タグ:初心者 ( 58 ) タグの人気記事
音の柔らかさ
レッスンの終わりになって、「どうも先生の音は柔らかくって。中々そんな音は出ない。」と感想がもらされました。
さて、音の柔らかさの本質は何なのでしょうか。

まず考えられることは、口の中の空間の広さにあると思います。口の中の空間は吹いていると段々狭くなってくるものですが、そこを頑張って広く保つのがポイント。広い方が音はその中でよく反響してくれます。お風呂場で吹いたり、トンネルで吹いたり、」教会で吹いたりすると驚くほど音が良く反響してくれます。口の中の限られた空間ではありますが、そこを広く保つと、狭い口よりは反響音が出るのだと思います。

もう一つはレガートさにあるかと思います。初心者の人は吹く音と吸う音が中々滑らかな切り替えができません。熟練者は吹く音と吸う音の切り替えが非常に短い時間の中で起きています。では、どのようにしたらこの切り替え時間を短くできるのでしょうか。私は過去、ホームページのお話の格言集の中で

  レガートの上達には速吹き練習

というのを上げています。その説明には

  速吹き練習というと速く吹くための練習ではあるのですが、おかげで横隔膜を動かす筋肉が鍛えられて吹きと吸いの間隔が短くなります。これがスラーがかかったレガートの滑らかな演奏にとても役に立つんです。

と書いています。当初、速吹き練習は速吹きのためとだけ考えていたと思いますが、あるとき、これがレガートに役立っているんだと気が付いた次第です。
[PR]
by chromclass | 2016-07-20 10:54 | 技法 | Comments(0)
必殺鼻つまみの術
今回の合宿でも見られたのですが、ハーモニカの音出しで吹き吸いをハーモニカだけではなく鼻からも吹き吸いしている方がいらっしゃいます。結果として

・音が弱々しい
・音が長続きせず、すぐ肺が一杯になってしまう

という現象になります。

中々本人は気付いていないのですが、納得させるための必殺技がこれ!

「鼻をつまんで吹き吸いしてごらん。」

とたんに音が大きくなり、音を長く伸ばせるようになるので、一発で納得してくれます。

ところが次の質問で参ってしまいます。

「どうやって鼻を止めたらいいのでしょう。」

鼻を止めるなんていう操作はあまりに当たり前のことなので、具体的にこうしなさいというよい助言をまだ見出せないでいます。

「ストローでジュースを飲むとき、ちゃんと鼻を止めているはずですよ。」

と言うのが精一杯です。中には

「あ、わかった!」

といって鼻が留まる人がいるのですが、そんな時はホッとします。よい助言があったらぜひ教えてください。

なお、これは吹きまたは吸いが連続して呼吸が苦しくなったときに鼻からも出し入れする、どちらかと言えば高等テクニックの話とは違います。あくまで音出し段階での苦労話の一つです。
[PR]
by chromclass | 2013-07-11 13:06 | 技法 | Comments(0)
音出し、音色
以前からの方達は、横隔膜ビブラートに熱心に取り組んでいます。その間新しいメンバーの音出しに付き合いました。少し良くなってまた揺り戻しの連続で、「これで良し」という段階に中々ならないのが辛いところ。そうこうするうちに、体験レッスンの方が係りの人に連れられて入ってきました。ハーモニカを触ったこともないけど興味があるとのこと。さっそく触らせてあげました(笑)。でもせっかくいらっしゃったのだしとバッグの中を探したら、以前体験レッスンで使ったSwan1248Gが入っていたので、使ってもらいました。単音はすぐ音が出たので、楽譜もなしに「ふるさと」を口伝えで吹いてもらいました。なんとか吹けるようなので、入門曲集Iの「ふるさと」を見せ、取り組んでもらいました。

その間、横隔膜ビブラートの助言や音出しの助言などで費やしているうちに、時間となってしまいました。体験の方は引き続きハーモニカに触って入会を検討したいとのこと。在庫していたSuper 64を買ってくれました。さらに、次回から通って来られるとのこと。現在少人数なので、大歓迎です。
[PR]
by chromclass | 2013-05-08 23:46 | 柏教室 | Comments(0)
楽譜に慣れる
初めてのハーモニカ

