<   2016年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧
ひとり寝の子守歌
「ひとり寝の子守歌」を一しきり練習した後、2人ずつで二重奏する練習に入りました。みんなで演奏すれば怖くない曲でも、2人だけで演奏するとなると中々うまくいきません。パートナーを変えながら何度も練習しましたので、最後は飽きたかと思いましたが、次回も引き続きやりたいとのこと。がんばりましょう。

そろそろスイング調の曲の練習もしたいので、「二人でお酒を」を軽く練習して終わりとしました。今日で最後の人が挨拶して、またメンバーが減ってしまいました。次回から新人が1人来る予定になっています。
[PR]
by chromclass | 2016-09-28 23:14 | 柏教室 | Comments(0)
第11回アジア太平洋ハーモニカ大会2016(5)
8月6日(土)

本日9:30より大合奏シニア部門と創意組のコンテスト。しかもどちらも開場はPerformance Hall(大ホール)となっています。私は創意と大合奏の助っ人としてコードを吹くことになっており、どちらにも関係しています。大合奏と創意の順番がどちらが先か決まっていなくて、創意組が先と言う噂がありました。私はそのトップ・バッターに予定されています。

しかし、大合奏の町田ハーモニカ・フレンズのマイクの設定に時間がかかるので、コンテストが始まる前の時間で設定作業を開始しました。運営側で、創意組を先にすると町田ハーモニカ・フレンズの設定を再度やり直すことになるのが面倒と判断したらしく、時間が来ると大合奏からコンテストが開始されました。私としては創意組の準備をしていたのにあわてて大合奏の配置に付きました。おかげで緊張して上がる暇もなく、「ハンガリア舞曲6番」の演奏を終えました。練習した甲斐があり、いいコードの助っ人の責任を果たしたと思います。あとに続くは香港のシニア大合奏。マイクも使わず、迫力のない」演奏でした。

大合奏はこの2組でコンテスト終了です。

引き続き創意組のコンテストに入りました。こちらは16組の参加者がいます。順番に変更があり最初はすロバに阿から参加のトリオが演奏しました。私は2番目の演奏です。コード・ハーモニカでメロディを吹くという趣旨で「Oh! Susannaを吹いたのですが、演奏時間がわずか1分半。あっという間に終わってしまいました。
a0009196_12163011.jpg
日本から参加の木村和夫さん。ボランティアでよく弾き語りをなさっているとかで、「フォスター・メドレー」を演奏しました。


a0009196_12193947.jpg
マレーシアのトリオ。年齢制限のないコンテストなので若い人も交じっています。


a0009196_12212292.jpg
日本から参加の大竹康雄さん。ホルン・ハーモニカで映画音楽「鉄道員」を演奏しました。途中の語りは大竹さんの真骨頂。


a0009196_12261624.jpg
台湾のカルテット。


a0009196_12305932.jpg
日本から参加、福岡口琴会の演奏。


a0009196_12333221.jpg
香港のクインテット。


a0009196_1235635.jpg
韓国からカラオケでジャズ・クロマチック・ソロ。どこが創意何だろうと疑問に思っていましたが、党大会にはジャズ・クロマチック・ソロという分野が設けられていないので、創意組に応募するしかないのだろうとトンボ楽器真野社長の説明を帰国後に聞きました。


a0009196_1240387.jpg
香港の合奏団。演奏に合わせて少女が踊る演出あり。演奏時間に食い込んでしまって曲の最後まで演奏できなかったのが残念。


a0009196_12462344.jpg
とてもかわいらしく会場からも好評でしたが、時間オーバーで減点になったのはかわいそうでした。


a0009196_12501780.jpg
台湾から複音ソロで、「モンティのチャルダッシュ」を演奏。ダンディでした。


a0009196_12582976.jpg
台湾から。ピアノ伴奏でクロマチック。「口琴人生」という曲で人生の歩みを示した演出が中々のもの。


a0009196_131399.jpg
台湾のグループ。


a0009196_1322222.jpg
台湾のグループ。「カリブ海の海賊」を演奏。人数が多くて舞台設定で時間を食ってしまい、準備2分、演奏8分の時間がオーバーしてしまいました。準備の2分が過ぎると、演奏の持ち時間が減っていくのです。多人数で出演するときは注意しなければなりませんね。


a0009196_1364815.jpg
香港のデュオ。伴奏がバイオリンと言うのが創意か。


ホテルに戻り、夕食にタクシーで小籠包を食べに出かけました。30分街の大盛況。後から来た人は50分街と言われ、あきらめて別の店に廻りました。名物とあって、おいしかったです。帰りは歩いてホテルに戻りました。
[PR]
by chromclass | 2016-09-28 12:12 | | Comments(0)
荒城の月、ひとり寝の子守歌
中級

