<   2016年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
香港マカオ観光(1)
12月23日(金)~26日(月)に香港とマカオへ観光旅行に出かけました。同行者は流山稲門会の湯楽会に属するSさんとUさん。

12月23日(金)

a0009196_1161640.jpg
朝早く起きての出発。窓側の席を取ってよかったなと思えた瞬間。その後日本列島の上をずっと飛んで香港へ。


a0009196_11102846.jpg
香港に接近。


a0009196_11114728.jpg
構想ビルが林立しています。香港らしさを感じました。


a0009196_11152242.jpg
香港空港もクリスマス・ムード。


a0009196_1118523.jpg
ホテルの部屋は23階。展望が開けるかと思いきや、周りには高層ビルばかり。


a0009196_11201687.jpg
荷物を置いて、投宿したパンダ・ホテルの近所を散策。


a0009196_11271763.jpg
夜はツアーの一環で広東料理のレストランで夕食、広東料理はくせがなくて、まあ、日本で中華料理を食べるのとあまり変わりません。


a0009196_11352584.jpg
香港文化中心の時計台。平成16年のアジア太平洋ハーモニカ大会in香港の会場がここであったことが思い出されました。


a0009196_1712820.jpg
20:00~22:13まで40棟以上のビルから光が音楽とともに放出されます。シンフォニー・オブ・ライツと呼ばれる光のショー。光は瞬間的に放出されるので、パンフレットにあるような光り輝く写真を撮るには、長時間露出が必要なようです。終了後、ホテルへ。



12月24日(土) 市内観光。

a0009196_1854402.jpg
マイクロ・バスで香港島の南にあるレパルス・ベイへ。一角に縁起の良い神様が集まった寺院「天后廟」があります。


a0009196_19181776.jpg
カラフルな神様達。香港にある天后廟の中でもここは最大級だとか。


a0009196_19213798.jpg
大きな観音像。


a0009196_19245852.jpg
山羊の神様。


a0009196_20181683.jpg
ツアーに参加した全員の記念写真。いろんなホテルから参加しています。


a0009196_20191794.jpg
今回の同行者と。


a0009196_20211317.jpg
裕福な人達の邸宅がある。中央上のちょっと低い、避雷針が見える邸宅は、ジャッキー・チェンの家だそうです。


a0009196_20242157.jpg
ここのビーチは有名です。映画「慕情「の舞台にもなったとか。


a0009196_20264129.jpg
夏は海水浴場としてにぎわうそうです。


a0009196_213820.jpg
セント・ジョンズ協会を見学して出てくると、特徴のあるビルが。中銀大廈(中国銀行タワー)で、同行発行の100ドル札などの図柄として使われています。


a0009196_21113836.jpg
香港名物、トラム(2階建て路面電車)。


a0009196_2117937.jpg
トラムに体験乗車で、終点まで。


a0009196_21192663.jpg
免税店で時間を過ごしました。今日はクリスマス・イヴ。店内の飾りがムードを高めます。


a0009196_21212113.jpg
昼食に寄った點心料理店。有名店らしく、長蛇の列。ツアーで予約ができていて、列に付くことなく店内に入りました。


a0009196_21245998.jpg
次々に出てきます。どれもおいしく、満腹。


a0009196_21263497.jpg
九龍城地区と香港島を結ぶ海底トンネルの入り口を横目に、アベニュー・オブ・スターズへ。


a0009196_21305265.jpg
香港映画業界で活躍したスター達をたたえるために作られた遊歩道。


a0009196_21364339.jpg
ジャッキー・チェンの手形。


a0009196_2138715.jpg
ブルース・リーの手形はなく、ネーム・プレートのみです。


a0009196_21392252.jpg
ブルース・リーの銅像。


a0009196_21403669.jpg
ツアーとしては解散になって、夜のオプショナル・ツアーを待っていると、近くに香港歴史博物館があることが分かり、入りました。なんと入場無料。にも拘わらず館内にはたくさんのガイドの人達がいました。


