タグ:レスポワール ( 34 ) タグの人気記事
長野レッスン
a0009196_0532498.jpg
E−7系車両に初乗車。北陸新幹線開業時の主力列車になる車両を初体験して長野に到着。


レスポワール

「花嫁」の初練習。b2個の調なので、クロマチックはいいのですが、1stを担当する複音は大変そうです。A#調のハーモニカを使った方がよさそうですが、持参していないとのことで今日はCとC#のハーモニカでこなしました。

夜汽車の擬音を入れる演出を試しました。でも、若い人はSLの感覚が分からないとのこと。私は高校までSLで通学していたものでしたが。段々上手になると思います。

バス・ハーモニカの息継ぎについて板書して説明しました。ポップス系の曲ではよく出るパターンなので、慣れておくとよいでしょう。

クロマチック

「私は泣いています」の二重奏の練習をしました。途中でポケット・コードに持ち替えるところがあり、手持ちマイクの時はどうしたらいいのだろうと悩みました。結局オープン・マイクで行くことになるかもしれません。本番前にもう練習日がありません。後は暗譜しておくことが課題です。
[PR]
by chromclass | 2014-09-21 01:16 | | Comments(0)
長野レッスン
春めいた爽やかな改正、周辺の山々は冠雪を抱き、長野への到着を実感させてくれます。

a0009196_2242523.jpg
先日のコンサートの写真が長野県カルチャーセンターの講座案内の広告として使われていました。



レスポワール

「アイネクライネナハトムジーク」が順調な仕上がりを見せています。多少パート間の音量バランスに考慮する必要がありました。半音の使い方で複音とバスがもっと練習する必要があると感じました。

残りの時間で「涙くんさよなら」の練習をしました。バスで弦バスをイメージするよう伝えました。

次回からの練習曲が話題になり、4曲ほどが選ばれました。

クロマチック

「私は泣いています」二重奏の初練習を行いました。11月に予定されているあるコンサートに出ましょうよと話がまとまりました。

お茶の水教室中級で使っている「Piano-Swing」、「Chromatic Pop」、「Kla-4」の3曲の楽譜を渡し、これからの練習に役立てることにしました。音源としてクロマチックの演奏と伴奏が揃っていいるので、練習しやすいのが特徴です。ただ全くポピュラーでない曲なので、人前で演奏できないのが残念なところ。あくまで実力アップのための練習曲と言った位置づけです。
[PR]
by chromclass | 2014-03-29 22:53 | | Comments(0)
長野レッスン
梅雨の晴れ間で過ごしやすい日でした。

レスポワール

「士官候補生」がほぼ完成の域に達し、すでに本番で披露したそうです。途中の和音の響きがとてもきれいでした。複音ハーモニカでF音が少し音程が上がっていたので、修理の実践講習みたいになりましたが、以降とても音が良くなりました。装飾音の取り扱いが改良の余地がありました。

「白い恋人たち」、イントロをさらに自由に演奏してもらうことにしました。複音ハーモニカでオクターブ奏法をする部分で、テンポが遅れるので、さらなる練習が必要です。エンディングの部分でテンポのコントロールに乱れがありましたので正しました。1stのメロディのビブラートがきれいに響いていたのはよかったです。

クロマチック

「霧の摩周湖」の練習に入りました。コードの伴奏も練習しました。コードがメロディをとるところがあり、さほど難しくないので、練習すれば大丈夫でしょう。メロディは崩してあるので店舗をとるのに苦労していますが、お手本のmidi演奏を聞いて練習してください。

パソコンをリセットして以前の環境が失われたというので、共有ファイルを参照する環境を設定してきました。

帰りに軽井沢を過ぎたあたりで雨が降っていましたが、帰り着くと降っておらず、心地よい気温でした。
[PR]
by chromclass | 2013-06-29 22:38 | | Comments(0)
長野レッスン
長野に到着して、行きつけになっているステーキ・ハウスで昼食を済ませました。サラダ・バーとデザートでお腹が苦しいです。

レスポワール

「白い恋人」、バス・メロが繰り返される構成が、速さの関係で無理っぽいのでイントロだけにして、繰り返しのインテンポでは複音ハーモニカにメロディを吹いてもらうことに変えて練習してもらいました。強弱記号について検討課題に挙がったのですが、どうも楽譜の印刷の校正漏れではないかとの結論にしました。それで何回か練習を重ねました。