今日から「荒城の月」ジャズ版の練習開始。あらかじめ練習してきたのは1stコーラスまでなので、集中的に1stコーラスに挑戦。2拍3連符や、半拍の休みなど慣れて宇内容なのでそれぞれの攻略法をじっくりと試しました。次回は2ndコーラスに挑戦です。

初級

「ひとり寝の子守歌」の合奏練習に入りました。その間、体験レッスンの方に音出しの音階練習をしてもらいました。フルートをやっていたことがあるとかで、複式呼吸は最初からできますが、きれいな単音と穴移動が課題です。慣れたところで「ふるさと」を吹いてもらいましたが、穴移動の難しさを再認識されて音階練習にさらに励むようになりました。

合奏練習の方は、全員でやっていると個人の技量がよくわからないので、2人だけでやるように仕向け、3組ほどが遠しで吹いたところで時間切れ。終了間際の横隔膜ビブラートや装飾音符は中々いい感じでできるようになっています。次回練習曲の希望を聞いたところ、合奏曲集の中の「浜辺の歌」に希望が集まりました。
[PR]
by chromclass | 2016-09-27 23:08 | お茶の水教室 | Comments(0)
Super 64X
H. O.さんの依頼。

6番ミの音程が狂ったとのこと。

リード交換をし、その他のリードも調べて微調律を施しました。
[PR]
by chromclass | 2016-09-26 20:23 | 修理、改造 | Comments(0)
270
S. O.さんの依頼。

7番G音のリードが折れました。リード交換、全体点検、調整をお願いしますとのこと。

G音のリードを交換して、その他のリードも調べ、必要なものに微調律を施しました。
[PR]
by chromclass | 2016-09-26 00:21 | 修理、改造 | Comments(0)
第11回アジア太平洋ハーモニカ大会2016(4)
8月5日(金)

a0009196_16484263.jpg
今日は観光地九份へのオプショナル・ツアーに参加。ホテルからバスの1日観光コース。
途中の休憩所にリクエストに応じて日本の歌謡曲を吹いてくれるサックス奏者がなつかしい曲を次々に演奏してくれました。


a0009196_1734016.jpg
まずは十份の瀑布に寄ります。
手前の公園には動物の置物がたくさん。


a0009196_176225.jpg
十份の瀑布。写真写りは中々のものですが、川をコンクリートの壁で塞き止て作られた滝でそれほど感激するものではありませんでした。


a0009196_17102568.jpg
線路の上で天燈上げ。天燈に願い事を書いて中の燃料に灯を点けて熱気球のように空に飛ばすというもの。山火事にならないのか心配になります。夜はきれいらしいです。ここから列車に乗って九份へ。

a0009196_1715454.jpg
途中の山間は単線です。すれ違う時は手前の駅でヤシ過ごさなければなりません。


a0009196_17174881.jpg
九份に到着。長い階段で上に上がり、途中でレストランで食事。台湾料理なので豪華。


a0009196_20545155.jpg
九份は映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなったといわれます。


a0009196_20571064.jpg
岩合光明さん波に、「いい子だねえ!」と声をかけました。


a0009196_20592873.jpg
レストランか前から見る風景。


a0009196_2105835.jpg
中腹の鶏肉屋さん。姿焼です。日本ではあまり見ない売り方。


a0009196_213115.jpg
頂上の展望台から見る絶景。この後、自由時間でお店を見て回りました。


a0009196_2115161.jpg
ふもとに戻り、土産屋の入り口の猫を写しました。でかい。来る時は列車だったのですが、バスがちゃんと迎えに来ていました。


バスでホテルに帰りました。今夜もガラ・コンサートはあるのですが、パスしてホテルの近くのレストランで夕食。ビールのライセンスのないお店で、高校生くらいの店員が近くに会に行ってくれるというサービス。また、同じ人が調理もしてくれました。
[PR]
by chromclass | 2016-09-25 21:07 | | Comments(0)
第11回アジア太平洋ハーモニカ大会2016(3)
6月4日(木)