a0009196_2143439.jpg
展示物多数。融資以前から近代の日本占領期から香港返還の家庭など盛りだくさんでした。


a0009196_21463642.jpg
オプショナル・ツアーの夜のツアーへ。まず、北京料理のお店へ。


a0009196_21482633.jpg
スープもおいしかったけど、北京ダックを満喫しました。


a0009196_21493997.jpg
夜景を眺めながら、オープン・トップ・バスのナイト・ドライブを待ちます。


a0009196_222122.jpg
オープン・トップ・バスの乗客。


a0009196_21552482.jpg
男人街あたりの人出。


a0009196_2231136.jpg
男人街の屋台の店。この後女人街あたりで自由時間がありましたが、狭い上に年末のアメ横並みの人出で、何も買いませんでした。この後、解散になり、我々はパンダ・ホテルまで送ってもらえました。クリスマス・イヴでアチコチ交通規制が行われており、大渋滞の中を帰ってきました。


[PR]
by chromclass | 2016-12-31 21:37 | | Comments(0)
私は泣いています
本日は半数が欠席。お大事に。

「私は泣いています」を引き続き練習。初心者の方はG#音の扱いに苦労しています。

もう一人はメロディがほぼ出来上がっています。なので、アドリブ譜が書かれている二重奏の方の楽譜を渡して、アドリブ的なフレーズに慣れ親しんでもらうことにしました。譜面の読み方にまだまだ不確実性があるので、「あいうえおリズム攻略法」ではっきりと譜読みする訓練から始めました。まだスイング感にも問題があるので、声を上げて譜読みをしてもらい、気づいた点を都度注意していきました。やっているうちにだんだん足の踏み方が安定してきました。そこでハーモニカを吹いてもらい、乗りが出てきた状態で吹いてもらいました。かなり興味が持てたようで、家で練習するときにも役に立つと思います。

初心者の方はスライド操作がまだうまく使えていないので、G調の音階練習でスライドを押す操作に慣れてもらうようにしましたが、中々ハードルが高いようでした。音出しにも問題があり、腹式呼吸をより心がけてもらい、音質は少し改良してきました。いろいろ試すうちに課題が見えてきたので、より自宅練習に励んでもらいたいと思います。

そうこうしているうちに時間が来てしまいました。今年はこれで仕事納めになります。皆様、良いお年をお迎えください。
[PR]
by chromclass | 2016-12-29 00:11 | 柏教室 | Comments(0)
アントワープ観光(4)
11月13日(日) オプショナル・ツアー アントワープ市内観光

徒歩で市内観光です。
a0009196_11114030.jpg
ルーベンスの家が美術館として公開されています。


a0009196_1117131.jpg
須綱うの撮影は自由です。部屋から部屋へたくさんの絵を鑑賞しました。


a0009196_11231849.jpg
ルーベンスの後妻の肖像。再婚当時、ルーベンスは53歳、妻エレーヌは16歳。


a0009196_1134794.jpg
エレーヌの肖像の反対側にルーベンス53歳の自画像が掲げられています。


a0009196_11382770.jpg
画商の店内。多くの絵が絵の中に描かれています。


a0009196_11404030.jpg
静物の絵。


a0009196_1143689.jpg
印刷機。


a0009196_1144623.jpg
中庭から見る屋根の造。


a0009196_11452445.jpg
聖堂内部の絵。


a0009196_11463059.jpg


a0009196_11492614.jpg


a0009196_1149585.jpg
楽園のアダムとエヴァ。


a0009196_1153479.jpg


a0009196_11533255.jpg


a0009196_11543028.jpg
中庭。


a0009196_1156824.jpg
出口から出てくると、ハーモニカを吹きながらジャグリングしているグループが。


a0009196_1285392.jpg
モード美術館の展示。中には入っていません。


a0009196_12151970.jpg
プランタン・モトゥス博物館へ向かいます。印刷博物館です。


a0009196_12173149.jpg
古い楽譜(ネウマ譜)も出版された。


a0009196_12212274.jpg
ハープシコード。


a0009196_12221175.jpg
印刷機。


a0009196_12225715.jpg
秤。


a0009196_12235839.jpg
中庭。


a0009196_12244031.jpg
活字。デジタル時代、歴史的な存在になってしまいました。


a0009196_12272132.jpg
活字と印刷機が並んでいます。


a0009196_12293133.jpg
絵にも描かれました。


a0009196_12304082.jpg
出版された書物の数々。


a0009196_12323744.jpg
イラストも印刷されます。


a0009196_12332756.jpg
イラスト入り書物。


a0009196_12351178.jpg
植物図鑑。


a0009196_1236746.jpg
ランチではベルギー名物を。


a0009196_12373515.jpg
オムレツ。大きい。食べ残しました。


a0009196_12384823.jpg
こちらが主目的のベルギー・ワッフル。大きい上に生クリームとアイスクリームがどさっと乗っています。ランチは1品で充分です。


a0009196_1243914.jpg
バスで複合博物館MASに着きました。近くにあるビル。このスタイルは既視感があるがどこだったろうか?