今日初めての方がいたので、楽譜の音の高さの読み方を説明して、やさしい童謡を何曲か声を上げて読むことをやってから、ハーモニカ(バイオリン・スケール)を吹いてもらいました。同様なのでみんな知っている曲ばかりですが、「桃太郎」で勝手な解釈で吹いていることがわかってきました。

それで、楽譜は音の高さだけではなく、音の長さも表してる、拍子の取り方はこうとまたまた基本に戻って説明と実践をしました。超初心者の場合は、これが必要なんですね。いちとにいと~とかあんまり教えたことがないので自分としても教え方の練習が必要かも知れません。

あまり童謡ばかりだとモチベーションが上がらなさそうなので、「遠くに行きたい」の練習を始めました。半音が出てきます。上の段を吹くという説明もしました。さて、ゆっくりしたところで拍子が数えられなくなります。次の講座の開始時間まで、精一杯練習しました。

クロマチック・ハーモニカ

久しぶりに講座が成立しました。なんと入院なさっていたとかで、体にあまり力が入らないとのこと。一人だけの講座になったので、あまりテクニックの高いものに挑戦する必要もないので、ハ長調「ふるさと」の二重奏をのんびりやることにしました。最初、1stを吹いてもらい、私が2ndを吹いてハモリを楽しみました。次に役割交代。休んでいた割にはしっかりと2ndを読んで吹けています。まあ、大分1stとは緊張感が違うらしいです。

ひとしきり病気の話などで時間を費やした後、きれいに吹く練習に入りました。ハンドカバー奏法を、手を動かすだけではなく、耳でビブラートがかかっていることを確認しながら吹く練習です。最初右手を動かしていましたが、クロマチックである以上、右手でボタンを押さなければなりません。たまたまハ長調なので今回はどちらでもいいのですが、左手を動かす必要性を認識してもらってひとしきり吹いてもらいました。いい感じ。次は温室です。口の中の形で深い音、浅い音が出るので、深い音を出すよう説明。実践してもらいました。

ついでに横隔膜ビブラートや喉のタンギングなど、よい音をいかに聴衆に届けるのに気を配っているかなどの話をしました。

時間一杯になったので、おしまい。病後でハーモニカが吹けるかどうかも心配されていたのですが、なんとか音を出せて一安心の様子。よかったです。
[PR]
by chromclass | 2012-05-21 23:36 | 草加教室 | Comments(0)
音出し
新しい方が3名入られたので、音出し練習に終始しました。

口吹きでなく、お腹吹き、これは比較的早く理解できたようです。単音にする方法、図を基にしつこくしつこく指導。舌の位置、森本先生の説明を流用。口の中の形、「叫びちゃん」のイメージで。低音が難しいので一旦中音域で練習。ときどきいい音が出ることがある。それを思いっきり掴まえて、イメージを持ってもらう。あと半時間というところで、3名とも何とか音が出始めました。

音が出始めたら音階練習に入れるんですが、それは次にして、「ふるさと」の練習。5線譜を読まなければいけないことの覚悟、穴の移動を無意識に行う必要性など説明しました。

その間、以前からいる方たちには課題曲の譜面(複数)から、自分で取り組むべき曲を選定してもらう作業をしてもらいました。「北の国から」、「順子」などに関心があるようです。

こんな風に、新旧入り乱れての今期のレッスンがスタートしました。

音が出始めた人達は、我流はやっぱりだめだなあとぼやきながら、でもうれしそうに教室を後にされました。
[PR]
by chromclass | 2012-04-25 23:58 | 柏教室 | Comments(0)
カラオケ、速吹き練習
初めてのハーモニカ

「ふるさと」、「竹田の子守唄」、「七つの子」、「ゆりかごの歌」の4曲をカラオケに合わせて演奏することができるようになりました。この時間の中で4曲というのは、読譜力が付いてきたあかしでもあります。次回はこれまでやっていない曲に取り組みたいと思います。

クロマチック・ハーモニカ

Amの「母さんの歌」の二重奏を何回か合奏してもらったところ、2ndを担当するときに穴を一つ左側にずれたまま演奏している様が見て取れたので、心で思う音と実際に出ている音が違うのに気付いていない状況であると見て取りました。それを解消するには、頭の中で音名を唱えながら吹く音階練習や速吹き練習を反復練習するのがよいと考えています。