a0009196_15594888.jpg
決起パーティの時に、広島からいらっしゃった「みすずカルテット」のコード奏者が体調を崩して大会に参加することができなかった、ついては助っ人でコードを吹いてくれないかという話が持ちかけられました。その晩「夜来香」の楽譜をいただき、なんとかなりそうだということで引き受けました。昨夜練習をして、本日のコンテスト前に会場外のスペースでさらに練習をして本番に臨みました。室内楽シニア組は4組のエントリがあり、その3番目。多少つっかえたところはあったものの無事コンテストを終えました。


a0009196_168876.jpg
すぐ後の時間帯で、今回の目的であるクロマチック・ソロ シニア組は15組のエントリがあり、順番に多少のやりくりはあったものの、9番目に出場し、カラオケ伴奏を使って「All of Me」を演奏しました。日本からも5人の方が出場しました。
スライドで演奏者が表示され、持ち時間8分の計時が1秒毎に減っていきます。
写真は「みすずカルテットの方が撮ってくれました。


a0009196_1624392.jpg
夜は「アンサンブル・ガラ・コンサート」。
最初は台湾のラプソディ・ハーモニカ・アンサンブルでした(写真なし)。
韓国のロゼット・ハーモニカ。アンサンブル。


a0009196_16274574.jpg
シンガポール・ブロードウェイ・ハーモニカ・アンサンブル。
ここで写真撮影はNGと注意され、以降は撮影なし。
マレーシアのフレスコ・ハーモニカ・アンサンブル、
台湾のシリウス・ハーモニカ・アンサンブル、
イタリアのARUMONAUTI HARMONICATRIO。
中国の白氏三兄弟ハーモニカ・アンサンブル、
香港のヴェローズ・ハーモニカ・アンサンブル.
アメリカのThe HarpBeatsと続きました。
いずれもとても楽しい演奏でした。


[PR]
by chromclass | 2016-09-25 16:40 | | Comments(0)
270
M. W.産の依頼。

中音ミの音が出ない、レバーが少し硬いとのこと。

8番E音のリードが折れていました。交換しました。

レバーはネジをきつく締めすぎていました。緩めるとともに、マウスピースを洗浄しました。

各リードを調べ、美調律を施しました。バルブ2枚を交換しました。
[PR]
by chromclass | 2016-09-22 10:16 | 修理、改造 | Comments(0)
Super 64X
H. A.さんの依頼。

コンプレッサーの空気を送り込んで壊してしまいました。直してください。高音部の3穴。

とのこと。

高音部と言うのは5、6、7番当たりを指しているようです。リードが曲がったりバルブが曲がったり、バルブが折れ曲がってリードに挟み込まれたりしています。

曲がったリードを伸ばして真っ直ぐにするとちゃんと音が出たので一安心。挟まったバルブを取り除いたり曲がったバルブを貼り直したり、上げ身を調整した後、各リードの微調律を行いました。
[PR]
by chromclass | 2016-09-20 10:06 | 修理、改造 | Comments(0)
ひとり寝の子守歌、ひとり寝の子守歌
初めてのハーモニカ

「ひとり寝の子守歌」の1stパートは大体できるようになってきました。2ndパートの練習に入ると、オブリガートの符割りに戸惑って中々進まなくなりました。8分音符と16分音符の組み合わせ、休符の数え方などが課題です。バイオリン・スケールのド・ダブりのハーモニカの構造も混乱の元になっているようです。

次回はもう10月。そろそろクリスマス・ソングの練習に入ると丁度よいかもしれません。

クロマチック・ハーモニカ

前半は「時には母のない子のように」を練習しました。

後半に入り、「ひとり寝の子守歌」の楽譜を配り、主に2ndパートの練習をしました。前奏はハンド・カバー・ビブラート、エンディングでは装飾音符を使うことと横隔膜・ビブラートを使うことなど、楽譜に書いていないテクニックを使うことも練習しました。次回は合奏ができるようにしたいものです。
[PR]
by chromclass | 2016-09-19 23:17 | 草加教室 | Comments(0)