a0009196_12523349.jpg
複合博物館MAS.屋上では四方を眺めることができます。


a0009196_12553959.jpg
屋上から眺めるスヘルデ川。


a0009196_12583831.jpg
アントワープが港町であることがうかがえます。


a0009196_130645.jpg
アントワープ市街地。


a0009196_131636.jpg


a0009196_138943.jpg
各階にアントワープの歴史を感じさせる展示物があります。時間をかければいろいろ面白いと思いました。これは侵略を受ける絵でしょうか。迫力がありました。


11月14日(月) 自由行動後空港へ。
a0009196_13152565.jpg
チョコレート店DelReyへ向かう途中、うっかり歩いていると歩行者からそこは自転車専用だよと注意を受けました。直後。自転車が高速で追い抜いていきました。立派なシステムができているなと感心しました。
DelRey、Chocorate Lineと2件を回り、お土産を買いました。


a0009196_13212935.jpg

路上のアコーディオン弾き。ミュゼットの調べが心地よい。


a0009196_13224566.jpg
一緒の写真をお願いすると、嬉しそうにOKしてくれました。
夕刻に専用バスでアントワープからブリュッセル空港へ。帰国の途に着きました。
[PR]
by chromclass | 2016-12-27 13:25 | | Comments(0)
270
M.W.さんの依頼。

9番C音が出ないとのこと。

調べると、リードが折れていました。リードを」交換しました。
[PR]
by chromclass | 2016-12-22 22:30 | 修理、改造 | Comments(0)
、赤い靴
中級

休講。

初級

「赤い靴」の二重奏をパートを交替しながら何度も練習。途中から、苦手の部分の反復練習をしたり、伸ばす音をハンド・ビブラートをかける練習をしたり、最後の伸ばしの音を横隔膜ビブラートをかける練習をしたりしました。その成果を取り入れて最後に二重奏をパートを入れ替えて2回演奏しました。

ここも今年最後のレッスンになりました。来年は「防人の歌」から練習を始めることになりました。

よいお年を。
[PR]
by chromclass | 2016-12-20 18:21 | お茶の水教室 | Comments(0)
この広い野原いっぱい、オクターブ奏法
初めてのハーモニカ

「この広い野原いっぱい」を題材にして、シンコペーションをどう攻略するかを実践していきました。使うは「アイウエオリズム攻略法」。これまでも何度も断片的に出てきていたのですが、しっかり理解しないで自分なりの解釈で進んできたようです。改めて初めから説明しなおして、理解が進むと曲が演奏できるようになりました。継続して実践できるかどうかはまだ定かではありませんが、何度でも反復して理解していけばよいと思います。

曲を演奏しつつ、ハンド・ビブラートをかける練習もしました。ビブラートの振幅回数と足の1泊後との打ち方を同期させる練習をしているうちに、時間が来てしまいました。レッスンは今年最後です。よいお年をお迎えください。

クロマチック・ハーモニカ

新しく買ったSuper 64Xを小さな音で吹いていたところ、正しい音程が出ていないように思えたとのこと。大きな音で吹いてもらうと特に問題はありません。音程の狂いを調べる簡単な方法として、オクターブ奏法で吹いてみるとよいと助言したのですが、オクターブ奏法ができないとのこと。かなりの時間をこの奏法に費やしましたが、まだ音がにごっています。更なる練習を過程でやっていただきたいです。

基礎練習に入り、ハ長調速吹き練習しばらくやりました。必要最低限を心がけていれば3分ほどで終わる練習です。日課として取り組んでほしい練習です。

次にロングトーンで横隔膜ビブラートをかける練習に入りました。足打ちとビブラートをうまく同期させないと曲の中で使えませんから、今回は足打ちとの関係に注意を払いながらの練習です。最後に「母さんの歌」に横隔膜ビブラートをかけて感情を込める練習をしました。きれいな音が出ているのですが、それを自分で自覚できていないようです。吹きながら自分の演奏をモニターする練習がこれからは必要になります。

