Velvet Voice
Y. I.さんの依頼。

E音のリード折れ、F音出ず、A音出ず。スライド・レバーのバネ他全体の調整依頼。

E音はリード交換しました。F音のリードが、多分メンテ中に引っかけたのでしょう、曲がっていました。慎重に曲げを元に戻して調律すると、修復できました。A音は上げ見調整が必要でした。いくつかのリードの部分的な調律が必要でした。

マウスピースの組み立て方が間違っており、パイプが紛失していました。外形2mmのパイプを付けてみたものの、少し外形が足りないようで、スライドの押し込み過ぎの現象が出ました。ハタと思いついて、外形2mmのパイプに自転車のゴムチューブを嵌めてみました。ゴムチューブも2mmですが伸びるのでうまく被せることができました。結果はバッチリ、フィット。この方法は使えると思いました。

マウスピースを正しく組み立て直して終了。
[PR]
by chromclass | 2010-08-11 00:42 | 修理、改造 | Comments(0)
<< Hering Charlie ... Hering 5148 >>