「士官候補生」、ほぼ出来上がっているとの印象でした。一度本番で演奏したとのことです。TRIOの部分の表現でまた少し一緒に検討しました。

クロマチック・ハーモニカ

取り組んでいる横隔膜ビブラートの継続です。16分音符の速さで揺らせる場合と1拍3連の速さで揺らせる場合の切り分け練習をしました。後者の練習曲として「霧の摩周湖」に取り組んでもらうことにして、楽譜と音源を提供することとしました。
[PR]
by chromclass | 2013-05-25 21:09 | | Comments(0)
長野レッスン
天気のよいゴールデン・ウィーク初日にも関わらず、新幹線自由席は楽に座れました。

食事後のわずかの時間でバッハの「Siciliano」の練習を開始。カラオケ練習をまだ始めていないとのことなので、一緒にメロディを吹きました。息継ぎ、装飾音などについて助言しました。曲自体は気に入ってもらえたので、今後練習に熱が入ると思います。

レスポワール

そうこうしているうちにメンバーが集まってきて、「津軽海峡冬景色」の練習から始めました。休符の扱い、2拍3連符、スイング感に課題が見つかりました。特に2拍3連符についてかなり練習しました。

次に「モナリザの微笑」を練習しました。緩急入り混じった曲なので、しっとりするところ、ノリノリで演奏するところなどを今後切り替えられたらよいと思います。

残りの時間で、そんなに苦労しなくて楽しく演奏できる曲をレパートリーに加えるとよいと思い、「ポーりシュカ・ポーレ」の楽譜を配りました。案の定、すぐに演奏できて、ノリもよいので気に入ってもらえたようです。

クロマチック

「夜が来る」でノリの良い演奏をする練習をしました。次にドとレだけを使ったコール・アンド・リスポンスの練習や、ドとレとミを使った練習、ペンタトニックでのアドリブ練習などをやってみました。楽譜バッチリではなく、臨機応変に崩していけるように、第一歩でした。

さて、帰りに新幹線で眠ってしまって、大宮で降りるところ、上野まで行ってしまい、理科張りに時間を費やしてしまいました。
[PR]
by chromclass | 2012-04-27 23:29 | | Comments(0)
長野レッスン
到着した時は、お日さまが照っている中をチラチラと雪の結晶が落ちてきて中々いい雰囲気でした。大気もひんやりして、「冬」を感じました。

レスポワール

「ハーバーライト」、曲のイメージが湧かなかったのか、暗い感じの演奏。港に帰ってもうすぐ上陸というワクワクした感じに演奏してもらうよう心がけて、明るい演奏になりました。効果音に船の汽笛とカモメの鳴き声を入れてやってもらいました。

「雨にぬれても」、これも曲のイメージを掴んでもらうために、Youtubeの動画を流しました。ちょうど今日から「明日に向かって撃て」の映画が来るらしいので、ぜひ鑑賞してもらいたいです。だけど、あのシーン、雨と関係があったのかな。私はTVで観ただけだけど。イメージが掴めたのか、いい感じで練習できました。



「津軽海峡冬景色」、この曲はバスラインが難しいので手こずるかも知れませんね。メロディラインやオブリは良くなっています。



クロマチック

「タイスの瞑想曲」を練習中です。5連符とか3連符でピアノ伴奏からずれるところを修正してもらいました。カラオケ伴奏は合わせてはくれないので、頑張るしかないですね。まだビブラートが付いていない段階ですので、付け方に付いて再確認しました。
[PR]
by chromclass | 2011-12-17 23:49 | 練習 | Comments(0)
長野レッスン
11/23

レスポワール

「Harbour Light」を練習。当初ピアノ伴奏を想定して1st、2ndの合奏をしていましたが、ちょっとバス、コードを入れてみるうちに、これはハーモニカ・カルテットでもやりましょうということになりました。NHC研究会で取り上げられた曲ですが、ハーモニーもきれいです。途中から振付を入れてみたらどうかと提案し、その練習もしました。息継ぎの記号が入っている直前で音を止めるようにしたところ、フレーズ感が出てきていい感じになりました。コード・ハーモニカの吹き方は、ウクレレで伴奏しているような気分でやると感じが出ると思います。