こちらも最後で、よいお年をお迎えくださいと挨拶して終わりました。

帰りに吉川温泉に入って来ました。
[PR]
by chromclass | 2016-12-20 00:04 | 草加教室 | Comments(0)
ボランティア演奏
a0009196_23411254.jpg
マドリガルで、松戸市大倉病院の依頼でクリスマス会のボランティア演奏をしてきました。15分間の演奏を第1部と第2部の2回実施しました。

演奏曲目

第1部
・オブラディオブラダ
・テネシー・ワルツ
・白銀は招くよ
・きよしこの夜

第2部
・二人でお酒を
・テネシー・ワルツ
・白銀は招くよ
・トロイカ
・ジングルベル


さて私たちの演奏に続いてスタッフの皆さんの歌と踊りが披露されました。
a0009196_23421946.jpg
紅白歌合戦形式で紅組と白組に分かれて、ハチャメチャに面白く、入園者、付き添いの人達に大うけでした。


a0009196_23445437.jpg
夕焼けとんびでトンビに扮したスタッフの動きが秀逸でした 。楽しいクリスマス会になっていました。


私にとって、人前で演奏するのは今年最後でした。また来年の活動に向けて頑張ります。
[PR]
by chromclass | 2016-12-17 23:50 | 演奏会 | Comments(0)
コサックの子守歌
「コサックの子守歌」二重奏の全体合奏をパートを交替しながら2度実施し、以降2人ずつで発表会をしてもらうので練習時間を設けました。パートナーを前回と変えたため、新たなパートナーと助け合いながら練習している様子が大学時代のパート練習を思い出させて感動しました。

残り30分で発表準備ができたか尋ねたところ、全員OKの意思表示。順に4組のデュオに発表してもらいました。それぞれ不安気な部分はありながらも、すべて最後まで吹き通しました。

最後の部分でぐりっサンドで駆け上がる部分があり、そこだけを重点的に練習しているうちに時間切れとなりました。来年は何をするのかという質問が出て、まず「ワシントン広場」でスイングとシンコペーションの感覚を磨き上げていこうと思います。良い年をの掛け声で散開しました。
[PR]
by chromclass | 2016-12-15 21:55 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
私は泣いています
Super 64の音が2箇所出ないという生徒さんのハーモニカ、リードにゴミが挟まったとの予測の元にカバーを外してちょいちょいと操作すると案の定、音が出ました。

引き続き「私は泣いています」の練習をしてもらい、スイング感、アタック感、」音の伸ばし方などに助言して回りました。シンコペーションのスイング感が出てきたかなと感じました。

少し休みを取って3連符の音階練習をひとしきりやってもらいました。これまで8分音符や16分音符の音階に慣れてきたのですが、3連符ではまた勝手が違います。なれることが必要です。

さて、気分を変えてC調の「きよしこの夜」の二重奏の楽譜を配り、各パートを練習して二重奏で音あわせをしました。やさしいので、ハモリを楽しめたかと思います。

今年も後1回のレッスンを残すのみとなりました。次は年末ギリギリです。うまく納めたいものです。
[PR]
by chromclass | 2016-12-14 23:35 | 柏教室 | Comments(0)
CX12
S. K.さんの依頼。

6番F音と3番A#音のバルブにビビ音がします。
全体的に上げ身の調整をお願いします。

とのこと。

280やSuper 64でよく起きるバルブのビビりの問題のようです。バルブ事態に問題はないのですが、リード・プレートをしっかりとボディに装着すると、lリード・プレートが少したわむために、バルブに隙間が空いてしまうのが原因と思われます。最低音用のバルブを切って貼ることで解消することが知られています。試みにやってみると、うまくビビり音が消えました。

構造的な問題で、熱いリード・プレートを使うと問題が解決するのかもしれません。Super 64Xでは起きない問題です。

上ヶ身は、1番D音が少し低く、その他のリードには問題ありませんでした。
[PR]
by chromclass | 2016-12-12 01:36 | 修理、改造 | Comments(0)