C調の速吹きパターンを順に練習していきましたが、16分音符のパターンなのに足の動き、体の動きが8分音符の動きになっているのを是正しながら、また、休符を含んだ繰り返しパターンをそのとおりに吹くことにも気を付けました。参考に、1拍で音が3つ出る三連符の音階練習を紹介して、しばらく練習してもらっているうちに時間となりました。

基礎でつまらないかもしれませんが、基礎がこなせなくてメロディやオブリガートがうまくいくわけはないので、我慢して取り組んでもらった感じです。それを独力で毎日こなすようになると、グーンと上達すること間違いないんですけどね。
[PR]
by chromclass | 2011-11-22 00:16 | 草加教室 | Comments(0)
新学期
4/27

改めて新学期スタートの人なりました。新規に参加された方が見学を含めて5名。新旧混合の難しさをいかに克服すべきか。

今回は以前からの人たちには3連符の音階練習をやってもらう傍ら、新しいメンバーに音出しを指導しました。音出しの問題としては、音が一つにならない、低音が出ないといういつもの減少が出ています。咥え方、腹式呼吸、口腔の形などを指導して一部は解消されましたが、まだまだの方もいらっしゃいます。

新旧メンバーで合奏しようと用意した「上を向いて歩こう」を旧メンバーに配り、自習してもらいながら、新メンバーの音出しの指導を続けていると、旧メンバーが自主的に「上を向いて歩こう」と以前からの課題曲「モスクワの夜」を全員で練習し始めました。すばらしいことですね。おかげで新メンバーの音出し練習を続けることができました。

終了5分前、「上を向いて歩こう」の模範演奏を要請されたので、楽譜通りに始めて、途中からリズムをフェイクしたりして演奏を終えました。ポピュラー音楽は自由なのだという主張ですが、今後は自由に崩すための技法も取り入れていかないといけませんね。
[PR]
by chromclass | 2011-04-28 00:20 | 柏教室 | Comments(0)
体験レッスン
今日はセブンカルチャークラブ綾瀬の体験レッスン日。講座名は「みんなで楽しむハーモニカ」としました。内容的にはポケット・コードやポケット・バスを使って隣の人と楽しく合奏しようという趣旨です。で、メロディを担当するハーモニカとして何を使うか悩むところなのですが、草加教室で使われているバイオリン・スケールを進めたいと思っています。でも、参加者が複音をと希望する場合もあるので、その辺りは柔軟に考えようとしています。

さて、開始して見ると、参加者は3名。3名が講座が成立するミニマムだということですが、時間が合わないなど、3名を確保できるかどうか不透明な状況です。講座曜日をずらすと、2名まで確保できるかもしれません。ということで、未だ開講できるかどうか不透明な状態です。

待ちます。
[PR]
by chromclass | 2011-04-18 23:37 | Comments(0)
進級間近
初級

「二人でお酒を」を練習。独力ではカウントを間違えてしまいますが、だんだん出来上がってきました。さて、これで初級I、II、IIIのテキストを終えたことになります。次からいよいよ中級に入ります。今日は残りの時間でその予備としてD調の音階練習をやりました。

入門

スライド操作がわからないというので、G調の音階練習をしました。その後、「ふるさと」をG調で練習しました。

さらにF調の音階練習に入り、同様に「ふるさと」をF調で練習しました。

まだ混乱する人もいますが、なるほどと納得した人も。初級の入口に辿りつけたかな。
[PR]
by chromclass | 2011-02-22 17:41 | お茶の水教室 | Comments(0)
私は泣いています、エーデルワイス
2/1

初級

スイングがテーマで、本日は「私は泣いています」を練習しました。まだ独力ではシンコペーションなどを読み切れていませんが、一緒に音出しをしているうちにリズムが取れるようになってきました。スイングしたシンコペーションの奇妙な、でも楽しい感覚はわかってきました。

入門

本日は入門・初級編の中から「エーデルワイス」を練習しました。でもまだ音出しが正しくないので、音階練習、速吹き練習をしました。ハーモニカと唇の圧力の関係、ほっぺたに空気を逃がさない吹き方、口ではなくお腹で吹くなどの練習と、それらの意図している上達目標を説明しながらの練習でした。
[PR]
by chromclass | 2011-02-02 01:18 | お茶の水教室 | Comments(0)