時間がかかりそうですが、スイング感で疲れてきている様子なので、「風がはこぶもの」の楽譜を配り、息抜きすることにしました。ちょっと気が楽になった様子が見られました。時間切れで次回に持ち越しです。

帰りに吉川温泉に寄りました。入浴後マッサージを頼もうとしていたのですが、休日で予定が詰まっている様子。今回は見送ることにしました。精算時に20回ごとに貰える無料入湯券がもらえました。5回目なので入湯回数100回を達成したことになります。身体もあちこちガタがきている実感があるこの頃、これからも温泉にやっかいになろうと思います。


[PR]
by chromclass | 2015-07-20 23:56 | 草加教室 | Comments(0)
NHC研究会
a0009196_2349655.jpg
本日は午前中は「複音で横隔膜ビブラート」、午後は「コード・メロディの基礎」の講師を務めました。


a0009196_23542554.jpg
研究会の後のミニ・コンサートではA調の複音ハーモニカで

・白鳥の歌(しらとりのうた)

を演奏しました。
[PR]
by chromclass | 2015-07-19 23:55 | 会合 | Comments(0)
木製ボディの280のプラスチック・ボディ化
木製ボディno280は私が学生の時にはまだしはんされていました。そのうち、ボディがプラスチックに替わり、大量生産されるようになりました。

両者を比較してみると、木製ボディ時代の造りはより精密であり、音質は木製ボディの方が圧倒的に良い音がします。私の主力のクロマチック・ハーモニカは今でも木製ボディの280です。

製造中止になってそろそろ50年弱になると思いますが、未だに入eBayのおーぅションで入手することができます。しかし、悲しいことに経年変化により、木製ボディが割れてしまっている場合が多々あります。接着剤で修理したり、新しい木製ボディをホーナー者のC-shopで買って付け替えたりしていましたが、最近はC-shopでは販売停止になってしまいました。

つい最近Face Bookで朗報がありました。イギリス在住のハーモニカ奏者、Brendan Powerさんが3Dプリンタを使って、木製ボディをプラスチック化して売り出したというのです。記事を見つけて小躍りした私は、早速彼のホームページから4本を注文しました。するとすぐにThank You メッセージが届き、なんと私が世界で最初のこの製品の購入者であるとのことでした。色んな色のボディを注文したのですが、3Dプリンタが故障していて、要望どおりの色の派提供できないが、すでに作ってあるものを送るとのこと。このほどそれらが届きました。

a0009196_19175084.jpg
早速プラスチック・ボディに換装する作業を開始しました。彼のホームページには修理の方法が動画出示されており、大いに参考になりました。もっとも難しいのが、釘留めのリード・プレートをネジ留めの改造する方法。ネジに合った穴を開けて。ン時穴を切る必要があります。ミニ・ルータと中タップという工具を使って、何とかやり遂げました。


a0009196_19244216.jpg
無事ネジでリード・プレートを取り付けることができました。マウスピースを取り付ける面を紙やすりで平らにするという行程があり、初めての経験でした。この後面にワセリンを塗って気密性を高める行程がありますが、ワセリンがないのと、紙やすりで気密性が高くなっているので省略しました。


a0009196_19294163.jpg
後はカバーを取り付ければ完成。と言っても、調律作業が実はまだなんです。


a0009196_193146100.jpg
プラスチック・ボディ化した280とその他の色のボディ。あと何本かは換装しようと思っています。
[PR]
by chromclass | 2015-07-18 19:34 | 修理、改造 | Comments(0)
旅人・スナフキン
吉川温泉に入ってから教室に向かいました。

a0009196_23193241.jpg
今日は「三代目 J Soul Brothers」公演らしくグッズ売り場が人で一杯。EXILE関連なんでしょうか、うとくてさっぱりわかりません。YouTubeで後追いでどんな人たちなのか眺めながら書いています(汗)。


a0009196_23284698.jpg
駅方面から続々やってくる人・人、みんなほっぺやおでこにシールを貼っています。


さて、教室ではタブレットの使い方を少し説明した後、「風がはこぶもの」の合奏練習をやってもらい、その間に初心者の音出しに付き合いました。中々うまく音が出ません。合奏を終えた人たちも、低音の音が出ない、息が苦しいなどと言っているので、改めて音出しのおさらいをしました。音を大きく、鼻呼吸しない、ほっぺに息を逃さないなど指摘して改良した人多数。


改めて「旅人・スナフキン」の楽譜を配って、これをお手本に音出し、ビブラートの研究をしてと指示したところでほぼ時間切れ。宿題となりました。
[PR]
by chromclass | 2015-07-16 23:39 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)