次に「津軽海峡冬景色」のカルテット練習をしました。石川さゆりさんのお手本を聞くと、結構速い曲なんですね。ちょっとゆっくり目で練習をしました。全体に歌うようにスラーのかかったメロディを吹いてもらうようにしました。石川さゆりさんがハミングでオブリガートを歌う部分は、結構リズムが取りにくそうでした。コードは一番と二番で吹き方を変えて盛り上げていくようにするとよいと思います。

最後に、「雨にぬれても」をカルテットで練習しました。かなりシンコペーションのところがたくさんあり、感じを掴んでいくようにする必要があると思います。

クロマチック・ハーモニカ

「タイスの瞑想曲」を練習中です。今回カラオケにiPad2を持っていったのですが、インターネットにうまく繋がらなくて音が出ませんでした。試みにiPhone 4Sでやってみると、かなりの音量と音質で、十分練習に耐えることが分かりました。iPad2に関してはもう少し研究してみたいと思いました。帰りの電車の中ではうまく繋がりました。どうしてダメだったのか????でした。ハーモニカ振興会の試験があったため、あまり練習ができていないとのこと。終わったのでこれから練習に性を出すとのことで、楽しみです。
[PR]
by chromclass | 2011-11-24 01:05 | 練習 | Comments(0)
長野レッスン
10/15

レスポワール

「津軽海峡冬景色」の初練習。まずい、伴奏MIDIを持ってきていない。1st複音、2ndクロマチックという編成になりました。複音でもジャズっぽい発音が望まれる曲ですね。演歌でもスイングの考えが必要なことを黒板に書いて説明しました。

「ハーバーライト」、こちらは符点表現をスイングしろと指示がある。なのでイントロ部分はスイング感なしで吹くことで合意して練習。

「雨にぬれても」、これも最初からスイング感が必要な曲。というわけで、練習中の3曲ともスイング感が必要になりました。ノリノリ感覚が身に付いてほしい。

クロマチック個人レッスン

「タイスの瞑想曲」をカラオケで練習しました。D調なので滑らかに吹くのが中々難しい曲です。今後も引き続き練習します。
[PR]
by chromclass | 2011-10-16 02:51 | 練習 | Comments(0)
長野レッスン
レスポワール

「雨にぬれても」の練習を開始。スイング感とシンコペーション感が要求される曲。最初は1stと2ndだけの練習。
まずはゆっくり吹いて、足のカウントとの関係を把握しながら曲の感じをつかんでいくうちに、だんだん良くなってきました。アタック感を出す練習もしました。

次いで「ハーバーライト」の練習も開始しました。3回ほど通すうちに、曲の感じがつかめてきました。

クロマチック

フェイク奏法についておさらい。複音ハーモニカの片側奏法でも同じことができることを実践しました。

クロマチック個人指導

「タイスの瞑想曲」を練習することに決定。早速練習に入りました。この曲は#が2個でかなりなめらかに吹くには難しい曲ののです。今後、継続練習することになりました。
[PR]
by chromclass | 2011-09-24 23:06 | 練習 | Comments(0)
長野レッスン
午前 クロマチック

「二人でお酒を」のスイングのノリについて語り合いました。また、コードのリズムの刻み方について練習しました。

午後1 レスポワール

「二人でお酒を」を演奏することにしたとのことだけど、当初Gmのカラオケを使うとしていました。しかし、楽譜的にスイングのノリを読み取れない数字譜でしたので、対策を話し合ううち、最終的にはAmのカラオケを使えば今ある五線譜がそのまま使えるということに落ち着き、お手本や伴奏のmidiを私が用意することにしました。そして、今の五線譜で練習を行いました。
帰宅してから、midiを整備して、送りました。

午後2 クロマチック・グループ・レッスン

「暗い港のブルース」に取り掛かりました。Cadenzaの前奏と後奏があり、ソロ奏者としての実力を養うにはいい曲です。とりあえず最後まで合奏できるところまでは漕ぎ付けました。
[PR]
by chromclass | 2011-07-16 23:43 | 練習 | Comments(0)